なぜ「加東」なのか?

「加東」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      関連キーワード

      日本酒縛りで神戸を楽しむ

      日本酒好きなら常識であろうが、神戸には著名酒蔵が多く、日本酒縛りでも観光を楽しめる街なのだ。

      神戸の酒を造る4つの秘訣 灘五郷とは、神戸市をはじめとした灘地方にある酒蔵の集まった地域のこと。西宮市の今津郷、西宮郷、神戸市東灘区の魚崎郷、御影郷、神戸市灘区の西郷の5カ所を指しており、3カ所が神戸市に集まっている。

      例えば沢の鶴、神戸酒心館(福寿)、白鶴、菊正宗、櫻正宗、浜福鶴と、有名どころが集まっているエリアだ。

      神戸をはじめ灘地方が日本酒の産地となったのは理由がある、というのは、神戸で日本酒に携わる人々が声をそろえて話すことだ。

      曰く、六甲おろし、宮水、山田錦、そして神戸の海だという。 山田錦は酒造りに適した酒造好適米で、1936年に兵庫県で誕生した。味などもさることながら、米の一粒一粒が大きいことが特徴としてあげられる。日本酒造りでは米を磨くこと(精米)が必要で、その精米歩合は40%に達することもある。玄米に対して60%も磨くわけで、普通の食用米では小さくなりすぎて心白(中心部)が壊れてしまうこともある。 この山田錦は、神戸市の北、六甲山系を越えた三木市や加東市が一大産地となっている。

      この山田錦の誕生は、神戸の日本酒の品質をより一層高める結果となった。花崗岩を通して濾過された地下水は、神戸の海水と混じり合って中硬度となり、酒造りに適した水となって湧き出ているという。 そして六甲山系から吹き下ろす六甲おろしは、酒造りに大事な気温をコントロールする役割を果たした。呼ばれる構造になっており、北側に仕込み兼貯蔵庫、南側に前蔵を配置。これを密接させる構造によって、冬は北側からの六甲おろしで低温になり、夏は南からの直射日光を避けるような設計だという。樽廻船問屋が江戸に向かって灘の酒を輸送する体制が整い、灘の酒が江戸で広まった。 そんな灘五郷の日本酒だが、現地の大手蔵元は酒蔵に資料館を設けるなどして日本酒に親しみを持ってもらおうと努力をしている。

      今回、そうした蔵元のうち、神戸酒心館と菊正宗酒造を訪問した。福寿と言えば、ノーベル賞授賞式後の晩餐会において提供された日本酒としても話題となった。2008年の小林誠、益川敏英下村脩、各氏が受賞した際に出された日本酒だ。

      そばに福寿を振りかけて食べるという一品で、適量を振りかけてそばつゆにつけてすすると、そばの香りとともに弾けるように福寿の匂いが口の中に広がる。 アルコールはそのままなので子供や運転手では食べられないが、酒とそばの調和した味わいと香りは一度食べる価値がある。(2,920円)は、自家製のすくい豆腐や旬の魚の焼き物など3つのお重に彩りもよい料理が詰まった一品。(2,160円)を含めた3種類が昼の料理として用意されている。

      いったように、食前から食後までに飲むのに適した酒が用意されているのが嬉しい。(純米1,380円、生酒1,480円)もあるので、状況に応じて選びたい。 ゆっくりと食事と日本酒を楽しんだら、飲んだばかりの日本酒がどのようにできあがるかを見学するのも良さそう。逆に、先に見学をして、工程を知ってから飲めば、より味わいが深まること請け合い。 酒心館では、酒造りのビデオや発酵エリアなどを見学できる酒蔵見学サービスを実施している。

      ビデオは日本語を含めて4カ国語(日英中韓)、リーフレットは16言語を用意。見学コースは3種類あり、2日前までの予約が必要なBコースは40~60分の所要時間と、たっぷり時間をかけて見学できる。酒造りの過程や過去に使われていた酒造りの用具類など、菊正宗の伝統に触れられる資料館だ。

      以前は1659年に神戸市内に建てられた酒蔵を移築した建物を使っていた記念館だが、阪神淡路大震災で倒壊してしまい、1999年に復興オープンしたのが、現在の記念館となっている。

      震災でも、収蔵していた用具類は無事に発掘できたため、歴史的な資料は今も以前のように見学することができる。酒造展示室だけでなく、映像や展示で詳しい歴史を知るコーナーも用意され、見学ツアーを利用すればさらに詳しい話を聞くことができる。その場で購入も可能で、神戸限定、記念館限定の日本酒はお土産にも最適だ。

