なぜ「地震だったね」なのか?

「地震だったね」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      抜き打ち避難訓練に蛍光シール! ママがやっておくべき、子どもを救う防災準備5選

      何もないときだからこそ、意識を強くする必要があります。上から看板が落ちてきそうな場所や、崩れやすそうな壁など、登下校中に災害にあった場合を想定し、こういう場所には普段から近づかないように話します。自分がそばで守ることができない分、通学路などのチェックはこまめに行いましょう。 ■停電になっても大丈夫!暗闇でも歩ける、モノが探せる蛍光シール 「家の中や防災グッズに蛍光シールを貼っています。

      東日本大震災の計画停電のときに、これが便利だとママ友から教わりました。

      電気がつかなくてもモノがある場所や、玄関までのルートもわかります。 蓄光するタイプの蛍光シールは、電池などが不要なので、いざというときにも心強い存在です。大阪南部に住んでいましたが、今まで経験したことがないくらい大きな揺れで、しかも早朝だったからパニックになってしまいました。

      本当にこわくて、何もできなかったことを思い出します。 また同じような災害が起きたときに冷静に行動できるかはわかりませんが、あのときはモノが散らばってしまい、部屋から出るのもひと苦労でした。自宅からだけでなく、学校から、駅からなど、複数のルートを確認します。 避難所として指定されている場所は、災害が起きても比較的安全な場所ではあります。

      しかし、100%安全で被災しないという保証はありません。
      これを夫にも試したところ、大人でもすぐには行動できず、ちょっと情けなかったです。これをきっかけに防災について夫婦で話し合うことができました。

      しかしこのように、自宅でもできることはたくさんあります。年末年始で忙しくなる前に、家庭でもできる避難訓練に挑戦してみましょう。
      関連キーワード - ママ友 -

      福島原発事故で、国と東電の責任を認める判決! あらためて言う、福島原発事故の主犯は安倍晋三だ

      して、国と東京電力の責任を認め約4億9000万円余の賠償を命じた。福島地裁の金澤秀樹裁判長は、福島原発を襲った津波について、こう指摘している。

      福島原発の事故は津波によって全電源が喪失し、原子炉の冷却機能が失われたことが原因で、政府や電力会社はこうした事態を専門家さえ予測できない想定外のことだったとこれまでくり返し弁明してきた。しかしこの指摘は、そうした国の弁明を完全にくつがえすものだからだ。

      そしてこの判決を報じるメディアがまったくといっていいほど、触れていない重大な事実がある。それはこの判決にあるような、地震の評価や津波の予測、シミュレーションなどを無視した張本人こそ、当時総理大臣の立場にあった安倍晋三にほかならないことだ。

      なりたてることで、自らの重大責任を隠匿するという卑劣な態度を押し通してきた。 本サイトは、今回の判決でも明言された"津波の予測"と"国の不作為"の根源こそ安倍晋三であること、つまり原発事故の"戦犯"が安倍首相だという事実を繰り返し指摘してきた。以下に再録するので、あらためてご一読いただきたい。地震対策を拒否していた 故郷に帰れない多くの被災者を生み出し、放射性物質を広範囲にまき散らし、作物を汚染し、今も国土や海を汚し続けている福島原発事故。 だが、この国家による犯罪ともいえる重大な事故をめぐって、ほとんど語られてこなかった事実がある。それは、現内閣総理大臣である安倍晋三の罪についてだ。

      こういうと、安倍支持者はおそらく原発事故が起きたときの首相は民主党の菅直人じゃないか、サヨクが安倍さん憎しで何をいっているのか、というだろう。そうでない人も、原発を推進してきたのは自民党だが、歴代の政権すべてがかかわっていることであり、安倍首相ひとりの問題じゃない、と考えるかもしれない。 だが、福島原発の事故に関して安倍首相はきわめて直接的な責任を負っている。

      周知のように、福島原発の事故は津波によって全電源が喪失し、原子炉の冷却機能が失われたことが原因で、政府や電力会社はこうした事態を専門家さえ予測できない想定外のことだったと弁明してきた。

