なぜ「地球ドラマチック」なのか?

「地球ドラマチック」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      受信料の値下げを見送ったNHK、代わりに「テレビ設置月は無料」の方針

      ■値下げの代わりに減免措置や放送サービスの充実で還元 受信料収入は過去最高を記録しながらも値下げは見送り、オリンピックを見越したネット同時放送への投資するとしていたNHK。 この施策による減免額は3年間で170億にも上るそうなんですが、すでにテレビがある家がほとんどですから実質何の意味があるのやら…よく分かりません。

      関連キーワード - NHK -

      野生のヒョウ・マナナの生態を世界的カメラマンが記録

      ヒョウはどのように木登りや狩りを習得するのか。母親となったマナナが、子どもを守るために駆使する意外な知恵。
      関連キーワード - NHK -

      【激レア体験レポ】宇宙観測の聖地で天文学者の縣秀彦さんとペルセウス座流星群を観測!

      <ペルセウス座流星群> 毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群。ても観測しやすい流星群で、条件が良ければ最大で40個以上の流星を見ることができる。 坂本さん「子どもの頃から星を見るのが大好きで、夜の帰り道はついつい空を見上げてしまいます。

      流星群の見ごろとされた8月12日は、あいにくの雨予報。夜には雲が晴れるよう、電車の中でてるてる坊主を作る二人。 東京から約3時間かけて、JR全駅の中で標高の最も高い野辺山駅に到着。 さらに車に乗って、国立天文台へとたどり着いた。激レア天文台ツアー! こちらの国立天文台は、多いときで年間10万人。 到着した時間はちょうど、天文台の一般開放時間が終わり、お客さんが出てくる時間帯。今回は特別に、普通は入れない時間帯に訪問し、観測までさせてもらえる激レアな機会なのだ。

      NHK高校講座にレギュラー出演していたり、これまでに120冊以上の本を出していたりと、まさにその道の権威だ。

      や『ほしのこえ』の新海誠監督も長野県の出身です。 と、二人がより興味を持ってもらえるように、さっそく豆知識を挟み込んでくれる。 まずは展示室で、縣さんに基本を教わることに。 縣先生直々の講義に、思わず熱くなる鹿熊さん。状の鏡面パネルによって電波が完全に一点に集まるというパラボラアンテナの仕組みも学ぶ。 30メートル離れた反対側のパラボラから坂本さんの声を確認する鹿熊さん。 体感することで、二人の理解も深まったようだ。

      ミリ波観測では世界最大級の45m電波望遠鏡は、冬からの観測シーズンに向けてお休み中。6台の望遠鏡をつなぐことで、最大で直径600mの電波望遠鏡に相当する観測ができるそうだ。

      野辺山宇宙電波観測所が日本の電波天文学の聖地と呼ばれる理由を実感した二人は、次のミッションへ。 若者にわかりやすく天文学を伝え、少しでも興味を持ってもらうために“専門家ではない普通の意見”を求めているという縣さん。そのニーズに応えるため、メモを取りながら、真剣に番組を見る二人。 素直な二人の意見に、縣さんもおおいに参考になった様子。 資料までもらって、帰ってから復習もできると喜ぶ二人。 ちなみに縣さんによると、かつてよりも天文学者の数も増え、興味を持つ若者も多くなっているとか。 「最近の歌には『天体観測』はもちろん『シューティングスター』とか、星座の名前が曲や歌詞になっている歌も多いでしょ。昔は松任谷由実の『ジャコビニ彗星の日』くらいでしたから。 このとき、国立天文台は、1時間あたりに観測できた流れ星の数を報告するキャンペーンを実施していた。いって、一般の市民が研究に参加するのが世界的な流行りで、その流れにきちんと乗っているのだそう。 二人の任務はこのキャンペーンに参加すること。流れ星を観測し、正確に数を記録して報告するのだ。

      ただ参加するだけではなく、イベントに関する意見を述べるのも2人の任務。 そうこうしているうちに観測時間が近づいてきた。 てるてる坊主の効果か、幸いにも雨は降っていなかった。 広い場所に移動し、寝転がれるようにシートを敷く。 縣さんとともに、いざ観測開始!

