なぜ「ラストゲーム」なのか?

「ラストゲーム」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      鈴木愛が逃げ切るのか はたまた韓国”三銃士”が奇跡の逆転を果たすのか 賞金女王を決する「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」

      トーナメントも、いよいよこの『LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ』で締めくくり。今季の38試合目を誰が制し、2017年の賞金女王は誰になるのか、注目のラストゲームが幕を開ける。そして、先週の『大王製紙エリエールレディスオープン』を制し、今季2勝目を挙げた申ジエなど、韓国勢は実力者ぞろい。 ここ7年間は2013年の森田理香子以外は日本人が賞金女王になっていない。打倒外国勢を意識して臨む日本の女子プロも多くなったが、今季は今までに計15人の日本人プロが優勝を飾っている。

      今シーズンの特徴は“初優勝”と“復活優勝”が多かったことだ。

      初優勝組としては6月の『ヨネックスレディスゴルフトーナメント』の青木瀬令奈を皮切りに、森田遥、川岸史果、永井花奈、福田真未と5人も誕生。昨年の『日本女子オープンゴルフ選手権競技』で初のアマチュア優勝を遂げた畑中奈紗の“プロ初優勝”を入れれば6人となる。 “復活組”はなんと言っても比嘉真美子だろう。レディス』で2勝を挙げ、大器として期待された逸材だ。

      しかし、翌2014年にドライバーイップスにかかり、序盤のトーナメントから怖くてドライバーを振れなくなり、シード落ちを味わった。ゴルフを辞めようと何度も思った比嘉は、“自分に優しく”することで克服。『NEC軽井沢72ゴルフトーナメント』で3年ぶりに涙の復活優勝を遂げた。地元熊本で開催された『KKT杯バンテリンレディスオープン』をほぼ手中に収めていたのが、最終ホールの池ポチャでスルリと逃げ、復興に汗を流す被災者に優勝というプレゼントを捧げることができなかった。彼女も引退が頭によぎっての優勝だっただけに、その復活劇に涙したファンも多かったに違いない。ホールインワンなどで勢いに乗り、5年ぶりの美酒を味わった若林舞衣子。そして2年ぶりだが笑顔での優勝をした成田美寿々が挙げられる。ちろん、菊地絵理香や西山ゆかり、吉田弓美子、鈴木愛、穴井詩ら2勝目以上を挙げた選手も5人いる。

      現在、賞金総額でトップなのは、大王エリエールで2位に入り、賞金女王の栄冠を手繰り寄せた鈴木愛。しっかりとダウンブローに打てるアイアンショットも然ることながら、とにかくパットの上手さは他者を寄せ付けない。結果パーでも1パット目で同伴競技者を幾度もヒヤッとさせた。その結果を生み出しているのは、暗くなるまで残ってのパッティング練習の賜物だ。

      鈴木が崩れることはまず考えられない今、いずれもその背中は遠いながら、もちろん3人とも日本の賞金女王を諦めてはいない。この3人の中でもっとも賞金女王の称号を得たいと思っているのは、申ジエを置いていないかもしれない。2014年から参戦している申ジエは、大好きな日本だからこそ、この称号を2人より先に手にしたいと思っているだろう。いずれにしても、今年最後に笑うクイーンはただ一人。

      私服も公開!チアガールの素顔に迫る!先輩編【Go!Go!シーホースvol.10】

      vol.08では、チアリーディングチームはB.LEAGUE(以下Bリーグ)を語る上で欠かせない存在と書いた。 アリーナで輝くチアガールは、学生やOLなど、もう一つの顔を持つ。ダンスの仕事に就く女性もいるが、チアガールの収入だけでは暮らしていけないのが現状だ。

      Girlsなら、基本的に毎週木曜日の夜が練習日で、ほとんどが終電の時間にまで及ぶ。週末になれば試合で丸一日が拘束となり、月曜日にはもう一人の私が始まる。こうした時間の捻出はもちろん、食事管理や個人練習など、プロフェッショナルな意識も求められる。それに見合った報酬を得ているかと言われればクエスチョンがつく。ダンスやバスケ、仲間と過ごす時間など、さまざまな意味が含まれるだろう。損得勘定を抜きにした純粋さやひたむきさ、情熱があるから観客の心を動かすのだろう。長年、アリーナに足を運んでいるブースターの中には、チアガールのファンも多いと思う。彼女たちを応援したくなる気持ちが、今はとてもよく分かる。 今シーズン、千葉ジェッツがチアガールの一人と専属マネージメント契約したことが話題になった。今後はこのような流れが少しずつ波及していくかもしれないと期待している。

      そうなれば一人のバスケファンとしてもこれほど幸せなことはない。Girlsの先輩たちを紹介していこう! キャプテンのCHIHOちゃんはOLとして働く傍ら、ダンススクールの講師としても活躍中。「加入して6年目ですが、ここまでメンバーが変わったのは初めて。 チアドラゴンズで活躍した経験を持つ副キャプテンのNANAKOちゃん。「今年は学生のメンバーが増えて、とても元気のあるチームになりました。

