なぜ「家運隆盛」なのか?

「家運隆盛」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      関連キーワード

      蓑をかぶって「カッカッカー♪」 山形の奇習「加勢鳥」を追いかけてきた

      21世紀になってからずいぶん経つが、日本各地には今も昔から伝わる不思議なお祭がたくさん受け継がれている。

      蓑をかぶって市内を練り歩き、五穀豊穣と商売繁盛を祈る行事だ。

      毎年2月11日に開催されるというので、張り切って出かけてきた。チラチラと雪も降り始める中、スタート地点となる上山城へと向かった。 さらしを巻いただけの状態から蓑をかぶる 祈願式の始まる10時頃には、自分がどんどん雪だるまになっていくレベルの雪に。 神主さんによる祝詞があげられるころには、雪は小降りに。音響も全て神主さんがご自分で担当されていたのがなんだか印象的だった。 そして、今年の加勢鳥たちが登場! 加勢鳥になる人は、上山市観光物産協会が毎年一般から募集する。 県内外だけでなく、海外から参加している方もいた。両手をぴんと伸ばし、片足で歌い踊る姿はなんだかかわいい。 この後、加勢鳥たちは2班に別れて市内を練り歩き、お店の前などで踊りを披露していく。 こうして加勢鳥達は午後3時すぎまで町内を練り歩く。 距離があるところは車での移動となり、軽トラの後ろにケンダイが積み込まれる様子はなんだかかわいい。日しか食べられない限定グルメも この日限りの加勢鳥限定グルメもある。駅前にテントを出して振るまわれていたのはフランクカセ鳥と加勢鳥鍋だ。

      表面を細かく切って、加勢鳥のケンダイに見立てている。

      最後は疲労困ぱいの加勢鳥たち 車無しでは追いかけられない距離だったので、午後の予定場所のひとつ消防署へ向かう事にした。 視界の悪さとなれない土地にてこずってしまった 加勢鳥の関係者の方に次の目的地を伺うと、「歩くと30分はかかるしこの吹雪では歩いては無理だよ。 というわけで、タクシーを呼んで最終地点へ移動。 ここまでくると、この吹雪の中で1日中、水をかけられた加勢鳥たちは疲労困ぱい。終了の神事などはないのかと伺ってみたが、そういうものは特にないという。 この後は加勢鳥たちは温かい食べ物やお酒でねぎらわれるのだという。 気になったのは、加勢鳥が舞を始めると毎回吹雪が収まったところ。

      異界からやって来て福をもたらすマレビト集団・「七福神」の正体とは?

      新春初売りセールや福袋のイラストや飾りにも使われますね。


      称する寺社めぐりツアーも設置されており、未だに厚い信仰を集めています。

      浮世絵にも宝船に乗った七福神が描かれ、正月の七福神詣でも庶民の間で盛んになりました。

      当初入れ替わりがかなりあった七福神の顔ぶれも、享和年間(1801~1804)ごろには定着したといわれます。 その顔ぶれとは、恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁財天、布袋尊、福禄寿、寿老人。 恵比寿はビールのラベルでもおなじみ、釣竿と鯛を抱えたふくよかな神様で、商売繁盛、大漁豊作、航海安全。意味し、根こそぎ利益をむさぼるようなあこぎな商売を戒める意味があるといわれます。 大黒天は恵比寿とセットで商売繁盛の神としてあがめられる、ヒンドゥー教の大黒天に日本の大国主命が習合した神様。 毘沙門天は甲冑を着て矛と宝塔を携えた武将の姿をした神様。北方の守護者で、財運、勝負運、大願成就のご利益があります。 弁財天(もともとは弁才天)は唯一の女神で、毘沙門天の妻もしくは愛人ともいわれます。天女のような羽衣をまといヴィーナと呼ばれる琵琶を奏する姿で描かれます。ご利益は諸病平癒、富貴繁栄、子孫繁栄、健康長寿。日本には密教の伝来とともに伝わり、先述したように大国主命と習合しました。

      大国主命は、八十神の末弟として生まれ、兄たちの謀略により二度も殺され、黄泉の国の主である素戔男尊に打ち勝って黄泉の宝物を手に入れた、冥界を克服して王になった神。それほど大黒天とは、恐ろしい神の代名詞として知られていました。

      弟のラーヴァナの奸計にはまり、宮殿を追い出されてヒマラヤのカイラス山に隠遁した、敗残の軍神です。ヒンドゥー教の創造の神ブラフマーの妻で、腕が八本ある八臂像が本来の姿。各地に蛇身弁天の像が見られますし、天女の姿で描かれるときにも、王冠の額部分に宇賀神の姿が描かれます。 福禄寿と寿老人は、同じカノープスの化身であり泰山府君。ここで泰山府君は人間の行いに賞罰を与え、寿命と死後の行き先を決定する裁判官の役目を担っているとされていました。