      しかし、実際にはそうではなく、原発事故の5年前に、国会質問でその可能性が指摘されていたのだ。

      京都大学工学部原子核工学科出身の吉井議員は以前から原発問題に取り組んでいたが、2006年から日本の原発が地震や津波で冷却機能を失う可能性があることを再三にわたって追及していた。3月には、津波で冷却水を取水できなくなる可能性を国会で質問。4月には福島第一原発を視察して、老朽化している施設の危険性を訴えていた。して、電源喪失によって原子炉が冷却できなくなる危険性があることを指摘した。名で答弁書が出されているのだが、これがひどいシロモノなのだ。

      質問に何一つまともに答えず、平気でデタラメを強弁する。だけでなく、停止した原発の機器冷却系を作動させるための外部電源が得られなくなるのではないか。 「外部電源から電力の供給を受けられなくなった場合でも、非常用所内電源からの電力により、停止した原子炉の冷却が可能である。事故で原子炉が停止するなど、バックアップ機能が働かない原発事故があったのではないか。

      しかし、これについても、安倍首相は「我が国において、非常用ディーゼル発電機のトラブルにより原子炉が停止した事例はなく、また、必要な電源が確保できずに冷却機能が失われた事例はない。 これに対して、吉井議員はスウェーデンのフォルスマルク原発で、4系列あったバックアップ電源のうち2系列が事故にあって機能しなくなった事実を指摘。「日本の原発の約六割はバックアップ電源が二系列ではないのか。仮に、フォルクスマルク原発1号事故と同じように、二系列で事故が発生すると、機器冷却系の電源が全く取れなくなるのではないか。 すると、安倍首相はこの質問に対して、こう言い切ったのである。 「我が国の原子炉施設は、フォルスマルク発電所一号炉とは異なる設計となっていることなどから、同発電所一号炉の事案と同様の事態が発生するとは考えられない。 吉井議員が問題にしているのはバックアップ電源の数のことであり、原子炉の設計とは関係ない。実際、福島原発はバックアップ電源が全部ダメになって、あの深刻な事故が起きた。経済産業省が審査し、その審査の妥当性について原子力安全委員会が確認しているものであり、御指摘のような事態が生じないように安全の確保に万全を期しているところである。 重ね重ね言うが、福島原発が世界を震撼させるような重大な事故を起こした最大の原因は、バックアップ電源の喪失である。し、このときに安倍首相がバックアップ電源の検証をして、海外並みに4系列などに増やす対策を講じていたら、福島原発事故は起きなかったかもしれないのだ。

      だが、安倍首相はそれを拒否し、事故を未然に防ぐ最大のチャンスを無視した。これは明らかに不作為の違法行為であり、本来なら、刑事責任さえ問われかねない犯罪行為だ。

      ところが、安倍首相はこんな重大な罪を犯しながら、反省する素振りも謝罪する様子もない。それどころか、原発事故の直後から、海水注入中止命令などのデマをでっちあげて菅直人首相を攻撃。 その厚顔ぶりに唖然とさせられるが、それにしても、なぜ安倍首相はこれまでこの無責任デタラメ答弁の問題を追及されないまま、責任を取らずに逃げおおせてきたのか。 この背景には、いつものメディアへの恫喝があった。質問主意書に対して安倍首相が提出した答弁書のデタラメな内容を紹介。 ところが、これに対して、安倍は大好きなFacebookで、こう反撃したのだ。

      吉井議員は質問主意書の中で、バックアップ電源4系列中2系列が機能しなくなったスウェーデンの原発事故を引き合いに出しながら、日本の多くの原発が2系列しかないことを危惧。2系列だと両方とも電源喪失して原子炉を冷却できなくなり、大事故につながる可能性があると指摘した。 もし、質問主意書が地震でなく津波と書いていたら、安倍首相は、バックアップ電源の検証を行って、2系列を海外並みの4系列にするよう指導していたのか。 だが、こうした卑劣な責任逃れを行っているのは安倍首相だけではない。前述した安倍首相のFacebookの投稿はこう続けられている。