      しかし、空は曇っていて、流れ星はおろか、星も見えない状況だ。

      真っ暗闇のなか、ひたすら夜空を見つめ流れ星を待つ三人。どんどんと流れるわけではないものの、感動を隠せないバイトたち。 雨が激しくなってきたので一旦退散するが、二人のたっての希望により再び観測に。22時30分から観測を再開したが、結果流れ星は見ることができず24時に。 ここで、観測は終了! 観測した流星の数と感想や意見を、パソコンに打ち込む。 縣さんにお礼を言って、ここで激レアバイト終了! 雨にも負けずに頑張った二人に感想を聞いた。 鹿熊「実はこのバイトに参加できなくてもペルセウス座流星群を自分で見ようとは思っていたんです。 坂本「流れ星が流れてきた時に、みんなで歓声を上げた瞬間のことは一生忘れません。
      そんな素晴らしい原体験を抱えて、二人は社会に出ていくことになりそうだ。


      関連キーワード - NHK - NHK - 電車 -

      第6回「ドキュメンタリーの逆襲」

      Eテレに『地球ドラマチック』なる番組枠がある。 世界中からえりすぐりのドキュメンタリーを集め、渡辺徹サンのナレーションで放送する枠だ。

      番組は一家に1970年代の生活を体験させるべく、家の中を一時的に改造する。ゲーム機や携帯電話、パソコンなどのハイテク機器は全て撤去され、冷蔵庫やテレビなどの家電製品は70年代のものに。部屋の間取りは70年代の平均的住宅を考慮して壁を作って狭められ、壁紙やインテリアは当時流行の花柄模様に変えられた。 そんな70年代ハウスで、一家は1日を1年として、1970年から79年までの10年間を10日間で体験する。 ■70年代の暮らしに悪戦苦闘 最初は物珍しさも手伝い、白黒テレビで見る古い番組や居間に置かれたレコードプレイヤーで聴く70年代の音楽に喜ぶ一家。次第にハイテク機器のない暮らしに不便を強いられる。 母親は電子レンジが使えず、洗濯機も二層式のため、一日の大半を家事に費やすことに。父親はエアバッグもパワステもない70年代の車で恐怖を覚えつつ出社。子供たちは何もない子供部屋に退屈して、70年代のチョッパータイプの自転車で外出する。70年代ルールの彼は携帯電話を持たないため、困った母親は長男の友人に連絡を取ろうとするが、そもそも電話番号は全て自分の携帯電話に入っているため、お手上げに――。そう、70年代のイギリスは労働者のストライキが多く、当時、頻繁に起きた停電も再現されたのだ。

      仕方なくその夜、一家はキャンドルとガスコンロで一晩を過ごす。カセットデッキが送られてきて、父親は自分好みのミュージックテープを作ったかつての思い出に浸る。大型冷凍庫が届き、母親は冷凍食品のおかげで家事の負担が減る。コンピューターゲームがやってきて、簡素なテニスゲームに親子が夢中になる――。ハイテク機器のない不便な暮らしで一家が手に入れたもの。被験者に一定期間、あるシチュエーションを体験させて、その変遷を記録する。この番組の何が凄いって、ディテールの詰めがハンパないこと。家電製品はちゃんと当時の製品を八方手を尽くして探し出し、修理して使う。 圧巻は、父親が勤めるオフィスで、父親だけパソコンがない。彼の元にコンピューターが届くのは8日目の1977年で、もちろん当時のコンピューター。あまりの旧式仕様に、彼はそのPCで仕事をするのを諦めるというオチが付く。ドキュメンタリーというと何だか堅苦しく考えがちだけど、こんなワクワクするドキュメンタリーだってあるんです。 ここで、ドキュメンタリーの定義について簡単に説明しておきましょう。を持って対象を追いかける番組、それをドキュメンタリーと呼びます。 大きく4つのタイプに分類され―― ①事象モノ ②人物モノ ③紀行モノ ④自然モノ ――というのが一般的なドキュメンタリーの種類。 事象モノとは、ドキュメンタリーの基本形で、何かテーマを前面に掲げ、それを追いかける番組。代表される、誰か一人の人物に焦点を当て、長期間密着して掘り下げるものが、いわゆる人物モノ。事象モノとの違いは、テーマが先に来るか、人が先に来るか。 自然モノは、大自然や動物界の営みを追うジャンル。番組内で使われる映像は、大抵そこからの借用だったりする。 ■日本のドキュメンタリーが冴えない理由 あっ、そうそう。ドキュメンタリーにとって最も大事な定義を忘れていました。

