なぜ「南條愛乃」なのか?

「南條愛乃」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      先輩ユニットとして影響を与える側に - ミルキィホームズにとっての「ANIMAX MUSIX」とは?

      今回はミルキィホームズにとっても馴染みの深い横浜での公演となりました。

      舞台なので、前回よりもホーム感があるというか、受け入れられている気がしました。

      やっぱり横浜でライブをするときが一番安心感があります。アーティストそれぞれがたっぷりと歌わせてもらえるんです。アニソンは合いの手も多いので、会場との一体感がすごいあるよね。

      曲に合わせて光の色を変えてくれるとか、ほかジャンルのアーティストさんのイベントではあまりないもんね。

      ステージじゃなくて、会場内の通路で歌ったんですよ。コラボがあるから、ミルキィホームズだけの曲だけじゃなく、別のアニメの主題歌を披露することもある。それがアニメ好きにはほんとうにたまらないイベントです。これまで何度も七森中☆ごらく部と生徒会で歌ってきた曲なんです。今回はWUGちゃんとコラボで歌って、また違った楽しさがありました。

      以前、ほかのイベントで七森中☆ごらく部とミルキィホームズがコラボして歌ったこともあったんだけど、あのときは早口パートをやらなかったもんね。

      佐々木メドレーだったから、2番はやらなかった。 徳井ユニット3組くらいでコラボしてみたいかも。 橘田ユニットのメンバーカラーごとに別れてもいいかも。あと、南條さんが今回の公演で付けていたブレスレットに4色がはいっていて、すごくミルキィ感があって、私たちへのメッセージかと思ったんですよ(笑)。 ――ミルキィホームズのみなさんはユニットなので、コラボをするときも、ほかのユニットということが多いですよね。

      橘田私は歳を重ねるごとにダンスを激しくしていこうという心持ちでやっています。

      年長者ががんばっていると、その姿だけで感動するかなと思うので。2月3日にはBSスカパー!で、3月4日、11日にはアニマックスで放送されますね。


      今回は、舞台裏の映像も結構撮影してもらっているんです。
      関連キーワード - アニメ - LINE - NBCユニバーサル - アニメソング - アニメ - 声優 - M-1 - おそ松さん - アニメ - 声優 -

      「My Girl」がラジオ番組をスタート! 記念すべき初回は、南條愛乃と i☆Risから山北早紀、若井友希、久保田未夢が登場!!

      シリーズは、今後新たな展開としてラジオ番組を始動する。Coverに登場したi☆Risから山北早紀、若井友希、久保田未夢が出演。コンセプトでもある“素顔”に迫ったトークを繰り広げる。誌面に掲載されているインタビュー延長戦のような内容で、さらに深くパーソナルな部分を掘り下げていく。Coverを飾り、i☆Ris、三森すずこ、内田真礼、東山奈央、田所あずさが登場している。


      関連キーワード - アニメ - LINE - NBCユニバーサル - アニメソング - アニメ - 声優 - M-1 - おそ松さん - アニメ - 声優 - アニメ - AbemaTV - 声優 - 横澤夏子 - アニメ - TBS - AbemaTV - 声優 -

      12.9両国国技館で客席をノックアウトしたい!——『ANIMAX MUSIX 2017 YOKOHAMA』出演ミルキィホームズインタビュー

      1月に開催した大阪公演に続き、今回の横浜公演に登場したミルキィホームズ。MUSIX』の感想、今後の活動などについてインタビューした。MUSIX』はここが違うな!というところはどんなところか、お聞かせください。って質問すると、まだまだ笑顔でいけるぞ!という返しをしてくれるので、お客さんに感謝のイベントです。言えばやらせてくれるし、大阪公演とかでは、ミルキィらしい演出をしてくれたりします。今回もオープニングで、お客さんがブルーのライトを振ってくれていて、そこに、ブルーの旗を持って登場したりして。パンフレットも今回ブルーの布に包まれて撮影したりして。 佐々木:今回は開催地が”横浜”ということもあり、私たちは横浜を舞台にしたアニメをやっているので、横浜にゆかりがあるので、よりホーム感があったなと思いました。

      横浜は”聖地”とおっしゃっていましたしね。

      横浜でライブするときが一番うれしいって感じます。 三森:ソロで出たことがあるという思い出があります。今回も今年ならではの曲を歌う予定なので、楽しみです。ロックもあるし、カワイイのもあるし、流行りのものみたいなのもあって、いろいろなジャンルがあるから、こういうイベントに出ると、本当にいろいろな種類の音楽が聴けるのでうれしいって感じます。 橘田:合いの手が多いので、自分もライブ会場に行ったら、一緒になって声出しちゃうという感じの楽しさに魅力を感じます。みんなペンライトを必ず持っていて、曲やアーティストに合わせて色を変えて振ってくれたりするところは、ほかのアーティストのライブではあまりないことなので、あったかいなという感じがします。なんだかこの形でのコラボというのは不思議な感じもしますが、とても楽しいって思いました。

