なぜ「リーディングスキルテスト 偏差値」なのか?

「リーディングスキルテスト 偏差値」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      関連キーワード

        子どもの基礎読解力を高める3つの方法

        進学や就職にも影響 中学生3年生の15%は主語がわからないなど、基礎的読解力が著しく不足していることが国立情報学研究所の新井紀子教授や名古屋大学などのグループの調査で明らかになりました。

        オーストリア、次いでチェコスロバキア西部を併合したドイツは、それまで対立していたソ連と独ソ不可侵条約を結んだうえで、1939年9月、ポーランドに侵攻した。 基礎的読解力はいわゆる国語力とは異なり、運転免許など日常に必要な資格取得に関しても大きなハンデとなる可能性があり、中学卒業までに中学校の教科書程度は読めるようにしておかなくては将来の就業にも影響することが予想されます。また、そこまでひどくなくとも約半数の中学生が文章を読み取る力が弱く、普段から文章を読んだり書いたりすることが少ない現状が浮き彫りになりました。

        一方、読解力が高い生徒ほど偏差値の高い高校に進学していることもわかりました。

        つまり、読解力による進学格差や将来の所得格差へとつながるもので、子どもが小学校の頃から意識して読解力をつけるようにしておくことで、高校進学や大学進学も有利になるということです。子どもに解説してもらうまず一番におすすめなのは週末などに15分間だけ数学、理科、社会いずれかの教科書を親子で1ページだけ音読し、そこに書かれてある専門語句の意味を子どもに問いかけ、子どもに解説してもらうという方法です。 最初子どもが慣れないうちは親が大いに助け舟を出しながら解説してもらいましょう。他者に説明することでさらに理解が進み、それがまた読解力アップにもつながります。家庭学習の際には問題を音読して解くようにする次に面倒臭がって問題文をちゃんと読まずに問題をやろうとする子がいます。

        これが常態化すると短文であっても意味が理解できない子になってしまいます。

        新聞のコラムを書き写し、わからない言葉があれば両親に尋ねます。親もわからないことがあれば辞書やインターネットで一緒に調べます。毎日やるのが理想ですが1週間に1、2回であっても着実に力はつきます。接する機会が減っていることと難しい文章を読む機会が減っていることが原因です。 親はどうしても目の前のテストの点数に目を奪われがちですが、子どもの読解力養成こそが学力向上の鍵を握っていると認識を改め、その対策を意識的に進めていくことが重要になってきています。

    考察。「リーディングスキルテスト 偏差値」とは何か?

    「リーディングスキルテスト 偏差値」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

    GGRYみんなの意見

    • 40maruさん: リーディングスキルテスト受けてきた。 推論だけ、偏差値39で真面目に試験受けたかって評価されてつらさある。 - 1 日と 5 時間 44 分 45 秒前

    話題のトピック

    ブログで注目


      Googleでホットな話題