なぜ「予防接種」なのか?

「予防接種」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      予防接種の受け忘れに注意! すっかり漏れていた4歳の日本脳炎 【うちのこざんまい 第11話】

      日本脳炎の追加接種をすっかり忘れていました。

      3歳で1回目、それからすぐの2回目を受けるときはしっかり頭にあったんですが、それから1年後に追加を受けないといけなかったんですよね! ポスターを見なければ全然気づかないままでした。
      関連キーワード - インフルエンザ -

      私のひとり旅のはじめ方。最初はみんな絶対怖い(伊佐知美寄稿文)

      知らない街、通ったことのない道、聞きなれない言葉、見たことがないモノ。 2016年4月に始めた私の世界一周のひとり旅は、そんなドキドキとワクワクに満ちた道が続いており、今もまだ終わっていない。きっとこれからも、カメラを片手に私はライターと、エディターと、フォトグラファーという肩書で生きていくんじゃないかと思うし、生きていきたいなぁと思っている。

      初めて海外の空港に立ったとき、足がすくみそうになったこと。 そんな格好悪いサムシングたちを、そのまま隠しておければいいのだけれど、当時は抱えたまま、旅していた。 振り返れば、最初は身近で小さな旅から始めていった。 私だって、誰だって、はじめから世界一周なんて、ひとり旅なんてできたわけじゃない。日常から一歩抜けて新しい道を歩けば、なんだか今までと違う自分に出会える気がしていた。村上春樹さんの紀行本『遠い太鼓』を読んで、書き物をしながら暮らせたらどんなにいいか、と毎晩眠る前に思っていた。ひとりで日本を、そして世界を旅し始めた20代 旅は、国内の旅を重ねながら、徐々に海外に移行していった。 初めてひとりで国内を移動したのは、たしか東京から金沢への夜行バス。現地で友人らが待っているとはいえ、新宿のバスターミナルから、ひとり深夜にバスに乗るそのステップは、緊張で踏み外しそうだったことを覚えている。

      青春18切符を握りしめて、そこから私は日本をめぐる。東京から新潟へ、さらにそこからフェリーで北海道へ。 片道切符で航空券を予約して、ひとり帰る日を決めずにふらり沖縄へと旅立ったのは、24歳のことだった。那覇の街中でひとりでレンタカーを借りて、ドライブで本島を一周した。
      それで、なんとなくもっと南に行きたくなって、旅の衝動に突き動かされたまま、宮古島行きの航空券をホテルのロビーにぽつんと佇むPCで予約した。 何も決めずに青い空と海のもと、歩いてあるいてぼーっとして。な、空白のある旅の楽しさ、その不安と喜びを、身をもって知ったのだった。 それからも国内はもちろん、韓国、台湾、サイパン、グアム。少しずつ物理的な距離を伸ばしながら、私は友人らとの旅を重ねてゆく。 そしてついに初めてひとりで向かった海外が、ニューヨーク。 自由行動の多いHISのパッケージツアーを予約して、4泊5日の弾丸旅行。その疑問に、街は世界で1番の都市の威厳をもって応えてくれた。交通手段と宿を個人手配する旅を、私は26歳で始める。やっとやっと、私は人生を賭けた夢の道に飛び出した。国内ならまだしも、海外だと怖いことだってたくさんあるし、ひったくり予防で車が通らない方の腕で鞄を持ったり、大通り沿いに宿をとったり。夜は街を歩きたい気持ちをぐっと抑えて、ひとり部屋に引きこもっていたりする。 360度どこへ行ってもいいし、行かなくてもいい。私がどこにいるか誰も知らないし、誰も知りたがりもしなかった。そのくせ目の前にいる異国の人たちは、私の目を見て笑いかける。 四季の移り変わりに合わせて、好きなときに心ときめく街へ出かけていく。荷物は小さなリュックと機内持ち込みサイズのスーツケースだけ。身軽で、空白をたくさん持って歩いたら、空いたスペースに思いもよらなかった出会いが滑り込んでくる。なんて言葉が流行ったけれど、ひとり旅なんかしても自分は見つからない。 フラットな目線で自由に見たら、自分を縛っていたのはほかでもない自分だと気づくはず。 ひとり旅は、結局世界の美しさを無言で見つめながら、自分自身と向き合う作業だ。

      旅先でとる何気ない行動に、人生の重要なキーが眠っていると私は想う。 見知らぬ街で私に会ったら、いつか話しかけてみてほしい。
      関連キーワード - インフルエンザ -

      バナナマン日村、男ならではのイライラした感情のぶつけ方を熱弁「女の人は分かるかな?ちくしょ~っ!って言いながら…」

      今回紹介されたのは、年末にインフルエンザの予防接種のため、近所の小児科に行ったところ、待合室で隣に座っていた子どもが、「気ぃつけや。称し、さらに度重なる子供からの質問を最終的に無視したようだ。

      「ちくしょ~ちくしょ~!!!って言いながら、気持ちいい~!気持ちいい~!ってなる感情。あまりの熱弁にスタッフからも笑い起こる中、投稿内容とシンクロする男性ならではの感情を問いかけていた。
      関連キーワード - インフルエンザ - 育児 - AbemaTV - インフルエンザ - バナナマン -

      インフルエンザの流行真っ最中! 発症して思いがけず大変だったこと【笑いに変えて乗り切る!(願望) オタク母の育児日記】 Vol.8

      こんにちは!イラストレーターのコイズミチアキです。 インフルエンザにかかり、困ったことはたくさんありましたが 中でも一番辛かったのがこれでした。 自分が眠くないばっかりに、ベッドの上を転がり回り キックや頭突きをされたりと散々でした。 結局ハルはインフルエンザにかからずに済んだので 来年からはワクチンを打とうと決意したのでした。
      関連キーワード - インフルエンザ - 育児 - AbemaTV - インフルエンザ - バナナマン - インフルエンザ -

考察。「予防接種」とは何か?

「予防接種」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

予防接種に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE4\xBA\x88\xE9\x98\xB2\xE6\x8E\xA5\xE7\xA8\xAE') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143