なぜ「吉川光夫」なのか?

「吉川光夫」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      【プロ野球】君はこんなもんじゃない! ミギータ・真砂勇介(ソフトバンク)ら「ロマン砲」の今…(パ・リーグ編)

      U-23ワールドカップでは侍ジャパンU-23代表の4番に抜擢され、大会4本塁打でMVPを獲得した。2軍では92試合、打率.216、8本塁打とロマン砲らしい低打率ながら本塁打の多い成績になっているが、柳田悠岐らの成長曲線を見ると真砂もまだまだこれから。/23本塁打/61打点/0盗塁 昨季も後半戦を中心に49試合で14本塁打をかっ飛ばした山川穂高が今季も夏から絶好調。

      ただ、これだけの成績を残していても、山川はまだロマン砲といえる。2年連続で春に結果を残せず、今季は5月1日に2軍降格。1軍に上がってきたのは、7月8日で前半戦は結果を残せなかった。今の調子を通年で発揮できるようになれば、本塁打王などのタイトルも見えてくるはず。

      ただ、来春はメヒア、中村剛也ら、現在不調の大砲も黙ってはいないはず。今季は持病の腰痛で出遅れたものの、7月に1軍昇格を果たすと鬱憤を晴らすかのように打ちまくり、3番打者に定着しつつある。 公称173センチで体は大きくないが、その打球は爆発的な威力を持つ。並び、体が大きくない球児にも“一発”の夢を与えるロマン砲だ。

      同様に通年での活躍に期待し、まだロマン枠に留めておきたい。/15本塁打/46打点/5盗塁 昨オフ、巨人からトレードで日本ハムに移籍。トレード相手の吉川光夫よりも注目を集めたのは大田泰示だった。 指導者、評論家、ファン、マスコミ、誰が見ても超人的な身体能力。北の大地で出場機会を掴んだ大田は真価を示しつつあるが、周囲の期待はこんなもんじゃない。これまでの評価を考えると30本塁打でようやく大成といえるレベルまで期待感は高まっている。

      開幕スタメンをつかんだが、自慢の長打力を見せることができずに5月上旬に2軍落ち。さらには出塁率.394の成績を残し、2軍レベルはクリアしているが、なかなか1軍で結果を残せない。 井口資仁が引退し、一塁のポジションはさらに空白地帯に。を量産してきたロッテだが、井上にはそうならないようブレイクしたい。

      日本ハムが“中継ぎエース”谷元圭介を中日に電撃放出! 仰天トレードの舞台裏

      プロ野球のトレード期限最終日の7月31日、北海道日本ハムファイターズと中日ドラゴンズの間で、仰天のトレードが成立した。 当初は交換トレードの線で話し合いがもたれていたようだが、折り合わずに金銭で決着した。一見、中日側が望んだ移籍劇のように思えるが、意外にも日本ハム側が持ち込んだ話だというから、穏やかではない。 谷元は2014年から3年連続で50試合以上に登板した鉄腕。昨年の日本シリーズでは胴上げ投手になるなど、ベンチの信頼は厚かった。今季も7月30日までに36試合に登板し、0勝2敗1セーブ21ホールド、防御率3.31と好成績を収めている。

      そこには、日本ハムが置かれている状況や球団の方針が隠されているようだ。

      6位の千葉ロッテマリーンズとは2.5ゲーム差と、いつ最下位に転落してもおかしくない。それでも栗山英樹監督の続投は決定的で、もはや来季に向けたチーム作りを優先したといえそう。 谷元は6月21日に国内FA権を取得しており、トレードされていなければ、今オフにFA権を行使する可能性もあった。日本ハムはFA権を取得した選手に対して、熱心な慰留は行わない方針で知られる。昨オフには陽岱鋼外野手との残留交渉がまとまらず、陽はFA権を行使して、読売ジャイアンツに移籍した。選手がFA移籍した場合、獲得した球団は前所属先に、金銭または金銭プラス人的補償しなければならない。今回、中日はFA獲得の際の補償額を上回る金額を支払ったとされ、シーズン途中のトレードで、日本ハムには金銭的なメリットがあったようだ。

      「球団は栗山監督の続投方針で固まっていますし、ある意味、栗山監督のやりたい放題な状態です。そのためには、“不動の中継ぎエース”である谷元の存在が障害になる。Aクラスを狙うためには、投手の補強が必要だったわけです。谷元は三重県出身で、準地元の選手であり、願ったりかなったりのトレード。その上、中田との残留交渉にも消極的で、大谷翔平投手の早期ポスティングを容認するようだと、ファンから見放されてしまう恐れもありそうだ。

      【プロ野球】戦力外通告候補生…。プロ野球選手の分水嶺=「29歳の男たち」は後半戦で踏ん張り、生き残れるか!?

