なぜ「上毛新聞」なのか?

「上毛新聞」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      6度引退→復帰の大仁田厚に聞く「今度こそ本当に引退?」さらに、政治と地方とアントニオ猪木──

      引退試合を目前に控えた大仁田を直撃し、引退に至る経緯を聞きつつ、元参院議員でもある氏に来たる衆院選についての話も聞いてみた。って言われますけど、肉体的な問題もあるし、もうボクの時代じゃないですよ。ボクはプロレスが大好きだし、今でも何千人というお客さんは呼べるけど、最後の幕引きをしなきゃいけない。タッグを組むKAIは、ボクのファンでプロレスラーになった選手。このメンバーで電流爆破をやるわけですから、どんな試合になるか想像もつかない。アントニオ猪木さんの弟子である藤田選手と対戦します。そのライバルだった猪木さんとは、対戦要望を出して、実現目前までいったけど、諸々の事情で流れて、交わることができなかった。だったら、最後に猪木さんの遺伝子である藤田選手と闘ってみたいと思ったんですよ。プロレス界の首領なら、もっとドーンと構えてほしいよ。考えたけど、あそこはもうアメフトやサッカーのスタジアムで、思い出深い川崎球場じゃないんですよ。後楽園はデビューした場所だし、全日本プロレスで最初の引退式をやった場所でもあるし、思い出がいっぱい詰まってるんです。工藤選手の気持ちはうれしいけど、それは出ません。
      それをやったら、10月31日のチケットを買ってくれたファンを裏切ることになる。遠方の人で、休みを取って来てくれる人もいるわけだし。その話が出て、チケット購入者からキャンセルが出たりしましたけど、それは100パーセントないです。 大仁田いやー、ボクは商売には向いてないですよ。じいちゃんが商売人だったけど、博打じゃないけど、相場師みたいなもんだった。うボクの時代じゃないって!

      ただ、たとえば老人ホームとか慰問して、そこでリングを作って、アマチュアとしてやることはあるかもしれない。それはあくまでもボランティアであって、プロレスラーとしてではない。プロレスラーの大仁田厚は幕引きで、もう幕を開けることはないです。を掲げて、全国300カ所くらい回ったんですけど、地方の活性化にはプロレスがいいって思うんですよ。地方でやると、おじいちゃん、おばあちゃん、子どもたちが来るんです。東京中心の世の中で、すべてが東京に集まる中、地方はどんどん過疎化して、空き家問題もある。って言いますけど、たばこ税の多くは地方税ですよ。規制に入ると、地方の財源はどんどんなくなっていく。地方は官僚や有力な国会議員に頭を下げて、補助金をもらう状態。希望の党、立憲民主党もいいけど、誰か地方党とかいって名乗り上げる人はいないのかと思う。沖縄県みたいに、政府に反発すると、補助金も削られて、締め付けられて財源がなくなっていく。地方にはその地方の特色があって、地方新聞があるんです。たとえば群馬に上毛新聞、栃木に下野新聞というのがあって、シェアが80パーセントくらいある。共同通信とか大きなところと提携は結んでいるんだろうけど、地方新聞が立ち上がるべきじゃないかと思うんですよ。なんか、陳情に来ると、その場で官僚に連絡して、その場で話を決めたっていう伝説がある。リベラルという意味は非常に難しいけど、大衆主義的な傾向があって、はき違えがある。って、議長の胸ぐらをつかむぐらいの気持ちを持った人が出るべき。自国は自国で守らないといけないし、日本という国の存在感を高めないといけない。選挙権も18歳からになったわけだし、投票率が100パーセントになれば、日本の国は変わりますよ。政権になって、5年近くになるけど、お灸を据えないといけない。野党にがんばってもらいたいけど、選択肢がなかなかないな。だって、なんのために行ったのか、中身がないじゃない。をやった成果があるんなら、ミサイルは撃ってこないだろ。 大仁田1期で辞めたのは、政治家になりきれなかった男だからかな。2島だけでも返還されれば、北海道の漁業の人たちが、そっちの方にも鮭や昆布を取りに行けるでしょ。北海道は拓殖銀行が潰れて、経済が落ちたけど、そのときにがんばってたのが宗男さん。今でも、あの年になって、がんになっても、立とうとする精神力は買うべきだよ。ボクはいろんな都市を回って、たくさんの市長や知事に会ったけど、どこかお手本になるような都市作りをしてくれないかな。日本は根本に立ち返り、家族とは何か、きょうだいとは何か、友人とは何かを考えるべき。 大仁田今のところないけど、どこかでボクを生かしてくれる所があれば、立ちたいという気持ちはメチャメチャ持ってます。それでは最後に何かメッセージがあれば、お願いします。