      ――ミルキィホームズとして出ているのに、生徒会で歌うのって不思議な感じですよね。

      三森:不思議でしたけど、とても久しぶりに歌う楽曲なので、単純に楽しめました。

      今日、ステージに上がる直前までずっと練習してました。

      ――ユニットとしてミルキィさんも2018年2月で4人が集まって8周年となります。 橘田:私は、年齢を重ねるごとにダンスを激しくしていこうと決めています。

      年長が頑張っているとなんかうれしくなるんですよね。

      OUTがずっと大好きで、旗揚げのころから見に行ってました。

      例えば、私たちが闘うとか、選手が4色で踊るとか。 橘田:相撲を見ていた場所でやるっていう不思議感はあります。ミルキィの活動を追っていただいていれば、すぐ来ちゃいますよ、3月。今日、南條さんのブレスレットがミルキィっぽい色だったので、これはミルキィとコラボがしたいというメッセージと受け取りました。

      受け取りました! ――ありがとうございました。

      MUSIX』というイベントを全身で楽しんでいるという印象だった。十二月場所』や2月のファンクラブイベントで、どんなステージでファンを魅了するのか。声優ユニットの先駆け的存在がどのような背中を見せてくれるのか、今から楽しみで仕方ない。
      関連キーワード - アニメ - LINE - NBCユニバーサル - アニメソング - アニメ - 声優 - M-1 - おそ松さん - アニメ - 声優 - アニメ - AbemaTV - 声優 - 横澤夏子 - アニメ - TBS - AbemaTV - 声優 - アニメ - アニメ - アニメ - 声優 -

      fripSide八木沼悟志インタビュー 過去最大級のコンサートツアー『crossroads』に向けて-15周年の集大成を表現する“研ぎ澄まされたfripSide”

      語る15周年アルバム『crossroads』の制作裏話と合わせて、ライブへの意気込みを語ってもらった。 15周年アルバム『crossroads』発表、すぐさまツアー準備へ ――fripSideの15周年というアニバーサリーイヤーも残りわずかとなりました。

      そのあと15周年アルバム『crossroads』の制作に入りました。

      今は秋から始まるツアーの準備段階ということで、1年ずっとfripSideの活動をやっている感じがしますね。


      通常だと、何週間かお休みをいただけて旅行に行ったりするんですけど。アルバムを作りながら次のタイアップソングも入ってくるので、それと並行しながら。8月末くらいまで過酷な日々でしたが、今は秋のツアーが楽しみです。何が最大かというと、キャパシティの合計が最大になっています。

      ――2000~3000人規模のホールで3カ所4公演、さらにアリーナ規模の幕張メッセと神戸ワールド記念ホールが計3公演となっています。

      あとは、2日間連日と1日だけの会場があるので、そこはセットリストがガラッと変わりますね。


      2DAYSやるときは、両日とも来られるお客さんばかりではないと思うんですよね。

      ただ、2DAYSのところは、2日目を『crossroads』Dayとしてアルバムの曲を中心に、fripSideの歴史を彩るいろいろな曲を加えて、トータル僕たちの15年を観ていただこうと考えています。

      fripSide』というテーマで、これまでのタイアップソングやライブで盛り上がる曲を網羅した1日になる予定です。アルバム『crossroads』では、ボーカルがnaoさんだった最初の7年間の曲をセルフカバーされています。

      言っても、naoさんに作った曲をいかに南條さんにマッチするように作り直すかという難しさは感じながらの作業になりました。

      撮影:加東岳史 ――バックトラックもリアレンジされていますよね。

      15年間で技術的に上達した部分もあるし、機材もできることが増えた。だから、どこかの部分で昔の自分を超えていかないといけないという気持ちでやりました。

      投票してくれた曲って、その時の自分が作ったホームランなんですよね。

      それを超えるのがけっこう難しくて、過去の自分と戦う部分もありました。

      そういうときに、原曲をそのまま今の機材で再現するのではなく、今の自分のアプローチで超えていく。機材的な制約で昔はできなかったけど今はできるからやってみようという曲もなかにはあります。 世の中がハードからソフトに変化する過渡期でしたね。

