なぜ「中村織央」なのか?

「中村織央」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      「『あの人たちの生きざまが面白かった』と記憶に残ってくれたら」岡本幸江(制作統括)後編【「おんな城主 直虎」インタビュー】

      別れを惜しみつつも、鮮やかな幕切れに喝采を送ったのではないだろうか。その余韻をより深く味わい、この1年を振り返ってもらうため、制作統括の岡本幸江氏に制作の舞台裏を聞いた。 -盛りだくさんの内容で、見事な最終回でした。 -主演の柴咲コウさんをはじめ、全話を通して出演者の皆さんが役にぴったりはまっていました。

      さんが脚本に上手にフィードバックしていくんです。 -その他、キャスティングで工夫した部分はありますか。 今回、大河で初めてといわれているのが、早い時点で幅広い年齢層を対象に、大規模なオーディションをしたことです。私の頭にあったのは、六左と万福、高瀬の少女時代と成長後ですが、たくさんの方が応募してくれました。

      ただ、その役に当てはまらない場合でも、魅力的な方がたくさんいました。

      その中から、他の役で出演していただいた方がかなりいます。

      朝ドラの時、オーディションでいろいろな方とお会いして、この役はちょっと違うと感じた方でも、他にぴったりな役が出てきたので出演してもらったケースが結構あったんです。
      それで、直接会うことは利点だと思ったことが一つ。 ある映画を見たときに知らない俳優さんがたくさん出演していて、調べてみたら舞台を中心に活躍されている俳優さんで。そのときに気になっていた方の1人が、奥山六左衛門役の田中美央さんです。いい俳優さんだなと思っていたら、こちらのオーディションにも応募してくださったんです。 -オーディションで出会って出演された方は、他に誰がいますか。家康に仕え始めたころの小姓衆は、タモト清嵐さんをはじめ、みんなオーディションに来てくれた方です。 -視聴率については、どのように受け止めていましたか。 過去の作品と比べて高いわけではありませんが、若い層が熱心に見てくださった印象です。中でも、30~40代の現役世代が多かったようで、実際に自分が今いる会社や社会で、矛盾やあつれきを感じながらも、一生懸命に生き延びようとしている方たちが身近に感じてくださっていたのかなと。

      ただ、直虎という人は決してスーパーヒーローではありません。
      どんなにつたなくても、どんなに自分のできることが限られていても、自ら汗を流して、より良い時代や社会のために奮闘する主人公です。そういった姿に現役世代が共感してくださったというのは、非常に有り難く、うれしいことでした。 -働く人々という点では、戦国時代の農民の生活が丁寧に描写されていたことも特徴的でした。30年前と比べても、新しく分かったことがかなりあります。訴える場面がありましたが、ただ虐げられるだけではない百姓の姿もその一つです。 あとは私事ですが、実家が林業をやっていたので、木が盗まれる話は、実は祖父の体験談なんです。自分が生きている間には現金化できず、次の世代、その次の世代になってやっと商品になるという時間がかかるものなんです。そういう息の長いものであるという話も森下さんとしました。

      いえ、最も強く反映されているのはやはり題材選びです。戦国時代に生きる人でありながら武将ではない、という一事をもってある程度、方向性は決まりますから。
      関連キーワード - NHK - 視聴率 -

      「おんな城主直虎」49話「伊賀超え」を芝居で乗り切ったことで、たぬき・家康の萌芽を描いた冴え

      音響がめちゃめちゃいいわけではないとはいえ、やっぱり大きなスピーカーから音が出て、しかも大画面なので、盛り上がる。何かにつけて、目をカッと見開き、音楽が大きく鳴ると、客席は湧いた。再会するも、甘い感傷がなく、事務的で、龍雲丸ががっかりするみたいなエピソードにも笑いが漏れた。 放送前の30分、菅田将暉が場をあたためにあたためまくっていたので、いっそう愉快に見られたと思う。主演しているだけはあり、菅田将暉のトークは自然と随所に笑いが付加されていた。 このトークショーに関することは後述するとして、まずはいつもの振り返りを。 信長に誘いに乗ったふりをして安土城に出向き、緊張のなか、接待を受ける。暗殺首謀者がいなくなって、不安ななか、信長が自ら食事を出してくるものだから、毒が入っているんじゃないかと、どきどきするチーム徳川。 刻一刻と変化する空気を読みまくり、自分たちに都合いいふうにことがすすむように、即興芝居をはじめる家康たち。を掛詞にして穴山のことを匂わせるというニクイ展開は、視聴者を喜ばせた。まさに、演劇人が集結したからこその、言葉にせずとも話が進んでいく 小気味いいシークエンスとなった。 みのすけの事務所MASHの社長から、彼が起用された意味があとでわかるというような意味深なことを以前聞いていたのだが、このエピソードのことを意味していたのかもしれない。あったと描いているようで、森下佳子のユーモアあふれるアイデアが冴えた。 それまで、阿部サダヲの家康はいい人過ぎて、狸親父感がないなあと思っていたら、家康の人生にとって、ひじょうに大変だった局面を超えたことで、家康が武将として成長した姿を、コント仕立てに見せながらしっかり描くとは、森下こそ策士である。 ついでに言えば、皆が、忖度しまくっていた信長自体は、じつは、家康に対して悪いことを考えてなかったらしいという種明かしもあって、近年数多くつくられている裏を読み合う心理戦ドラマのアンチテーゼにもなったように思う。彦根観光協会、NHK大津放送局、彦根市の共催で、ゲストを、出てくるまで秘密にしていたことも、なかなかない企画だったのではないか。名前は徹底的に秘されたものだから、5時30分になって、菅田将暉が禅堂に登場したときは、大歓声で迎えられたのだ。