      って書き込みしてる人がいるんだけど、その件はもう鳩山家との間で解決してますから。それでも文句ある人は、ボクのところに直接聞きに来てください。高校を3日で中退し、73年10月、旗揚げしたばかりの、故ジャイアント馬場率いる全日本プロレスに新弟子第1号として入門。74年4月14日、後楽園ホールでの佐藤昭雄戦でデビュー。戦線復帰はしたものの、左膝のケガは癒えず、85年1月3日、後楽園で引退式を行う。88年12月3日、ジャパン女子プロレスのリングで復帰。有刺鉄線、電流爆破など過激デスマッチ路線で新境地を開拓。社長兼エースとして、同団体を牽引し、“涙のカリスマ”と称される。96年12月に復帰すると、以後、引退、復帰を繰り返す。42歳で駿台学園高等学校を、47歳で明治大学政治経済学部経済学科を卒業。
      関連キーワード - 大仁田厚 -

      15歳でコーヒー店のマスターに!発達障害の才能を活かす3つの方法

      今年、ある新聞で、発達障害を抱えながらも15歳という若さで自家焙煎したコーヒー豆のお店を開業した少年の話題が取り上げられました。

      ただ岩野さんは、幼い頃から同じ調味料でもメーカーの違いが分かるなど、類まれなる嗅覚と味覚を持っていました。

      また、ひとつのことには熱中する性質で、たまたまコーヒーに興味を持ち、そこから岩野さんのコーヒーの研究が始まったといいます。

      やがて両親の協力のもと、自宅近くの空き小屋に自家焙煎のコーヒー豆を販売するお店をオープン。 岩野さんのように、発達障害の子には何かの能力は低いけれど、何かの能力はずば抜けて高いといった特徴がみられることがあります。 その特徴のひとつに集中力が高く、好きなものをとことん突き詰められるというものがあり、たとえば研究職など、ひとつのことを極めていく仕事には非常に向いているのだとか。その才能を見つけ、伸ばしてあげるために、次の3つのような方法を取り入れてみましょう。 まずはいろんなことにチャレンジさせる 発達障害があってもなくても、子供の才能を伸ばすのに共通して大事なのは“子供がどんな才能を持っているか、親や周りの人が知る”ということ。 失敗を恐れず、いろんなことを経験させて子供の強みをよく観察しましょう。 好き、得意を伸ばすことに集中する 子供の好きなことや得意なことがわかったら、それを伸ばすことに集中できる環境を準備してあげましょう。一般的な教育だけでなく、子供の興味に合わせて個別に教育していくことが重要です。得意分野での成功体験を重ねると自信にもつながります。 苦手を補うサポートをする 大きな苦手がある部分はそれにばかり注目せず、本人ができる方法や得意を生かす形で取り組ませることを心がけましょう。苦手をあらゆる方法を変えて補うようにサポートしてあげることが大切です。 発達障害の子供の才能を引き出すには、親や周囲の大人がまずは深い理解を示してあげること。
      関連キーワード - 大仁田厚 -

      ngAPデビュー25周年 新聞の読者投稿欄にお祝いメッセージあふれる

      年末での解散を発表しているためか、当の本人たちや事務所は非常に静かなのだが、日本各所では大盛り上がり。解散を認めたくないファンと思われる人たちが投稿していたようだ。

      などにも25周年お祝いメッセージが掲載されたという。 全国でSMAPをお祝いしていることにファンは感動し「SMAPはもちろん、SMAPファンってホント最高なんだよね。

      「いろんな新聞でお祝い掲載してくれてて本当に嬉しい。して、そのイベントは中止になってしまったようだ。

      だがそれでも、9日にはファンが西武園ゆうえんちに多数集まった。これを予期していたのか、園内ではSMAPメドレーが流れているという。
      関連キーワード - 大仁田厚 - ngAP -

考察。「上毛新聞」とは何か?

「上毛新聞」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

上毛新聞に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 瀬部たけし❁✿❀さん: 桐生の魅力、写真で表現 小野さん最高賞|文化・イベント|上毛新聞ニュース
    > https://t.co/ttcOkvHNDA

    - 18 日と 19 時間 39 分 27 秒前
  • じゅんこさん: 上毛電鉄新春イベントに1200人 「スーパーベルズ」立ち見も /群馬みんなの経済新聞ネットワーク - 18 日と 20 時間 30 分 51 秒前
  • 鳴月さん: @rinniyaku 上毛新聞の記事見たらそっちだった!笑ありがとう~ - 18 日と 22 時間 3 分 16 秒前

話題のトピック