      ダンスやヨガのインストラクターとしても活躍するMIKUちゃん。 昼間は家業を手伝いつつ、ダンスの先生としても活躍するALISAちゃん。「Bリーグは2年目を迎えて、さらに盛り上がっているのを感じます。「去年のラストゲームになった栃木ブレックス戦の熱が今でも心の中に残っています。

      これからはアリーナを楽しませてくれる彼女たちの姿にも注目してもらいたい。

      【絶対泣く】スラムダンクの泣けるシーン10選がヤバイ! どんなに涙があっても足りない超名作

      2016年にはプロバスケットボールリーグのBリーグが誕生したが、かつてキャプテン翼の読者が日本サッカー界を支えたように、スラムダンクに影響を受けた選手たちがBリーグを支えていると言っても過言ではないだろう。スラムダンクでは素人の成長、弱者の挑戦、ヤンキーの更生、ゴリラの躍動などが見事に描かれていて、読者の涙を誘う感動のシーンが凝縮されている。

      ジャンプコミックス全31巻を一気に読んだなら涙なしには読み切ることはできないはずだ。

      そこで今回はスラムダンクの泣けるシーンを編集部の独断と偏見でピックアップ。県大会決勝リーグでついに海南大附属高校と対戦することになった湘北高校だが、その一戦でキャプテン赤木が試合中に足を捻挫し、痛々しいほど大きく腫れ上がってしまった。この試合のために3年間かけてきた赤木の気迫が読者の感動を誘うシーンだ。

      これはスラムダンクを代表するあまりにも有名なセリフ。中学時代に試合を諦めかけた三井にボールを差し出し、優しく声をかける安西先生。このセリフはスラムダンクファンのみならず、すべてのスポーツファンの胸にグッと突き刺さった。安西先生の言葉を座右の銘にしてスポーツに打ち込む選手はきっと今も多いはず。赤城と同学年の三井だが、1年時にケガをして離脱。その後非行に走りチームを離れてしまっていた三井が更生しチームに合流、3年の最後の大会になってようやく赤木と三井のコンビが実現する。木暮は三井の復帰によってスタメンを剥奪されているのだが、そんなことはどうでも良くなるほどに、この2人が協力している姿が感動的だったのだろう。木暮の思いと優しさが伝わる一言には激しく感動させられた。采配ミスを悔いる田岡監督のセリフもまた胸を熱くさせる。県大会決勝リーグのラストゲームである陵南戦の前日も練習をしていた副キャプテンの木暮。このシーンには伏線があり、県大会決勝リーグ初戦の海南戦では桜木のパスミスをきっかけに敗戦。声をかけていたのだが、それから最終戦までの間に桜木は劇的に成長し、最後は逆の立場になったというわけだ。

      仙道、魚住と言った超高校級のプレイヤーを擁し、なおかつ湘北戦で優位な展開からの逆転負けを喫してインターハイ出場を逃してしまった陵南高校。現在の日本でここまで部下をかばえる上司が存在するだろうか。小学生の頃にはわからなくても、社会人になって読み返すと感動させられるシーンである。ずっと赤木のワンマンチームだと言う評価を受け続けていた湘北高校だが、山王工業戦でチームメイト全員を頼もしく思えた赤木がタイムアウト中に口にできなかった心の声。「オレたちゃ別に仲良しじゃねえし、お前らには腹が立ってばかりだ。

      赤木の苦悩がしっかり描かれていたからこそ美しく見えるシーンなのだ。

      山王工業戦のラストで流川から桜木にパスを出し、桜木がきっちりとシュートを決めたあと、無言で二人がハイタッチを決めるシーンも最高の感動シーンだろう。流川はここまで桜木に対して自分の意志でパスを出したことがなかったのだが、最後の最後で桜木を信頼し、桜木もしっかりと応えたシーンの喜びが無言のカット絵1枚で表現されているのだ。

      感動を通り越して圧倒されてしまうシーンでもある。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。
      関連キーワード - スラムダンク - 井上雄彦 - トリビアニュース - 話題 -

      そして伝説へ… “二刀流”大谷翔平が見せた「漫画みたいな世界」

      10月4日、日本ハム対オリックスの試合が札幌ドームで行われた。今季最後のホームゲームという事もあり、日本ハムは並々ならぬ気合が入る。この試合で、日本での活躍が見られなくなるかもしれないと思うと、非常に残念である。
      関連キーワード - スラムダンク - 井上雄彦 - トリビアニュース - 話題 -

考察。「ラストゲーム」とは何か?

「ラストゲーム」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

ラストゲームに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE3\x83\xA9\xE3\x82\xB9\xE3\x83\x88\xE3\x82\xB2\xE3\x83\xBC...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143