      49回の雰囲気では、どんなふうに終わるかまったく先が読めないが、最後まで楽しませてくれるに違いない。
      関連キーワード - NHK - 視聴率 - NHK - 宮藤官九郎 - 市川海老蔵 -

      「おんな城主直虎」47話。溜めに溜めて、政次(高橋一生)の回想シーンが出た

      自分には力がないゆえにそなたらの力を貸してほしいと民衆に頼んだことを、万千代が引き継ぐ。なんだか学園ものみたいにさわやかに一丸となっている。

      さらに、かわいい顔立ちの万千代と、いかにも強者の武将というイメージではない者達が天下統一に立ち上がる様は、弱くても勝てます的な希望を感じさせる。死のうとするすんでのところで、救うところは痛快だった。忠次は、狡猾な人なのかとも疑っていたが、そういうわけではないみたいだ。

      悪気がないながら、ひとの足を引っ張ってしまう人はいるという役割を担っているのだろうか。 46話では、回想シーンも名前も出さなかった森下佳子脚本と渡辺一貴演出だったが、ここぞとばかりに、政次を出してきた。出さないのがかっこいいと思って見ていたが、小出しにしないで一気に出す効果を狙っていただけだったのか。武力で敵を滅ぼすことを命じ、天正10年、武田勝頼が自刃し、武田は滅亡する。 なんの落ち度もない者たちの命を奪う織田に対して、直虎は、何か天下布武かと懐疑的になる。 いとしき者を奪われ、誇りを奪われた者たちが彼に従い続けるわけがないと。っとも、その信長は未来から来た高校生だったのだが。どうやら、誰もが、高橋一生には悲劇的なものを背負わせたくなってしまうようだ。

      言うが、だからこそ、今度こそ、その先へ行くのだという、井伊と徳川の気持ちの高まりを描く。 そして、忍耐のすえ、ついに家康は駿河を手にする。最終回で、家康と戦って果てるのだと思うと、なんだか少しせつない気がする。 2年続けて、大河がそういうテーマを掲げていることも興味深いし、立場が変われば、正義のあるところも変わる。織田も豊臣も徳川も書き手の視点によって、見え方が大きく変わることが、示唆的に思える。信長は、気持ちを寄せるところがまったくといっていいほどない非道な人物に描かれているが、こういうサブタイだと、少しだけ親しみがもてるような気がしないでもない。
      関連キーワード - NHK - 視聴率 - NHK - 宮藤官九郎 - 市川海老蔵 - フジテレビ - NHK - TBS - 視聴率 - 陸王 - 高橋一生 - わろてんか - 民衆の敵 - 市川海老蔵 - 小栗旬 - 菜々緒 -

      「直虎」石川数正役で話題のイケメン・中村織央 転機となった作品は!?

      結局、これをきっかけに井伊家は窮地に追い込まれるのだが、ストーリーはもちろんのこと、突如現れた中村にも注目が集まっている。

      スピンオフでは、長年の苦労から風貌が変化したという設定で、キャストが千原せいじに変わっていたのも印象深い。Nutsのミュージックビデオで、“イケメンすぎる”R-指定を演じたことを知っているかもしれない。 時代劇といえば、初体験の俳優が苦労するのが所作。「殿である阿部サダヲさんとゆっくり話せたときに、『スタッフジャンパーがかっこいい』という話になったんです。 だが、数正としての阿部=元康への忠誠は篤い。「阿部さんが演じる本当に愛らしい元康と、菜々緒さん演じる瀬名がそろうと、とても似合いのおしどり夫婦。映画出演で犯した“過ち”が転機に! そんな中村だが、スカウトをきっかけに芸能界入りするまでは、芸能の仕事にあまり関心がなかったと言い、それがきっかけで“やらかした”こともあったという。初めて出させていただいた作品で、指示されたところに立っていたとき、下にテープが貼ってあるのに気付いて。 「『ソフトボーイ』(2010年)という映画に出たときのことです。まだまだキャリアも浅い僕を使ってくださって、長期でロケに行ったんです。映画は、男子ソフトボールに青春を懸ける高校生の物語だった。朝ドラと大河の両方に出演を果たした今も、浮き足立つことはない。通行人Aでも総理大臣でも、そこで100%を出さないと意味がない。当たり前のことですが、それを当たり前にできないと、そこから派生するものはないと思うんです。
      関連キーワード - NHK - 視聴率 - NHK - 宮藤官九郎 - 市川海老蔵 - フジテレビ - NHK - TBS - 視聴率 - 陸王 - 高橋一生 - わろてんか - 民衆の敵 - 市川海老蔵 - 小栗旬 - 菜々緒 -

考察。「中村織央」とは何か?

「中村織央」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

中村織央に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 及川さんと呼んで★さん: RT @ta2tera1120: 【定期】好きな声優 鈴木達央/寺島拓篤/上村祐翔/斉藤壮馬/浅沼晋太郎/逢坂良太/石川界人/梶裕貴/近藤隆/中村悠一/岡本信彦/鈴村健一/宮野真守/杉山紀彰/福山潤/逢坂良太/戸松遥/寿美菜子/豊崎愛生/高垣彩陽/茅野愛衣/石原夏織/東山奈央/… - 14 時間 29 分 6 秒前
  • あおいさん: 中村織央さんSNS一切やってなくてつらたん かっこよすぎてむり…ッ!!!!
    > https://t.co/08K1vXn2OZ

    - 3 日と 22 時間 17 分 26 秒前

話題のトピック