なぜ「メガファーマ」なのか?

「メガファーマ」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      武田薬品、社内で広がる「不協和音」…外資系へ売却説の真相

      同社内には、失望と深いため息が広がっているという。当時社長だった長谷川閑史氏に7項目からなる質問状を事前に提出し、“創業家の反乱”と大騒ぎになっていた。総会で議長をつとめる長谷川氏が質疑に入る前に、7項目の質問に回答した。 ウェバー氏の社長起用について「当社があらゆる面においてグローバルに競争力のある会社になるためには国籍や人種にかかわらず、グローバルに通用する人材をキーポジションに就ける必要がある。質問に対する長谷川氏の回答で白熱したが、採決の結果、ウェバー氏の取締役選任は可決された。ウェバー氏は15年4月からCEOを兼務、権力移譲が進んだことを受けて長谷川氏は17年6月の総会を最後に取締役を退任。 ●外国人で固めたウェバー体制 ウェバー体制は強固になりつつある。ウェバー氏が社長に就いたとき、COO直属の経営チームをつくった。 経営会議のメンバー14人のうち、外国人は社長のウェバー氏を含めて11人。アフェアーズオフィサーの平手晴彦氏、グローバルジェネラルカウンセルの中川仁敬氏の3人だけ。 TETの重要な仕事に、将来の経営幹部を育てることがある。TETは年3~4回、世界中から優秀な人材をピックアップし、ディスカッションさせる。ここで5年から10年先に経営幹部になる候補者を決めている。

      将来、TETのメンバーになる経営幹部見習いの上位300人、いわゆるシニアリーダーは圧倒的に外国人が多い。経営幹部を夢見てきた武田の生え抜きの日本人社員たちはおもしろくない。経営会議のメンバーの平手晴彦氏が、日本人社長の有力候補と目されている。

      独ドレーゲル日本法人を皮切りに、外資系の渡り鳥人生を歩む。平手氏をスカウトしたのは、萬有製薬の大株主の米メルクだった。武田社長だった長谷川氏が10年7月、平手氏を武田のアジア販売統括としてスカウトした。 欧米の製薬会社のトップはスカウト人事が普通。ウェバー氏が武田で実績を上げれば、世界のメガファーマのトップに引き抜かれる可能性は高い。武田を海外企業に売却するのではないかとの噂が消えない理由が、ここにある。私は長期の視点で経営し武田への忠誠心を持っている。

      相次いでいるが、日本の製薬企業は世界のM&A市場で蚊帳の外に置かれていて存在感が乏しい。メガファーマは日本市場に参入するために日本企業を買収するのが早道と考えてきたが、今やほとんどの外資系は日本法人を持っている。

      日本の製薬企業がメガファーマの買収の標的になる可能性は、相対的に低いとみられている。

      発言は、メガファーマが武田に食いつくことはないと読んでいるからだ。

      し、仮に世界のメガファーマに武田が買収されれば、その会社から社長が派遣されてくる。

      武田薬品すら買収の標的に…日本の製薬業界、巨大海外勢の草刈場化か

      10月末までに全株式を取得し、完全子会社として連結決算に組み入れる。取得価格は17.5%のプレミアムを上乗せし、1株39ドルとする。開発中のパーキンソン病治療薬は、皮下注射や皮膚に貼り付けるパッチ製剤によって、飲み薬では難しい安定した濃度で投与が可能になるという。 パーキンソン病は進行性の難病で、慢性的な足の震えや動作が緩慢となるなどの症状が出る。患者数は米国で100万人以上、全世界で1000万人を超えるとされる。 パーキンソン病治療薬の市場規模は米国、欧州ともに各1000億円ほど。ニューロダームは19年度に欧州と米国で新薬を発売、初年度に400億円の売り上げを見込む。ニューロダームの新薬と合わせて21年3月期に米国の売上高を800億円に伸ばす目標を掲げている。

      主力の関節リウマチ治療剤シンポニー、糖尿病薬テネリアとカナグルの売り上げは伸びた。 海外事業は、これまで製薬大手に製造販売権を供与し、ロイヤリティ収入を得ることに主眼を置いてきた。4~6月期のロイヤリティ収入は3%増の204億円だった。米国で販売を予定するALSの治療薬の販売準備費用や、糖尿病などの研究開発費の増加が響いて減益となった。 18年3月期の売上収益は4%増の4410億円、純利益は0.3%減の715億円を見込んでいる。

      ニューロダームの買収が決算に寄与するのは21年3月期からで、それまでは開発負担が重くのしかかる。 ●日本の製薬会社は買収のターゲットにされている 国内の製薬会社は規模で欧米のメガファーマに大きく劣る。国内首位の武田薬品工業でも、世界では10位以下だ。

      国内7位の田辺三菱製薬は海外展開で出遅れていたが、やっと海外でのM&Aに踏み出した。 だが、実は日本の製薬会社は、買収する側ではなく買収される側だ。

      巨大製薬会社、英アストラゼネカが第一三共に対して買収の提案をしていたとのニュースが流れた。成立すれば買収額が1兆円規模に達する超大型M&Aだった。世界的な製薬再編の波がとうとう日本にも押し寄せてきた。 武田薬品をはじめ日本の製薬会社は、メガファーマと呼ばれる世界の大手のM&Aのターゲットにされている。