      同番組は原発事故の責任を検証する企画で、第一次安倍内閣でも経産相をつとめ、原子力行政に深くかかわっていた甘利をインタビューし、その際にやはり吉井議員の質問主意書に対する安倍首相の答弁書の問題を追及した。すると、突然、甘利が席を立って、別室に姿を消した。そして、記者にテープを消し、インタビューを流さないように要求したのである。 これに対して、放映後、甘利事務所がテレビ東京に抗議してきたのだ。

      しかも、テレビ東京が完全謝罪を拒否したところ、甘利は東京地裁にテレビ東京と記者3名を名誉毀損で訴えたのである。 ちなみにこの法廷では、テレビ東京の記者の意見陳述で、甘利元経産相のとんでもない本音が暴露されている。

      甘利元経産相は別室に呼び出した記者に、「これは私を陥れるための取材だ。

      何度も恫喝し、それを拒否されると、逆ギレしてこう叫んだのだという。 「何度も言うが、原子力安全委員会が安全基準を決める。彼らが決めた基準を経済産業省は事業者に伝えるだけ。大臣なんて細かいことなんて分かるはずないし、そんな権限がないことくらい分かってるだろう。 そういう意味で、甘利の抗議と訴訟は明らかなイチャモンであり、スラップ訴訟としか思えないものだった。そもそも、甘利や安倍は吉井の質問主意書に津波のことが書いていないというようなことをいっているが、実際は、津波によって冷却機能喪失の危険性を指摘する記述がある。 だが、弱腰のテレビ東京は、訴訟を起こされる前になんとかなだめようと、地震を津波と間違えた部分だけを訂正してしまった。 しかも、テレ東は現場の意向を無視して控訴を断念。しかも、テレ東がお詫びを出したという結果をちらつかせることで、他のマスコミを封じ込めようとした。 そして、翌年、第二次安倍内閣が発足すると、安倍首相はこれとまったく同じ手口で、自分に批判的なマスコミを片っ端からツブシにかかった。さらに、読売、産経を使って、菅直人元首相や民主党政権の対応のまずさを次々に報道させ、完全に原発事故は菅政権のせいという世論をつくりだしてしまった。 こうした安倍首相とその仲間たちの謀略体質には恐怖さえ覚えるが、もっと恐ろしいのは、彼らが政権をとって、再び原発政策を決める地位にあることだ。

      不作為の違法行為によってあの苛烈な事故を引き起こしながら、その責任を一切感じることなく、デマを流して他党に責任を押しつける総理大臣と、我が身可愛さに「もう日本は終わりだ。

      この無責任のきわみともいえる2人がいる内閣が今、原発再稼働を推し進めようとしているのだ。

      このままいけば、"フクシマ"は確実に繰り返されることになる。
      関連キーワード - ママ友 -

      忘れるな!福島原発事故の主犯は安倍晋三だ! 第一次政権時に地震対策拒否、事故後もメディア恫喝で隠蔽...

      原発の恐ろしさは忘れ去られ、いまも被災地が抱えている過酷な現実がどんどんなかったことにされようとしている。

      3月11日の今日、この問題をもう一度、見つめ直してほしいと思わざるを得ないが、原発事故をめぐっては、もうひとつ、日本国民が絶対忘れてはいけない重大なことがある。それは、そもそもこの原発事故の"戦犯"は、安倍晋三であるということだ。

      なりたてることで、自らの重大責任を隠匿してきたのだ。

      その結果、ほとんどの国民は、そもそも原発事故に安倍首相が関わっていること自体、知らない状態におかれてきた。 ならば、本サイトはこれから安倍首相がその責任をとらないかぎり、その事実をずっと言い続けていかなければなるまい。この安倍氏のフクシマにおける大罪、そして、その責任逃れのために行ってきた数々のメディア圧力を明かした記事を配信した。私たちがいかに真実から遠ざけられ、騙されているかをぜひ知ってほしい。 ******************** 故郷に帰れない多くの被災者を生み出し、放射性物質を広範囲にまき散らし、作物を汚染し、今も国土や海を汚し続けている福島原発事故。 だが、この国家による犯罪ともいえる重大な事故をめぐって、ほとんど語られてこなかった事実がある。それは、現内閣総理大臣である安倍晋三の罪についてだ。

