なぜ「小野政次」なのか?

「小野政次」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      柴咲コウ 『エランドール賞』授賞式オフショットに「溜め息が出るほど綺麗」の声

      エランドール賞』の授賞式が2月1日に都内で開催された。新人賞を受賞した高橋一生を祝福するため柴咲コウが登場すると、会場から歓声と拍手が沸いた。Instagram』でその時の衣装姿を公開して反響を呼んでいる。

      今回、出演した作品で新鮮かつ優秀な演技を見せた俳優に贈られる新人賞には高橋一生、門脇麦、竹内涼真、杉咲花、ムロツヨシ、吉岡里帆の6人が選ばれた。お二人が一緒にいるとこ見られてうれしかったです。
      関連キーワード - NHK - Instagram - 高橋一生 - 吉岡里帆 - 竹内涼真 -

      高橋一生の経歴が意外でスゴイ!スーパー戦隊もの、ジブリアニメにも出演

      おバカな2世議員をクールにたしなめる秘書を好演した。演じた小野政次が非業の死を遂げると“政次ロス”を引き起こすほどの、人気を獲得する。“こだわりの強い理屈家”という一風変わった役柄を愛らしく演じ、大きな支持を得た。アニメ、特撮にも出演した少年時代 そんな人気俳優となった高橋のキャリアは長く、意外な作品に出演していた過去を持つ。ジュウレンジャーと戦う敵ボス的な立ち回りで存在感を放っている。

      現在は細身の高橋だが、幼少期らしいまるまるとした体型で生意気な役柄を演じるなど、ファンにはお宝的作品となっている。

      変幻自在の演技力は、こういった多彩な演技経験の賜物だろう。主演から吹替えまで、2018年も出演ラッシュ 今年も長澤まさみと共演するラブサスペンス『嘘を愛する女』(1月20日公開)を皮切りに話題作への出演が立て続く。死んだ父親の秘密に直面していく息子を演じる齊藤工初監督作『blank13』(2月3日公開)や、大手自動車メーカーの“リコール隠し”に関わる銀行員役で出演する『空飛ぶタイヤ』(6月15日公開)など、その勢いは止まりそうにない。映画での声の演技は先述の『耳をすませば』以来となる。 どんな作品、どんな役柄でも、唯一無二の存在感を発揮する高橋一生。ジャンルレスに活躍する彼の過去作から新作まで、すべてを網羅してみても損はないはずだ。


      関連キーワード - NHK - Instagram - 高橋一生 - 吉岡里帆 - 竹内涼真 - アニメ - NHK - NHK紅白歌合戦 - 高橋一生 - わろてんか - NHK連続テレビ小説 - 池井戸潤 -