      誕生50周年を記念して設立されたこの建物は、樽酒造りを紹介するだけでなく、実際の工房として樽酒に欠かせない樽作りなどを見学できる。 樽酒は、節ができないように育てた吉野杉を材料に樽を作り、そこに酒を詰めて香りも楽しめるようにしたもの。ファクトリーでは、樹齢100年の吉野杉の丸太を割り、丸みと厚みを一定にそろえた杉板(榑)を使って樽を作っていく。数メートルの長さの竹を手作業で手際よく結っていく熟練の技は見とれるほど。 さらに、その箍に合わせて杉板の榑を並べて円筒状にして樽の形に仕上げるが、21~22枚の榑が職人の感覚でピッタリと収まる様は思わず感心してしまう。職人たちが酒を詰める樽を実際に作り上げていく様子を見学できる樽酒マイスターファクトリーは、1日3回、予約をすれば誰でも無料で見学できる。 酒造りの歴史と今を堪能したあとは、実際に日本酒を楽しみたい。そんな場合には神戸のランドマーク、神戸ポートタワーを訪れてみよう。高さ108mを誇る神戸のシンボルで、展望台からは360度のパノラマの光景を楽しめる。 もともとこの展望3階は、外周部分が20分に1回転という間隔で回転しており、神戸の町を座ったままで一望できるというのが特徴だった。ここをラウンジとして改装したため、窓に向かって設置されたテーブルの前に座ると、勝手に景色が回転してくれる仕組みになっている。

      面白いのは、注文カウンターは回転しない中心部にあり、目の前で注文して席についても、気付くとカウンターが見えなくなってしまうのだ。

      灘五郷を体感できると銘打っており、それぞれの地区の日本酒をふんだんに取りそろえている。

      すでに紹介した福寿や菊正宗は元より、金盃酒造の金盃、安福又四郎商店の大黒正宗、そして清酒徳若の原酒といった珍しい蔵元の銘酒も取りそろえている。

      基本的に日本酒だけを取りそろえ、ソフトドリンクも置きたくなかったということで、甘酒がある程度。基本的には日本酒を楽しみに行く大人のラウンジだ。

      日本酒だけでなく、日本酒を使ったオリジナルカクテルも楽しめる。 店舗にもこだわりがあり、店先には酒樽を作る時に使う箍を再利用したシャンデリア、2016年に解体された旧三菱銀行神戸支店で使用されていた扉を設置。カウンターは間伐材や環境整備によって伐採された街路樹などを活用したもの、イスも酒樽を再利用したそうだ。

      昼間は神戸の酒を育んだ六甲山系や港を一望でき、夜には美しい神戸の夜景を楽しめる。現時点では来年3月までの期間限定なので、新しい観光スペースとして是非訪問して欲しい。神戸ポートタワー展望3階回転フロア Web:saketaru-lounge.storeinfo.jp 電話番号:080-9026-9154 番外編:神戸でクラフトビールを楽しむ 最近、神戸で増えているのが神戸のクラフトビールを飲ませる店だ。

      店舗奥で実際にクラフトビールを醸造しており、神戸にちなんだクラフトビールを取りそろえている。

      ビールはほのかな甘みと芳醇な香りのビールが揃う。この日は黒ビール、IPAを含めて5種類のクラフトビールが楽しめるほか、神戸市に本社を構えるUCC上島珈琲とコラボレーションして、共同で醸造したUCCコーヒースタウトも提供している。

      地元の農家ともコラボレーションして神戸産の素材にこだわったビールも醸造しており、この日はイチゴビールなど斬新なオリジナリティあふれるビールも用意。地元に根ざした、神戸限定のビールを楽しめる店で、ビールと音楽を楽しみつつ、新たな神戸を体感できる。

      大原ゆい子が『はなかっぱ』オープニングテーマ「えがおのまほう」で変わったこと

      今回は国民的アニメ『はなかっぱ』のオープニングテーマを担当。さらに7月放送の『からかい上手の高木さん2』のオープニングテーマも担当することが発表された。どんなことにチャレンジしたのか、そして常に変わっていく中でどのように意識が変わっていっているのかを訊いた。 ――以前、インタビューで『ドラえもん』の歌をやってみたいと言われていましたが、『はなかっぱ』も国民的なアニメですよね。