      こういうと、安倍支持者はおそらく原発事故が起きたときの首相は民主党の菅直人じゃないか、サヨクが安倍さん憎しで何をいっているのか、というだろう。そうでない人も、原発を推進してきたのは自民党だが、歴代の政権すべてがかかわっていることであり、安倍首相ひとりの問題じゃない、と考えるかもしれない。 だが、福島原発の事故に関して安倍首相はきわめて直接的な責任を負っている。

      周知のように、福島原発の事故は津波によって全電源が喪失し、原子炉の冷却機能が失われたことが原因で、政府や電力会社はこうした事態を専門家さえ予測できない想定外のことだったと弁明してきた。

      しかし、実際にはそうではなく、原発事故の5年前に、国会質問でその可能性が指摘されていたのだ。

      京都大学工学部原子核工学科出身の吉井議員は以前から原発問題に取り組んでいたが、2006年から日本の原発が地震や津波で冷却機能を失う可能性があることを再三にわたって追及していた。3月には、津波で冷却水を取水できなくなる可能性を国会で質問。4月には福島第一原発を視察して、老朽化している施設の危険性を訴えていた。して、電源喪失によって原子炉が冷却できなくなる危険性があることを指摘した。名で答弁書が出されているのだが、これがひどいシロモノなのだ。

      質問に何一つまともに答えず、平気でデタラメを強弁する。だけでなく、停止した原発の機器冷却系を作動させるための外部電源が得られなくなるのではないか。 「外部電源から電力の供給を受けられなくなった場合でも、非常用所内電源からの電力により、停止した原子炉の冷却が可能である。事故で原子炉が停止するなど、バックアップ機能が働かない原発事故があったのではないか。

      しかし、これについても、安倍首相は「我が国において、非常用ディーゼル発電機のトラブルにより原子炉が停止した事例はなく、また、必要な電源が確保できずに冷却機能が失われた事例はない。 これに対して、吉井議員はスウェーデンのフォルスマルク原発で、4系列あったバックアップ電源のうち2系列が事故にあって機能しなくなった事実を指摘。「日本の原発の約六割はバックアップ電源が二系列ではないのか。仮に、フォルクスマルク原発1号事故と同じように、二系列で事故が発生すると、機器冷却系の電源が全く取れなくなるのではないか。 すると、安倍首相はこの質問に対して、こう言い切ったのである。 「我が国の原子炉施設は、フォルスマルク発電所一号炉とは異なる設計となっていることなどから、同発電所一号炉の事案と同様の事態が発生するとは考えられない。 吉井議員が問題にしているのはバックアップ電源の数のことであり、原子炉の設計とは関係ない。実際、福島原発はバックアップ電源が全部ダメになって、あの深刻な事故が起きた。経済産業省が審査し、その審査の妥当性について原子力安全委員会が確認しているものであり、御指摘のような事態が生じないように安全の確保に万全を期しているところである。 重ね重ね言うが、福島原発が世界を震撼させるような重大な事故を起こした最大の原因は、バックアップ電源の喪失である。し、このときに安倍首相がバックアップ電源の検証をして、海外並みに4系列などに増やす対策を講じていたら、福島原発事故は起きなかったかもしれないのだ。