      【芸能コラム】発表「おんな城主 直虎」PVベストテン 小野政次(高橋一生)関連の記事が人気に。

      当サイトでは1年にわたってインタビューやコラムで作品をフォローしてきたが、その総決算として、各記事のPVベストテンを集計してみた。これを参考に、この1年を振り返っていただければ幸いである。最終回を前に脚本家の森下佳子氏が全50回を振り返り、今だから明かせるエピソードを披露した。第33回で小野政次を死に追いやった近藤康用を演じた橋本じゅん。その後、近藤に対する見方が大きく変わったこともあり、改めて読むとまた違った感慨が湧いてくる。徳川家に仕えた頃から登場した本多正信役の六角精児。そのひょうひょうとしたたたずまいが印象的だった。井伊家当主の座に就いた直虎を支えた中野直之役の矢本悠馬。男気あふれる芝居で数々の名場面を生み、大きな注目を集めた。序盤から、井伊家にさまざまな情報をもたらす山伏として登場した松下常慶役の和田正人。終盤、兄の存在が明らかになるなど、長期にわたる撮影ならではの面白さを語ってくれた。本作で最も注目を集めた登場人物が、“裏切り者”と呼ばれ、孤立しながらも必死に井伊家を守ろうとした小野政次。話題になった第33回を終えた後、本作を振り返った。終盤、井伊家再興を目指して徳川家に仕えた万千代役の菅田将暉。撮影に入ったばかりの頃の初々しい心境や作品の印象を聞いた。オーディションで抜てきされた大河ドラマ初出演の感想などを聞いた。人気お笑い芸人の光浦靖子が演じたのは、井伊家の血縁に当たる新野三姉妹の長女あやめ。初出演となった大河ドラマの印象などを語ってくれた。小野政次の最期を描いた第33回を見る上でのベストエピソード5話を、筆者独自にセレクト。井伊家をつぶした直虎と、今川家を滅亡させた氏真。家を失いながらも乱世を生き抜いた2人に注目した。大河ドラマの宿命として、毎回の視聴率がニュースになったが、そこに表れないファンの熱量をすくい取ろうとした。中野直之と奥山六左衛門を例に、本作における脚本と俳優の魅力に迫った。武士とは異なる立場で戦国を生き抜く女性たちに注目した。序盤、筆者はこのエピソードで、一気に政次という人物に引き込まれた。10月11日に浜松市内で迎えたクランクアップの現場を取材した。城主になった直虎が領地運営に悪戦苦闘する姿は、戦国時代を舞台にしたドラマとしては新鮮だった。終盤を迎えた11月、長期の撮影の中、役者が変化していくことで生まれる面白さに注目してみた。政次を中心にジワジワと人気を集めていった本作の傾向がうかがえるのではないだろうか。なお、ベストテンには入っていないが、以下に紹介する脚本家の森下氏と、制作統括を務めた岡本幸江氏のインタビューも未読の方にはお薦めしておきたい。作品に込められた作り手の思いを、より深く知ることができるはずだ。

      引き続きインタビューやコラムでフォローしていきます。
      関連キーワード - NHK - Instagram - 高橋一生 - 吉岡里帆 - 竹内涼真 - アニメ - NHK - NHK紅白歌合戦 - 高橋一生 - わろてんか - NHK連続テレビ小説 - 池井戸潤 - 視聴率 - 高橋一生 -

      “高橋一生の最期”に有働アナ泣く

      VTRで出演した高橋は、柴咲について、大人の女性だが一方でお茶目な部分があり、そのことで役柄以外の緊張感が砕けて助けられた、いい意味でリラックスできたとコメント。また、大きな話題を集めた最期のシーンでは「今までの構築がなければ成立しないシーン。語り、ありとあらゆる感情が凝縮された魂と魂のお芝居ができたと述懐。隣で聞いていた有働由美子アナも泣きだし、V6井ノ原快彦からハンカチを借りてしまう。政次を見送らなければならなかった直虎の感覚、感情、秘めた想いが込められていると、創作の強いきっかけになったと話した。
      関連キーワード - NHK - Instagram - 高橋一生 - 吉岡里帆 - 竹内涼真 - アニメ - NHK - NHK紅白歌合戦 - 高橋一生 - わろてんか - NHK連続テレビ小説 - 池井戸潤 - 視聴率 - 高橋一生 - NHK - 高橋一生 - 2017検索ワードランキング - dメニュー - フジテレビ - TBS - NHK - ブルゾンちえみ - 安室奈美恵 - 指原莉乃 - NHK紅白歌合戦 - HKT48 - 高橋一生 - 星野源 - 竹内涼真 - - 民衆の敵 - 中居正広 - わろてんか - コウノドリ - 櫻井翔 - 木村拓哉 - 松居一代 - 市川海老蔵 - 辻希美 - 松本潤 - 浜崎あゆみ - しゃべくり007 - 小林麻央 - 過保護のカホコ - NHK - 高橋一生 - NHK - 高橋一生 - NHK - 高橋一生 - NHK - 高橋一生 - わろてんか - 葵わかな - あさイチ - NHK - 高橋一生 - あさイチ -

考察。「小野政次」とは何か?

「小野政次」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

小野政次に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE5\xB0\x8F\xE9\x87\x8E\xE6\x94\xBF\xE6\xAC\xA1') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143