      私もデビューする前に観ていて、これまでのオープニングテーマ、エンディングテーマを全部知っていました。

      そんな『はなかっぱ』の歌を歌える日が来るとは想像していなかったので、お話をいただいて嬉しかったです。 どの曲も明るくて、『はなかっぱ』という作品から、お花をモチーフにしていたり、カラフルなテーマが多かったので、そこはブレないようにしつつ、アニメの王道ですが、キャラクターの名前を入れた曲にしたいっていうのはありました。

      ――確かに今までの曲はギターがメインだったイメージがありましたが、今回は鍵盤からというのは感じられますよね。

      鍵盤の方がメロディがシンプルな曲になるのかなっていう気がしていて、そして今回は明るいメジャーど真ん中な曲ですよね。

      タイアップの曲以外は、メロディと詞が同時に出ることが多くて、タイアップの時はメロディを先に選抜してから、皆さんと相談して一番良いものを選んでいます。

      それにタイアップの場合は、歌詞のイメージをこうして欲しいという依頼があるので、先にメロディを作って、歌詞をじっくり考えることが多いです。 子供と触れ合う機会が私生活では少ないので、最初はすごく緊張していました。

      初めて会う子供たちといきなりMVを撮るっていうのと、子供たちも戸惑うんじゃないかっていう不安とか、どうやって自分が立ち振る舞えば、楽しく子供たちと接する事ができるかという不安があって、前の晩は寝れなかったです。現場ではみんな本当に純粋で、すぐに受け入れてくれてとても楽しかったです。 実はMVの最初にある、教室に呼び込まれるシーンが本当に最初に子供たちとの出会いです。って女の子たちが反応して色々と話しかけてくれたので、他のみんなも引っ張られて。 ――その状況の中で、テイクも重ねなきゃいけないところもあると思うんですが、歌ったり踊ったり、一緒に遊んだりっていう本当に幼稚園の先生みたいな感じですよね。

      ご飯を食べるシーンでは、飼っている犬の話をしたり。そして、はなかっぱとのダンスも披露されていましたが、結構キレキレでしたよね。

      いやもう、全然無理って思っていたんですけど、必死になって練習しました。

      ソロのところは電車の移動中とかに必死で観て覚えました。

      ただ、自分の曲に振りを付けてもらうというのが初めてだったので、純粋に嬉しくて頑張ろうと思いました。

      ――苦手意識みたいなものを払拭できて、新境地が見えたというか。 ――新しい楽曲がリリースされるたびに新しい扉を開いている感じがあります。踊りもやったし……ギター以外の楽器をやってみるとか。絶対にmanzoさんにやっていただきたいなって思いました。

      それで今回もハッピーが溢れるアレンジにしていただいて。って自分の演奏に対して、テンションを上げるアプローチしていました。

      私は違う日にレコーディングだったんですが、私もこうやって歌おうって思いました。

      バンドでライブをやったりとか、いろんな場所で鍛えられてきたのもあって、ちょっとやそっとじゃ動じなくなってきました。

      どこで歌っても誰に対しても、楽しめるようになってきたなっていうのはあります。 ――曲作りの段階から、聴いてもらえる人が見えるようになったと。 以前は応援してくださるみなさんに対して、求める事がなかったんだと思うんです。今はそこに楽しんでもらいたいっていう気持ちが出て来ています。

      深夜アニメのタイアップで20代がメインで聞くような曲から、今度は本当に小さな子が聞くような曲になっている。

      しかも、大原さんのファンにも納得してもらえるものを作るっていう、チャレンジもされていますよね。

      やっぱりカッコいい曲を支持してくれている方たちにはどうかなって思っていたんですが、皆さんすごく楽しんで聞いてくれていて。を子供たちだけに向けて作っている訳ではなかったので、ちゃんと届いたなって嬉しくなりました。

      やっぱりライブが楽しい、楽しくなってきたので、もっと曲をたくさん書きたいっていうのはあります。そして、書いた曲がどんな人たちに聞いてもらえるかっていうのは、自分が動かないといけない。フェスとか、アニソンだけじゃなくて違う人たちともライブをしてみたいです。みんなに笑顔になってもらえるような楽しい曲になっているので、ぜひ聴いて欲しいです。一緒に出演するYURiKAちゃんも別の映画になっているんです。ライブのバックで流す映画を1本作っちゃったんですよ。しかも主演は、事務所の先輩でもある上白石萌歌さんに演じて頂きました。

      セットリストを考えながら、映画のプロットを考えて……。2日目は私がホストで、YURiKAさんがゲストという形式になっています。

      2日間でそれぞれ流す映画も違うので、ぜひ両方とも来てほしいです。

      「あなたの好きな早乙女太一はここにもいる」中島かずきが語る演劇とアニメをリンクする物語作り 映画『プ..