      だが、安倍首相はそれを拒否し、事故を未然に防ぐ最大のチャンスを無視した。これは明らかに不作為の違法行為であり、本来なら、刑事責任さえ問われかねない犯罪行為だ。

      ところが、安倍首相はこんな重大な罪を犯しながら、反省する素振りも謝罪する様子もない。それどころか、原発事故の直後から、海水注入中止命令などのデマをでっちあげて菅直人首相を攻撃。 その厚顔ぶりに唖然とさせられるが、それにしても、なぜ安倍首相はこれまでこの無責任デタラメ答弁の問題を追及されないまま、責任を取らずに逃げおおせてきたのか。 この背景には、いつものメディアへの恫喝があった。質問主意書に対して安倍首相が提出した答弁書のデタラメな内容を紹介。 ところが、これに対して、安倍は大好きなFacebookで、こう反撃したのだ。

      吉井議員は質問主意書の中で、バックアップ電源4系列中2系列が機能しなくなったスウェーデンの原発事故を引き合いに出しながら、日本の多くの原発が2系列しかないことを危惧。2系列だと両方とも電源喪失して原子炉を冷却できなくなり、大事故につながる可能性があると指摘した。 もし、質問主意書が地震でなく津波と書いていたら、安倍首相は、バックアップ電源の検証を行って、2系列を海外並みの4系列にするよう指導していたのか。 だが、こうした卑劣な責任逃れを行っているのは安倍首相だけではない。前述した安倍首相のFacebookの投稿はこう続けられている。

      同番組は原発事故の責任を検証する企画で、第一次安倍内閣でも経産相をつとめ、原子力行政に深くかかわっていた甘利をインタビューし、その際にやはり吉井議員の質問主意書に対する安倍首相の答弁書の問題を追及した。すると、突然、甘利が席を立って、別室に姿を消した。そして、記者にテープを消し、インタビューを流さないように要求したのである。 これに対して、放映後、甘利事務所がテレビ東京に抗議してきたのだ。

      しかも、テレビ東京が完全謝罪を拒否したところ、甘利は東京地裁にテレビ東京と記者3名を名誉毀損で訴えたのである。 ちなみにこの法廷では、テレビ東京の記者の意見陳述で、甘利元経産相のとんでもない本音が暴露されている。

      甘利元経産相は別室に呼び出した記者に、「これは私を陥れるための取材だ。

      何度も恫喝し、それを拒否されると、逆ギレしてこう叫んだのだという。 「何度も言うが、原子力安全委員会が安全基準を決める。彼らが決めた基準を経済産業省は事業者に伝えるだけ。大臣なんて細かいことなんて分かるはずないし、そんな権限がないことくらい分かってるだろう。 そういう意味で、甘利の抗議と訴訟は明らかなイチャモンであり、スラップ訴訟としか思えないものだった。そもそも、甘利や安倍は吉井の質問主意書に津波のことが書いていないというようなことをいっているが、実際は、津波によって冷却機能喪失の危険性を指摘する記述がある。 だが、弱腰のテレビ東京は、訴訟を起こされる前になんとかなだめようと、地震を津波と間違えた部分だけを訂正してしまった。 しかも、テレ東は現場の意向を無視して控訴を断念。しかも、テレ東がお詫びを出したという結果をちらつかせることで、他のマスコミを封じ込めようとした。 そして、翌年、第二次安倍内閣が発足すると、安倍首相はこれとまったく同じ手口で、自分に批判的なマスコミを片っ端からツブシにかかった。さらに、読売、産経を使って、菅直人元首相や民主党政権の対応のまずさを次々に報道させ、完全に原発事故は菅政権のせいという世論をつくりだしてしまった。 こうした安倍首相とその仲間たちの謀略体質には恐怖さえ覚えるが、もっと恐ろしいのは、彼らが政権をとって、再び原発政策を決める地位にあることだ。

      不作為の違法行為によってあの苛烈な事故を引き起こしながら、その責任を一切感じることなく、デマを流して他党に責任を押しつける総理大臣と、我が身可愛さに「もう日本は終わりだ。