      その怒りを買えば、人は地獄にまっさかさまと言うわけです。死期を迎えた誰かの身代わりに、別の人間の命を差し替えるという術で、晴明は実際にこの術で命を差し替えた、という伝説があります。 布袋尊は、先述したとおり契此の別名ですが、その化身である弥勒菩薩は、兜率天(菩薩が修行を積む世界)で釈迦とともに修行に励んでいたが、実は釈迦より先に涅槃を得て仏身となる立場だったのだが釈迦に先を越され、大いに荒れたため仏たちにより幽閉されてしまいます。

      五十六億七千万年なんて、人間ならば刑期300年といわれるようなもの。読み、古事記では伊弊諾尊(いざなきのみこと)、伊弊舟尊(いざなみのみこと)が国生みの際、手順をたがえたために生れてきてしまった子供の名です。(古事記) また別伝説では恵比寿は大国主命の息子、国譲りのときに海に身を投げて亡くなったという悲劇の御子である事代主とも言われます。 七福神が現在のメンバーに固まるまで、いくつか別の神との入れ替えがありました。

      めぐりが取り入れられています)いたのは、七という数字の持つ呪術性にあります。そして天帝=天皇を守る守護星としての妙見=北斗七星。呪いの言葉にも使われるのは、七はあだなす敵を呪い、凶事を封じ、怨霊を鎮める呪力があるとされていたからです。そして唯一の日本の神もまた、この世からあの世へ呪われて送られた神。言いながらその実悪魔や邪神を寄り集めて庶民に押し付けた詐欺なのか!というとそういうことではありません。
      こやかな顔の下の悲しい運命をそれぞれに持つ七福神を知った後のほうが、親しみや愛着が湧くのでは。

      【縁起物】「谷中七福神巡り」パーフェクトガイド / 江戸最古の七福神巡りに出かけよう!

      行けば気分爽快、招福万来、超絶ご利益待ったなしである。さあ、寝正月とはサヨナラして、七福神巡りに出かけてみよう。ここ数年、毎年のように都内の七福神巡りをしている記者だが、おそらく谷中七福神巡りが最も人気のある七福神巡りである。七福神巡りは基本どこからスタートしてもOKだが、谷中に関しては東覚寺だけポツンと外れたところにある。 2番目は東覚寺から徒歩15分ほどのところにある青雲寺。こちらには驚くほど巨大な布袋尊像があるから、手を合わせるだけでご利益を感じるに違いない。あるので、そちらで腹ごしらえをしてもいいだろう。逆に谷中銀座以外にはお食事処があまりないので、時間帯によってはここで済ませた方が無難だ。

      こちらには平安時代に作られたという由緒正しい毘沙門天像があるから、ぜひ拝んでおきたい。ちょっとだけ遠回りだが、最短ルートは普通の道路なのであまり面白くないからだ。

      こちらは非常に混んでいるので、参拝まで少々の待ち時間は覚悟した方がいいだろう。弁天堂で手を合わせたら、無事に谷中七福神巡りも終了。 所要時間は、参拝に並ぶ時間やご朱印をもらう待ち時間によって異なるが、早くて3時間、タラタラ歩いて5時間といったところだろう。 谷中七福神巡りは毎年1月10日までが七福神様たちの御開帳期間なので、ぜひその間での参拝をオススメしたい。ちろん、谷中以外の七福神巡りも縁起物なので、機会があればぜひ足を運んでみよう。

考察。「家運隆盛」とは何か?

「家運隆盛」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

  • izayukamさん: @vividviolet3513 家宝は寝て待て・・あ違う????家宝として大切になさって御家運ますます隆盛に!まずお母様にお見せになる、というとこにとても心が温まります(*´▽`*) - 1 ヶ月 5 日と 10 時間 14 分 16 秒前
  • supreme_supremeさん: RT @kyotocitykoho: 【今月の功徳日は14日】「洛陽六阿弥陀巡拝(らくようろくあみだめぐり)」をご存知でしょうか?京都市内の阿弥陀如来像が祀られている6ヶ寺の霊場を巡るものです。3年3ヶ月続ければ,無病息災・家運隆盛・祈願成就!夏場に巡る方は,暑さ対策もお忘… - 1 ヶ月 5 日と 18 時間 44 分 31 秒前

話題のトピック

ブログで注目


    Googleでホットな話題