      2007年に日本のみならず世界のアニメーションファンを震わせた作品がある、『天元突破グレンラガン』。劇団☆新感線の脚本家である中島かずきと、アニメーション監督今石洋之がタッグを組んだこの作品は、そのテーマ性と熱量で大ヒットを生み出し、後に『キルラキル』でも同様の興奮を生み出してきた。その二人が今回初のオリジナル長編アニメーション映画として作り上げたのが『プロメア』だ。

      『キルラキル』(今石洋之監督と中島かずき氏がシリーズ構成を務めたオリジナルアニメ。後で、劇場版をやろうというのは大前提だったんですが、せっかく劇場版なので今までやっていない事をやりたくて、ジュブナイルがやりたいと。 それで色々と相談しているうちに“炎”生命体のアイデアが出てきたんです。生きている炎と少年の出会いみたいなところで、『ヒックとドラゴン』(アメリカの3Dアニメ映画。みたいな話がやりたいという事で進めていたんです。僕が主導でプレゼンして、その線で行こうという事で打ち合わせをしながらコヤマシゲトさんにイメージボードを描いて貰ったりとか。脚本も三稿とか四稿まで行っていたんですけど、今石さんは何かが違うっていう話をされていたんです。 今石さんはアクション映画が撮りたくて、冒頭から主人公がアクションのど真ん中にいて欲しいと。ジュブナイルという少年成長譚になるとどうしても段取りがいるんです。 ――確かに冒頭から凄いハイテンポな作品ですよね。

      拝見させていただいて、『天元突破グレンラガン』(こちらも今石洋之監督と中島かずき氏がシリーズ構成を務めたオリジナルアニメ。繋がりというか、そこで描かれていた人間性みたいなものがそこにあったなと。 ――カミナはどこか達観して自分の意見を持っている。

      僕はやっぱり、自分がこれをやりたいんだと決めて、それを一点突破で解決していく人間っていうのが好きなんです。ただそれだけを全うする男がやりたかったんですよ。そういう意味じゃカミナとはまったく違って、カミナはもうちょっと抽象的な生き方なんですよね。

      自由になりたい、この環境ではないどこかに行きたい、上に行きたいっていうね。

      ガロは職業人というか、火災から助けられて命を繋いだ男なので。っていうプロフェッショナルな意識の持ち主なんです。 そう、だから実はこの映画の中でガロだけは変化しないんです。リオは逆に変わっていくんですよね、そのリオに対してもガロは最初から理解があるんですよ。彼は徹底的に火消しとしての本分を全うしようとする男なんですよ。彼が落ち込むことはあっても悩むシーンがないというか。そういう意味では、劇団☆新感線の舞台のキャラクターに近いですよね。

      今はもう少し複雑なキャラクターが多いんですが、今だといのうえ歌舞伎ではない方の、かな。まぁ、初期のいのうえ歌舞伎もそうだったんですけどね。

      捨之介に近い生き方をしてるっていうのをすごく感じました。

      声優さんの芝居って、物凄く精度の高いチューニングというか、正解に向けて削っていくというか、精度をどんどん上げて行く作業だと思うんです。生身でやっている役者さんの場合は、揺らぎというかふり幅があるんですよね。

      それはどっちがいいとか悪いではなくて、どっちの面白さもある。だからこそ、今回みたいにそれを合わせてハイブリッドにしていく面白さがあるんですよね。

      ――実際に上がってきた絵と声が合わさって、作品になった時にはどんな印象を受けられましたか。 『プロメア』はガロとリオとクレイの物語なので、それをちゃんと引き受けてくれている3人の芝居が想定していた以上にいいものだったんですよね。

      それに対して声優さんたちもこれまでに僕らの作品をやってくれている人たちだったので、脇を固めてくれてガイドラインを作ってくれたというか。 こっちの方向ですよっていう中に、真ん中の3人のちょっと揺れて落ちるフォークボールみたいな。ちょっと想像がつかないようなトーンの芝居が来たりっていう面白さがあり、それをガイドして運んでくれる周りのメンバーがいるみたいな。 ――堺さんなんか、まさにそんな感じですよね。