      いまは非破壊編集だからずっと戻れますけど、以前は波形を1度いじると元に戻らないから、失敗したと思ったら録り直しという。この手のジャンルの曲をいかに作れるかということに挑戦していたんです。何十台もあるハードを、Midiで同期してあってスタートボタンを押したら全部が一斉に動き出すんですよ。 ――何台もあるシンセサイザーを一斉に動かして、さあ録音できるぞとなったら部屋が真っ暗になると……。 メジャーのアーティストであれば、たくさんの制作予算とプロ用の何千万円もするような機材があって、高いクオリティの曲を世に出せるわけじゃないですか。作れないかというチャレンジからfripSideは始まっているんです。今の僕ならスタジオも使えるし、いろいろな機材も使えるようになった。だから最初は、昔の苦労を思い出しながらまぐれ当たりのホームランをいかに軽々しく超えるかというチャレンジのつもりだったんですよ。 15年前からの過去曲と向き合った『crossroads』 ――過去の曲と向き合ったことで、15周年の実感みたいなものも深まりましたか。気づかないうちに自分が変わっているんだなとすごく感じました。

      15年前の曲をいま聴くと、若いし経験もなくて、今ほど自分のセオリーがしっかりできていないなという感じがして。逆に、今の自分が絶対にやらないだろう曲調や音の展開、良く言えばチャレンジングな部分が含まれているんですよ。 ――過去の曲から刺激を受けた部分も大きかった。それを持つ前は、いろいろなことにチャレンジしていたんだなとすごく感じましたし、それを取り入れて世界観やセオリーの幅を少し広げていっても良いんじゃないかなと思いました。

      思ってもらえるようなものもお見せしていきたいと考えていますね。


      カバーしてすごく良かったというか、過去の自分を振り返る良い機会でした。そのなかで、“ずっとブレずにできた”ということはひとつ誇りに思っていいのかなと感じました。

      ――今回のツアーでは、そういった曲を歌う今のfripSideが観られると。今回はゲストなども呼ばずに最初から最後までfripSideのライブになるとうかがいました。

      ただ、純然たるfripSideとしてのライブをお客さんに楽しんでいただくことが核だろうと。そこを1度研ぎ澄ましてみても良いんじゃないかと思ってそうなりました。

      撮影:加東岳史 ――最初に過去最大級のツアーということもお話しいただきましたが、活動15年でライブ会場がアリーナクラスまで大きくなりました。

      楽しんで活動しながら、僕らの音楽を好きで応援してくれる人がいれば頑張りがいがあるなあと思ってやっているだけなので。気負うことなく、会場が2000人でも20000人でも僕らの気持ちはあまり変わっていないかなという感じがします。僕らは幸い二人組なので、困ったときはどちらかに寄りかかることができるので、すごくお世話になっています。

      たとえば、3月のさいたまスーパーアリーナでは、ゲストを入れて30曲以上歌っているんですが、はじめのころの彼女はぜんぜん曲数を歌えなかったんですよ。フルライブもできるかどうかっていうくらいだったのが、経験と実績をつけて今のような大ボーカリストに成長してきたのを感じますね。


      ボーカリストっていうのは音楽業界の華ですから、彼女がアイコンになって、そこにみんなが集まってくれる。たぶん、人の見えないところでめちゃくちゃ努力しているんじゃないですかね。

      南條と八木沼のバランスが絶妙だ ――8年間でいろいろな変化や成長を遂げてきたと。僕らって面白いことに、fripSide以外にもいろいろやっていて、彼女の場合は声優の仕事やソロの歌手活動で、僕だったら楽曲提供や別ユニットでの活動。ツアーを重ねるごとに、僕らも成長させていただいているし、それをお客さんに披露することで新しい驚きとか、もしかしたら感動して帰っていただいたり。そういうことにつながって行くんじゃないかなと考えています。

      こうしたらもっと良くなるのに、もっとお客さんが喜んでくれるのにっていう新たな課題が毎回見えてくるので。 その終わりがないのが音楽活動だと思っているんですよね。

      ――CDで聴くのとライブで観るのでは違いますしね。

      ――今はSNSですぐに見ることができますからね。

      撮影:加東岳史 ――興味がある人のライブだとそうなりますね。


      だから、ご家族みんなで見に来てもらえると嬉しいなと思っております。
      関連キーワード - アニメ - LINE - NBCユニバーサル - アニメソング - アニメ - 声優 - M-1 - おそ松さん - アニメ - 声優 - アニメ - AbemaTV - 声優 - 横澤夏子 - アニメ - TBS - AbemaTV - 声優 - アニメ - アニメ - アニメ - 声優 - アニメ - アニメ - けものフレンズ - アニメ - けものフレンズ - アニメ - 声優 -

考察。「南條愛乃」とは何か?

「南條愛乃」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

南條愛乃に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE5\x8D\x97\xE6\xA2\x9D\xE6\x84\x9B\xE4\xB9\x83') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143