      ちろん、リアリティショーやバラエティ番組におけるやらせや演出が悪いワケではなく、それは番組を面白くするために必要なこと。 また、報道番組ともドキュメンタリーは微妙に違う。報道は原則、両論併記だけど、ドキュメンタリーはバリバリ偏ってもいい。 ――とはいえ、日本のドキュメンタリーが今ひとつ冴えないのは、硬派なジャーナリズム路線か、お涙頂戴ものに偏りがちだから。 もちろん、個々の番組は素晴らしいクオリティだし、賞だって毎年ドキュメンタリーはたくさん取る。2015年度の受賞番組だって、優秀賞3本のうち2本、選奨10本のうち6本がドキュメンタリーだ。

      ■世界で見られた『すきやばし次郎』 NHKは別として、民放の番組は視聴率を常に求められる。 ぶっちゃけ、硬派なドキュメンタリー番組は、視聴率は取りにくい。追いやられ、数字がとれないからスポンサーも付きにくく、結果、予算もかけられない。だから自ずと少人数のチームでコツコツ撮るしかなく、さらに地味で硬派な番組に仕上がるという負のスパイラル――。 それは、アメリカで2012年に封切られたドキュメンタリー映画『二郎は鮨の夢を見る』――。監督が発する質問も削られ、画面上には二郎サンの語りだけが際立つ。 ■海外でウケる三要素 そう、ドキュメンタリーだって、やればできる。 この『すきやばし次郎』の場合――正直、僕ら日本人にしてみれば、日本一有名な鮨店だし、今更感があるけど――外国人の監督にしてみれば、それはカリフォルニアロールとは違う本物の“日本の鮨”の世界。その神髄を知りたいし、加えてかの店は“ミシュラン三つ星”という圧倒的なオリジナリティ。それを交響曲に乗せて、美しい鮨ネタと職人技を見せようってもんだから――観客はそれだけで気持ちがいい。 日本のドキュメンタリーが、小さなマーケットの“負のスパイラル”から抜け出す方法。 そう、番組を海外に輸出して、多くの人に見てもらえたら、それだけ実入りも増えるし、次にもっとお金をかけて、さらにいい作品を撮れるってワケ。 そのためには、日本国内だけではなく、広く海外でも見てもらえるような番組にしないといけない。葉加瀬太郎サンのオープニングテーマでもお馴染のドキュメンタリーの老舗番組だ。

      スタートは1998年4月だから、もう20年近く放送されている。

      呼ばれるくらい、数々の優れたドキュメンタリー番組を輩出してきたのだから。

      しかし、当時のNETは系列局も少なく、人気番組も数えるほど。その結果――関西随一の制作力と売上を誇るテレビ局に。中でもドキュメンタリーを作らせたら天下一品だったんです。 そう、その華麗なるドキュメンタリーのDNAが、今や『情熱大陸』に受け継がれてるってワケ。TAIRIKU』という番組名で、英語字幕と英語のナレーションに再編集して放送されている。

      何が言いたいのかというと、恐らく――同番組は今後、海外ウケを狙った方向へ微修正されるんじゃないかってこと。フィリピンで評判になれば、そのうち欧米へも輸出されるかもしれない。 そうして1つの成功事例ができると――他のドキュメンタリー番組も追随しやすいってワケ。 ならば――僕は、次に挙げる番組こそ、その三要素を満たし、海外へ打って出るべきだと考えている。

      ■ドキュメンタリーの歴史を変えた番組 その番組とは――NHKの『ドキュメント72時間』。コンビニやバスターミナルなどの特定の場所に3日間、72時間カメラを据えて、そこで展開される人間模様を定点観測する番組だ。

      先に述べた通り、ドキュメンタリーというのは大きく4つに分類されるけど、この番組はそのどれにも該当しない。そもそもドキュメンタリーは、ある程度、ゴールを想定して作られるもの。それに対して、この番組は日常の中の一コマ、3日間を切り取って放送するだけ。こんなドキュメンタリーのフォーマットは、世界中どこを探してもないんです。 例えば――そう、新宿のカプセルホテルに72時間、密着した回があった。喜び、関西からやってきた中年夫婦はデパートの店頭でお好み焼きを500枚売ってきたと誇らしげに語る。家族仲が悪く、家に帰らずあちこちのカプセルホテルを転々とするサラリーマンがいれば、陸上の実業団選手で十種競技の全国3位の17歳の若者もいる。