      ――個人的に凄く心に残ったのが早乙女さんのお芝居です。 いつもの新感線で僕が太一君にお願いしている芝居とほぼ同じパターンですよね。

      ――後半に向けてどんどん熱量が上がっていきますよね。

      松山さんは逆に冒頭から全力っていうのがまた良かった。今回の脚本で言えば、自分が今まで感じてきたものの、色々な集大成みたいなところがあるなと思っているので。 あんまりないですけど、物理的な問題ですよね。

      舞台でやれる限界とか人の出し入れとか、そういう事がアニメの方だと自由になるっていうのはありますよね。

      ――ここで着替えさせる時間が必要……とかですか。今石さんからカミナに七五調の名乗りをやらせたいと言われて。うーん、今更って思ったんですが、こんな感じかなと出してみたんですよ。そしたら監督は凄く喜んで、カミナっていうキャラクターが立ちますねって言われた。僕は、これ若い子たちにどれくらい伝わるのかと思っていたんですけど、想定以上にカミナっていうキャラクターが浸透して、受け入れられた。 うん、やっぱり日本人に七五調の名乗りは効くんだなと再確認できた。その後に『五右衛門ロック』を書いたんですけど、名乗りのシーンって『グレンラガン』からの逆輸入なんですよ。主要キャラクターが名乗って、五右衛門が名乗りビシっと決まるっていうシーンは最初は想定していなかった。書きながら、ここはリズム的に全員名乗った方がいいなと思ったんです。あの『五右衛門ロック』の名シーンは『グレンラガン』があったからだと。 相互理解のための努力っていうのだけが、この世を平和にするんだろうと思っている。

      ――中島さんの思いというか、人種差別を訴えた作品ではないんですが、そういうものに対するアンサーは含まれている気はするんですが……。今の世の中って分断が進んでいるんだと思うんです。うすぐ設立40年になろうというところですが、その中でずっと物語を作られてきて、時代によって自分の作品が変化してきた部分はありますか。いのうえ歌舞伎は昔よりガロみたいなキャラクターは減ってきていて、もうちょっと悩んだり、迷ったりする人の話にシフトしてきたのは確かにあります。考える事はありますけど、昔ほどシンプルではない複雑なものになってきている気はします。『プロメア』にはそういうワクワク感がありますよね。

      特に『キルラキル』なんて、頭のネジが外れた、人の話を聞かないキャラクターしか出さないと決めていた。そのうえで、服が生命体であるみたいな無茶な設定でどこまで伝わるか。自分が想定した何十倍もの作品になって出てきましたからね。

      例えばオープニングのシークエンス、20分のアクションですよ。最初から主人公を渦中に置きたいという意味が描かれている。

      スタイリッシュなオープニングから始まって、想像している以上に今石さんがアニメーション作家として上を行っている。

      僕は基本的に芝居も含めて注文住宅型というか、依頼されたものに対してどう答えるかというスタンスなんです。 ――でも中島さんが関わると作品に熱量が生まれていると思うんです。 うん、過剰なもの、行き過ぎたものが好きなんですよ。それがキャラクターでもいいですし、なんにせよ行き過ぎた人たちが好きなんですよ。過去、僕たちの作品が好きだった人たちには間違いなしの作品なのでぜひ来て欲しいです。観終わった後、スカッとすると思うので、音と光と声の嵐に巻き込まれたい人は是非! ――個人的には劇団☆新感線ファンにも見てもらいたいです。古田新太はいつものように飄々とした芝居をやっていますよ。

考察。「加東」とは何か?