      プロ野球選手にとってまさに分水嶺といえる年齢であり、30歳を迎えられるかどうかが現役生活を長く続ける上ではひとつの正念場、というわけだ。

      ということは、今年29歳の選手で結果を残せなかった選手は、戦力外通告候補生……という見方もできるだろう。それまで長期間に渡って安定した成績を残している選手であれば、たった1シーズン不調だからといって簡単に戦力外になることはまずありえない。だが、何が起こるかわからないのもプロ契約の厳しい世界。 そこで、今季29歳の選手たちで、前半戦、思うような成績を残せなかった選手たちをあえてピックアップ。あまりのショックからか、本塁悪送球やベースカバー忘れなど守備でもミスを連発してしまった。昨季はひとつも勝ち星を挙げることができなかった。それだけに、今年5月31日、623日ぶりの白星を飾ったときには大きく取り上げられ、その後の活躍も期待されたのだが……。 3敗目の試合後、斎藤をかばうコメントをした栗山監督にも非難の声が挙がるなど、立場はますます厳しいものがある。だが、今季は3月4日のオープン戦で1球目に危険球を投じてしまい、退場。以降、右肩の違和感を訴え、1軍はおろか2軍、3軍でも登板機会は一度もない。 澤村に代わって巨人の抑えを任されたのが新外国人のカミネロ。前半戦18セーブはリーグ3位の数字だが、記憶に新しいところでは7月1日のDeNA戦、2点リードの9回のマウンドに上がって逆転満塁弾を浴びるなど、ベンチからもファンからも信頼度はまだまだ高いとはいえない。 肩の不調だけに焦ってほしくはないが、まずは遠投ではなく、打者に投げる姿を2軍でもいいから見せてほしい。 大田泰示、公文克彦との交換トレードで石川慎吾とも日本ハムから巨人へ移籍してきた吉川光夫。貴重な先発左腕として期待されたが、5月24日の阪神戦では、鳥谷敬の頭部へのデッドボールで危険球退場になるなどピリッとせず。前半戦は0勝2敗、防御率が4.00という低調な数字だった。大田が日本ハムで大暴れし、プロ9年目で初となる2ケタ本塁打を放ったのとは対照的だ。

      交流戦明けからは中継ぎへと配置転向になったが、7月1日には出場選手登録も抹消されてしまった。まずはもう一度、直球に磨きをかけ、巨人のAクラス入りに貢献してもらいたい。 本稿では、顕著な例として、今季前半戦、思うような成績を残せていない3選手を取り上げた。だが、29歳の選手たちで今季の活躍に満足している選手は少ないのではないだろうか。2人が、プロ入り後はじめて、といえるほど苦しい投球を続けている。

      それを乗り越えられるかどうか、後半戦の戦いぶりをしっかりと見届けたい。嶋重宣ら、長い雌伏のときを経て花開いた男たち元4番に新4番。

      【プロ野球】岡田明丈ら若手先発陣が芽吹く広島が快走。先発ローテーションとチーム順位の関係。セ・リーグ編

      交流戦までのデータを元に、先発ローテーションと順位との関連性を、リリーフ陣にも目配せしながら探ってみたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題! ■広島:ジョンソン、黒田の不在をものとせず 2年連続のリーグ優勝を目指す広島。昨シーズン限りで黒田博樹が現役を引退し、先発陣の大きな補強はなし。そして迎えた開幕戦、ジョンソンが4回途中7失点ノックアウトで敗戦投手に。そのうち7勝は先発投手に勝ち星がつくなど、先発陣が奮闘。 また、開幕序盤はドラフト1位の加藤拓也が踏ん張り、加藤の離脱後は4年目の中村祐太がその代わりを担うなど、新鮮な投手たちがそれぞれの役割を果たしたといえる。 リリーフ陣を見るとクローザーの中崎翔太が4月上旬に登録抹消されたが、今村猛が穴を埋めた。セットアッパーのジャクソン、ブレイシアの両外国人投手や薮田和樹、中田廉も役割を果たしている。

      田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、鈴木誠也、安部友裕、エルドレッドら野手陣に目を奪われがちだが、離脱したジョンソン、引退した黒田という両エースの不在を皆で乗り切った投手陣の活躍も、リーグ首位の要因になっている。