      この無責任のきわみともいえる2人がいる内閣が今、原発再稼働を推し進めようとしているのだ。

      このままいけば、"フクシマ"は確実に繰り返されることになる。
      関連キーワード - ママ友 -

      熊本地震に遭遇したカウンセラーが伝授!まさかのときの心のセルフケア

      熊本地震の発生からもうすぐ5カ月、日本は地震国であり備えが必要と改めて感じた人も少なくないだろう。大きな自然災害は身体的、経済的な痛手はもちろんのこと心にも影響が出る。防災の日に改めて考えたい大地震に遭った場合の心のセルフケアについて、大分在住のカウンセラーで看護師の弥永英晃先生に話を聞いた。 ■大地震に遭遇時の心理状況と情報収集 弥永先生は大分で熊本地震に被災し、過去に経験したことのない不安におそわれたという。 「今回の熊本-大分地震は余震が2000回を超える地震だったために、不安感で普段通りに仕事をするのも難しくなりました。

      余震で揺れている最中は思考停止になり、恐怖感に襲われました。

      不安をあおる書き込みを見ないようにし、またテレビは地震発生時の時だけにつけて震源と津波の情報という最低限必要な情報のみを確認したそうだ。

      情報収集は重要だが、不安感を増さないように必要な情報のみを選んで見聞きするのがよいという。 ■被災時の緊張を緩和するセルフケア 弥永先生によると、被災後特に今回の地震のように余震が続いている状況だと人の神経系は、興奮神経(交感神経)が著名に優位になり、ピリピリした生き残りをかけたサバイバルモードになっているのだそう。そのサバイバルモードをリラックスさせる簡単なケアを教えてもらった。をおでこに軽く触れてゆっくりいつもの3~4倍の長さで息を吐く方法も試してみてください。(弥永先生) また、余震が続く場合の地震酔い対策に簡単なツボを使ったケアも教えてくれた。また左足の中指の左側の爪を7秒間ぎゅーっと押します。その時は、呼吸はゆっくりいつもの3~4倍の速度で細ーく長く口をすぼめて息を吐きながら行いましょう。 いずれも簡単なケアなので、まさかの時のために覚えておきたい。 ■地震国日本に住む心構え 弥永先生は、今回の地震の体験を経て、やはり普段からの備えの大切さを痛感したという。また、一時的な支援ではなく、長い目でみた支援を呼び掛けていきたいとのこと。我々も、定期的な地震対策と支援を心がけていきたい。
      関連キーワード - ママ友 -

考察。「地震だったね」とは何か?

「地震だったね」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

地震だったねに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • ヒロさん: @konohakumada それは良かった。後、最近東北地震あったみたいだね。大丈夫だったかな。 - 1 ヶ月 22 日と 20 時間 51 分 52 秒前
  • 星夢弥白@1/28東3メ40bさん: もともと地震の情報収集のためにROM専のつもりで登録したツイッタだったけど、当時なんとなく1日1枚絵を描きますかなんか言ったら愛さんがリプをくれて、そこから鮒つながりで世界が広がって、色んな人と出会えて…そんな感じなので、未だに驚いています。もう7年とかになるけどね。 - 1 ヶ月 22 日と 22 時間 9 分 32 秒前
  • 鈴山 正秋モキュさん: 「平和ボケってこういうことを言うんだろうな」という典型例。学生時代、「避難訓練なんて意味がない」という子もいたけれど、避難訓練やってたおかげで、地震の時に私は他の子を誘導できたんだよね(先生の不在中だった)。(・ω・ ) - 1 ヶ月 23 日と 1 時間 24 分 35 秒前
  • 横浜自由形(実況)さん: ゆっこ結婚と聞いて!!広い部屋に引っ越したり、大きめの家具買ったり、家電買い替えたり、地震対策の突っ張り棒で天井外れたり、旅行に花火にBBQ。明け透けトークでだだ漏れだったので察してた人多そう。遅くとも誕生日までには入籍してたんじゃないかね。おめでたい限り。 #下向き #あどりぶ - 1 ヶ月 23 日と 1 時間 26 分 53 秒前
  • 煙で喉をやられたりん子@大ちゃん最高さん: @yuki_onibe あたしも火災報知器なってびっくりしたよ〜 - 1 ヶ月 23 日と 6 時間 15 分 33 秒前

話題のトピック