「加東」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

  • タカハシ さん: 兵庫県加東市の景勝地「闘竜灘」。見てるだけで涼しい雰囲気を感じます‼️ pic.twitter.com/T3xdvJh2FA - 4 時間 11 分 46 秒前
  • キューまる加東店 さん: 『更新中』健康で楽しい暮らし。。キューまる加東店☆|qsaimarukan.sblo.jp/article/186282… - 24 分 6 秒前
  • やしろ国際学習塾🍀加東文化振興財団【兵庫県加東市】 さん: おぉ! レ・ロマネスク公式@06ma9 様から、 いいね!を頂きました。 ありがとうございます😊 個人的には、岩下の新生姜さんとロマネスクさんはぴったりだと思うのですが。。 でも、、加東市の歌も機会があればお願いできるのだろうか。。 トンネル トンネル〜(以下自己規制) - 45 分 8 秒前
  • 淡路水🍮🐰 さん: RT @horinlovebooks: <📢!開催中!📢> 💕加東鉄瓶先生「トゥードランク・トゥーハードオン」【抽選】著者サイン本 👓 受付期間:7月17日(水曜)23:59:00まで💨 campaign.horinlovebooks.com/schedule/624/ 加東鉄瓶先生が先日ご来店された際に… - 58 分 45 秒前
  • 人材ビジネスパートナー With さん: 明石市、加古川市、小野市、三木市、加西市、加東市、福崎、神戸市西区でお仕事をお探しの方は是非弊社ホームページで求人情報をチェックしてみてください!詳しくは人材ビジネスパートナー Withのホームページを確認してください jinzai-with.jp - 1 時間 7 分 32 秒前
  • うみうさぎ さん: 返信先:@youma3217 奈良(五條)、和歌山、草津、長浜、米原、敦賀、小浜、加悦、加東、加古川に行ってたよ - 1 時間 14 分 4 秒前
  • 色 さん: 加東「ドキュメント」 privatter.net/p/4768678 #エイトで妄想 pic.twitter.com/ibP3FNNuNs - 2 時間 10 分 5 秒前
  • 麗人編集部 さん: RT @reijin_editor: 【サイン入り色校プレゼント】 コミックス『トゥードランク・トゥーハードオン』発売記念 「#トゥードランクトゥーハードオン」とハッシュタグをつけて感想ツイートしていただくと抽選で2名様に加東鉄瓶先生のサイン入り色校プレゼント♪ 受付期間は7月… - 2 時間 34 分 1 秒前
  • 麗人編集部 さん: RT @reijin_editor: 【特典情報】 7月5日(金) 発売、加東鉄瓶先生の麗人uno!デビューコミックス『トゥードランク・トゥーハードオン』のあらすじ&特典情報を更新しました!描き下ろし紹介漫画も公開中です♪少しだけツイッターでもチラ見せ! 詳しくはぜひブログ… - 2 時間 34 分 11 秒前
  • 山本 さん: RT @tama3604: #埼玉大会 #第101回全国高校野球選手権 #埼玉高校野球 #草加東 追加点に歓喜の草加東スタンド &ダイナミック琉球♪ pic.twitter.com/fOnkLQuyQU - 2 時間 43 分 42 秒前
  • 柴崎 さん: あまぷらに加東さんがいるの……やば…… - 3 時間 22 分 37 秒前
  • キューまる加東店 さん: 『更新中』健康で楽しい暮らし。。キューまる加東店☆|qsaimarukan.sblo.jp/article/186282… - 24 分 6 秒前
  • やしろ国際学習塾????加東文化振興財団【兵庫県加東市】 さん: おぉ! レ・ロマネスク公式@06ma9 様から、 いいね!を頂きました。 ありがとうございます???? 個人的には、岩下の新生姜さんとロマネスクさんはぴったりだと思うのですが。。 でも、、加東市の歌も機会があればお願いできるのだろうか。。 トンネル トンネル〜(以下自己規制) - 45 分 8 秒前
  • 淡路水???????? さん: RT @horinlovebooks: <????!開催中!????> ????加東鉄瓶先生「トゥードランク・トゥーハードオン」【抽選】著者サイン本 ???? 受付期間:7月17日(水曜)23:59:00まで???? campaign.horinlovebooks.com/schedule/624/ 加東鉄瓶先生が先日ご来店された際に… - 58 分 45 秒前
  • 人材ビジネスパートナー With さん: 明石市、加古川市、小野市、三木市、加西市、加東市、福崎、神戸市西区でお仕事をお探しの方は是非弊社ホームページで求人情報をチェックしてみてください!詳しくは人材ビジネスパートナー Withのホームページを確認してください jinzai-with.jp - 1 時間 7 分 32 秒前
  • うみうさぎ さん: 返信先:@youma3217 奈良(五條)、和歌山、草津、長浜、米原、敦賀、小浜、加悦、加東、加古川に行ってたよ - 1 時間 14 分 4 秒前
  • 色 さん: 加東「ドキュメント」 privatter.net/p/4768678 #エイトで妄想 pic.twitter.com/ibP3FNNuNs - 2 時間 10 分 5 秒前
  • 山本 さん: RT @tama3604: #埼玉大会 #第101回全国高校野球選手権 #埼玉高校野球 #草加東 追加点に歓喜の草加東スタンド &ダイナミック琉球♪ pic.twitter.com/fOnkLQuyQU - 2 時間 43 分 42 秒前
  • 柴崎 さん: あまぷらに加東さんがいるの……やば…… - 3 時間 22 分 37 秒前

話題のトピック

ブログで注目


    Googleでホットな話題