      ■阪神:好調の要因はリリーフ陣の安定にあり! 金本知憲監督になって2年目のシーズンとなる阪神。開幕から好調をキープし、広島との上位争いを繰り広げている。

      野手陣では新加入の糸井嘉男、ベテランの福留孝介、鳥谷敬ら主軸が活躍。さらに、若手の中谷将大、高山俊らもある程度の結果を残し、打線は好調だ。

      一方、先発投手陣を見てみると開幕投手のメッセンジャー、ブレイク候補の秋山拓巳が序盤から結果を残しているものの、藤浪晋太郎、岩貞祐太、能見篤史らは今ひとつ。そんな状況にも関わらず、上位に踏ん張っているのは安定感抜群のリリーフ陣にある。 守護神のドリス、セットアッパーのマテオに加え、昨シーズンは1軍登板のなかった桑原謙太朗が試合終盤を制圧し、勝利を収めている。

      なかでも桑原の活躍は目覚ましく、交流戦前の時点で3勝1敗9ホールド、防御率1.27とキャリア最高の成績を上げている。

      ■DeNA:先発投手陣の復調に期待 WBCで4番を張った筒香嘉智が開幕から不振。クローザーの山崎康晃も4月半ばに配置転換されるなど、苦しい立ち上がりとなったDeNA。 先発陣での大きな誤算は、開幕投手を任された石田健大の離脱だろう。ラミレス監督が、今年のキーマンとして名前を挙げた石田だったが、4月中旬に登録抹消。現在は復帰したもののローテーションに狂いが生じてしまった。 また、井納翔一は好投をするも勝ち星に恵まれず、2年目の今永昇太は昨シーズンの安定感が影を潜めている。

      リリーフ陣は新外国人投手のパットン、不振から脱した山崎康、砂田毅樹らが奮闘。 広島、阪神を追いかけるためにも先発投手陣の復調に期待したい。 ■巨人:求む!7回の男 巨人は高橋由伸監督が2年目を迎えるにあたり大型補強を敢行した。投手陣では山口俊、森福允彦、吉川光夫、カミネロらが加わり、野手陣では陽岱鋼、マギー、石川慎吾が新加入。

      しかし、広島、阪神についていくことができず下位に甘んじている。

      先発投手陣では菅野智之が開幕から好投を見せ、3試合連続完封勝利。田口麗斗、マイコラスも結果を残しているものの、チームは低調な打線に足を引っ張られ、波に乗り切れていない。大竹寛、内海哲也といったベテラン組の奮起に期待したいところだ。

      今シーズン、リリーフエースの又吉克樹が先発へ配置転換。当初は大野雄大らとともに先発ローテーションの軸としての活躍が期待されていた。交流戦前までに、6試合連続で勝ち星なしの3敗を喫し、中継ぎに配置転換された。さらにリリーフでもサヨナラ満塁弾を浴びるなど結果を残せず、チーム停滞の要因となってしまった。 一方で又吉は先発として安定した投球を見せチームの勝ち頭となっている。

      また、バルデス、鈴木翔太、ジョーダン、小笠原慎之介らに数字がついてきているのも心強い。 また、中継ぎ陣は田島慎二、岩瀬仁紀、三ツ間卓也、伊藤準規と揃う。 そこで、大野の復調はもちろんだが、最後のピースとして欲しいのは吉見一起の復活だ。

      そのなかで、エースに名乗りを挙げる小川泰弘は開幕から2連敗を喫するも、その後は4連勝。先発陣の柱として一本立ちを期待されたが、その矢先に故障で登録抹消となった。 この小川の穴を埋めたのが原樹理、星知弥のフレッシュコンビ。両投手が好投を見せたことでローテーションに定着。好投を続けるブキャナンとともにチームを引っ張ることになりそうだ。

      リリーフ投手陣はクローザーの秋吉亮が今ひとつで、ルーキ、石山泰稚も不安定な投球が多い。そのなかで移籍2年目の近藤一樹は、交流戦前まで無失点投球を続けていた。近藤の火消しがなければ、黒星はさらに増えていたかもしれない。 上位浮上のためには、原樹、星といった若手陣のブレイクが鍵となりそうだ。

      首位を走る広島は先発、中継ぎ、抑えのいずれも安定し、阪神は磐石な勝利の方程式がある。

考察。「吉川光夫」とは何か?

「吉川光夫」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

吉川光夫に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE5\x90\x89\xE5\xB7\x9D\xE5\x85\x89\xE5\xA4\xAB') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143