      武田薬品の危機…収益悪化で世界トップ10入りの夢が頓挫、大型M&A軒並み失敗

      欧米製薬大手の間では、事業の再編が加速している。

      仏サノフィと独ベーリンガーインゲルハイムは15年12月、両社の事業交換に向けて交渉に入った。サノフィは大衆薬部門をベーリンガーから取得し、代わりに動物用医薬品部門をベーリンガーに譲渡する。 両社の事業交換が成立すれば、サノフィの大衆薬の売上高は業界トップクラスに浮上。米製薬大手のファイザーは15年11月、アイルランドの同業アラガンとの合併で合意した。 日本の製薬業界は長きにわたり太平の夢をむさぼってきた。 「日本には世界のベスト10に入るような製薬会社が1社もない。医薬品の普及率を20年度までに8割以上にする方針を打ち出したこと。 主戦場は、がんや認知症など新薬開発の難易度が高いバイオ医薬品だ。

      肺がん治療薬として承認され、これを材料に株価は急騰。 ●カギ握る銀行 今後、銀行主導の再編もあり得る。 三菱東京UFJ銀行をメインバンクとする製薬会社は、小野薬品のほか排尿障害改善薬の日本新薬、慢性疼痛治療薬の持田製薬などがある。三菱ケミカルホールディングスの傘下の多発性硬化症薬の田辺三菱製薬は統合の嵐のなかで、どう生き残りを図るのか。 三井住友銀行系では、住友化学傘下の抗精神病薬の大日本住友製薬と塩野義製薬に再編の可能性がある。塩野義は高脂血症薬という切り札を持っており魅力的。塩野義を中心に三井住友銀行系は回ることになるかもしれない。 みずほ銀行がメインの企業のなかでは、カテーテルなど心臓血管領域に強みをもつテルモが医薬品メーカーの買収に高い関心を示している。

      糖尿病薬のキッセイ薬品工業や気管支ぜんそく薬のキョーリン製薬ホールディングスの主力銀行も、みずほである。胃腸薬のわかもと製薬の筆頭株主はキッセイ薬品だ。

      大塚ホールディングスは主力の抗精神病薬が米国で特許切れ。認知症薬、抗潰瘍薬を世界展開しているエーザイは独立路線を堅持できるかどうかが焦点。16年3月期の売上高は5500億円の見込みだが、1兆円企業にならないと苦しい。 エーザイは得意としてきた消化器系分野を、より効率的な研究開発体制を整えるため分社化し、味の素の製薬子会社と統合する。 ●勢力地図が大きく変化の可能性も M&Aを仕掛ける側のメインプレーヤーになる可能性が高いのは、富士フイルムホールディングスだ。

      米国で臨床試験から治験に進むことを決めたほか、日本では治験を実施中だ。

      製薬業界の最大の関心事は、国内最大手である武田薬品工業。国内2位のアステラス製薬は前立腺がんの薬などが伸びており、連続最高益を続けている。

      もうひとつ世界的な会社をつくるなら、アステラスと第一三共の大同団結だ。

      第一三共はインドのジェネリック医薬品メーカーの大型買収で大火傷をした。 最後は市販薬最大手でドリンク剤、風邪薬、発毛剤が3本柱の大正製薬ホールディングス。連結子会社の大正富山医薬品がM&Aを仕掛ける可能性もある。
      関連キーワード - 武田薬品 - 製薬会社 - 厚生労働省 -

      武田薬品の危機 経営陣が空中分解 巨額報酬の外国人幹部、相次ぐ敵前逃亡

      武田薬品工業の定時株主総会で、長谷川閑史会長の取締役再任への賛成率は80.15%にとどまった。長谷川氏が推し進める人事のグローバル化路線は、信認されたとはいいがたい。 武田は6月26日、大阪市浪速区の大阪府立体育館で定時株主総会を開いた。辞任し、急遽、取締役選任リストから除外されるという事態が起こった。フランス人のロジェ氏は今回、スイス食品大手ネスレの次期CFOに引き抜かれた。ウェバー社長がロジェ氏の転職を知ったのは総会4日前の22日。株主に配布されていた株主総会の取締役選任議案にロジェ氏の名前は入っていた。 ロジェ氏が総会直前に退任を表明したことに、株主からの質問や意見が相次いだ。

      こうした質問が出るのには、大きな理由がある。 「長谷川氏がヘッドハンティングしてきた外国人役員たちには、もっと条件の良いポストが提示されればすぐに移籍する“腰かけ”なのでは、との不信の目が向けられている。

      それが現実となったのが、ロジェ氏の総会直前の転職だった。 ●人事のグローバル化を担う経営幹部3人が退任 武田のグローバル化を推し進めてきた長谷川氏は、欧米のメガファーマと競争できる体制を整えるために、経営幹部に外国人を多数スカウトした。新設したCFOに招いたロジェ氏は、25年超にわたり食品、通信、医薬品業界に身を置いて大型合併を経験し、メキシコから南アフリカ、ルクセンブルクと世界を駆けめぐってきた人物だ。

      メンバー14人のうち10人が外国人で、日本人は4人だけだった。ころが、チーム発足後わずか8カ月で3人が退任した。 ●上場来初の赤字 武田は業績面でも苦戦している。

      をめぐる米国での製造物責任訴訟で原告団と和解し、3241億円の引当金を計上したことが響いた。ウェバー社長は5億700万円、ロジェ氏も3億400万円の役員報酬を得た。
      関連キーワード - 武田薬品 - 製薬会社 - 厚生労働省 - 武田薬品 -

考察。「メガファーマ」とは何か?

「メガファーマ」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

メガファーマに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE3\x83\xA1\xE3\x82\xAC\xE3\x83\x95\xE3\x82\xA1\xE3\x83\xBC...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143