      ジャグリングの全国大会のために福岡から上京してきた大学院生がいる一方、山形から声優を志して上京してきた若い女性の姿も。 中には、社長と喧嘩して会社を辞め、ニュージーランドへワーキングホリデーに旅立つ20代の若武者もいた。皆、様々な人生を背負い、ひと時の休息をとり、明日へと旅立つ。 これほど海外でウケる要素を秘めたドキュメンタリーがあるだろうか。ドキュメンタリーが広く海外でウケる要素が揃っていたんです。 ドキュメンタリーと言うと、華やかなドラマやバラエティの世界、テレビ局の一丁目一番地と言われる報道番組に比べて、ずっと日陰の存在だった。やり方次第で、世界中に輸出される可能性を秘めている。

      日本のテレビは、ずっとガラパゴスと呼ばれてきた。案外、その鎖国の殻を破るのはドキュメンタリーかもしれない。
      関連キーワード - NHK - NHK - 電車 -

考察。「地球ドラマチック」とは何か?

「地球ドラマチック」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

地球ドラマチックに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 『わさび 的な生き物。』さん: 地球ドラマチック見てると切実に人間辞めたくなる私の唯一の現実逃避が教育番組とかね - 2 時間 35 分 52 秒前
  • 藤井さん: RT @Taxi_News_: 地球ドラマチック「超難関!タクシー運転手試験~ロンドン ブラックキャブ~」 「ブラックキャブ」の運転手は長い伝統と歴史を持つ誇り高き職業として、今も高い人気を集めている。ところが運転手になるための試験は医師や弁護士試験と並ぶ超難関https:… - 2 時間 37 分 50 秒前
  • ミウラダイさん: Eテレの地球ドラマチックでヒョウのドキュメンタリーを食い入るように見つめるうちの猫。いつもはテレビなんて絶対観ないのに。
    > https://t.co/6LJ5t0KoZO

    - 3 時間 28 秒前
  • 猫覆面さん: それが辛いから最近動物番組もあまり見れなくなった生き物にサンキューとか地球ドラマチックとか、珍映像とか生き物の知識に関するものは見てるけど - 5 時間 1 分 55 秒前
  • Korikorikumaさん: 地球ドラマチック「6歳児のヒミツ~“ぼく・わたし”って何者?~」 - NHK 友だちの前でどうふるまったらいい?自分と他人はなんで違うの?自我が芽生えはじめ、成長過程で重要な時期にある6歳児。彼らの日々を定点観測し、成長する姿を見…
    > https://t.co/KzSwPOLja7

    - 1 日と 9 分 22 秒前
  • Mediacritさん: 地球ドラマチック「野生ヒョウのマナナ〜絆を深めた17年間〜」[二][字][再] 2018.01.22
    > https://t.co/KM44K4R22V

    - 1 日と 16 分 54 秒前
  • うらん★2/8大塚エスペトさん: 地球ドラマチック「驚異の絆!イヌと人間」NHKサイトには生物学者パトリック・エルイーさんの情報が皆無だったけど執念で探した~。綴りはPatrick Aryee。ツイッターもやってらっしゃる。アッテンボローさんの後継としてもご活躍期…
    > https://t.co/kftaIEReLq

    - 6 日と 10 時間 30 分 6 秒前
  • ゆくりんさん: うう…しぜんとあそぼもめっちゃ好きです……明日いっぱい見よう…OPの曲は、聞くだけで子供の頃の気持ちに戻ることができる印象的な曲だ語りが何気に豪華なのも良い渡辺徹のナレーション死ぬほど好きそういう意味で地球ドラマチックは神番組 - 7 日と 15 分 2 秒前
  • あんず@2歳7ヶ月+妊娠中さん: 白くまの母親が子供を守ってる動画を見て、ダーウィンが来たと地球ドラマチックを息子と欠かさず見ていて思うのは白くまだけじゃなく動物の母親の母性は凄いです。しかも大きくなった兄弟が小さい兄弟を献身的に守るんですよね。 - 7 日と 2 時間 9 分 51 秒前

話題のトピック