なぜ「データリンク」なのか?

「データリンク」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      ボッシュとメルセデス・ベンツの都市部の新しい駐車プロジェクトがスタート

      都市部における道路での路上駐車場所をドライバーに伝える情報システムだ。

      都市部では、路上駐車をするために駐車スペースを探して走行しているクルマが多い。ドイツの市街地では、道路を走行するクルマの約1/3は駐車スペースを探して走行しているとされる。路肩の駐車スペースを見つけることはそれほど困難なのだ。

      次のようにして駐車可能スペースの場所情報を確保する。現在、新車の約3分の1に装備されている駐車支援機能が持つ超音波センサーを活用し、空いている路肩の駐車スペースをスキャンして探すようクルマに指示し、路肩に空き駐車スペースがあればそれを検出。自動車メーカーは、このマップを自社のサーバーにつながっているすべての車両と共有することができ、走行中のクルマは簡単に駐車できるスペースを見つけることができるというものだ。

      ボッシュは、欧州や北米などの市場で2020年までに新規登録されるすべての車両がこのようにしてネットワーク化されると予想している。

      走行中の車両から路肩に空きスペースがあるという報告が入ったとしても、それを無条件に駐車スペースとして利用できるという確証はない。 そこでボッシュは、見つかった路肩のスペースが間違いなく駐車スペースであることを確認するために、データマイニングの手法を採用している。

      たとえば複数の車両が繰り返し同じ場所を空きスペースとして報告してきた場合、そのスペースは駐車スペースとしては利用できない可能性が高いと判断する。パーキングは、サービスを利用する車両の数が多くなれば多くなるほど、サービスの精度が向上し、より広い範囲をカバーできるようになる。これらの車両に搭載されたセンサーは、路肩の空き駐車スペースに関するデータを生成。ちろんテスト車両には、こうしたデータの送受信に必要な通信用インターフェースも装備されている。

      Cloudに送信され、そこで分析されマップ化され、それがクルマに配信されるのだ。

      「ヘヴィーオブジェクト」先行カット&プレーバック2

      (毎週金曜深夜0:30-1:00ほか)が、3月18日(金)の放送で第23話を迎える。 今回は、1月8日に放送された第13話から最新第23話のあらすじを紹介する。 アマゾンシティに拠点を築いたマスドライバー財閥の残存勢力を追って上陸したクウェンサーたちだったが、ベイビーマグナムは資材不足で修理すらできていなかった。相手の戦力が読めない上に、正体不明のオブジェクトの存在に悩まされるフローレイティア。ベイビーマグナムが万全の状態で出撃できない以上、そのしわ寄せはヘイヴィアたち一般の兵士たちやクウェンサーに及んだ。

      情報同盟の介入が危ぶまれる状況となり、突入を余儀なくされるベイビーマグナム。情報同盟の狙いが明らかになる中、ギリギリの機転でミリンダを救ったクウェンサー。そんな彼の前に世界有数の投資家にして軍事相談員、そして財閥専属のオブジェクト設計士でもあり、マスドライバー財閥の残存勢力を率いる騒動の首謀者であるスラッダー=ハニーサックルが姿を現す。 再びアラスカへと派遣されるクウェンサーとヘイヴィア。その任務は、以前破壊したウォーターストライダーの後始末だった。情報部による調査が進む一方、“お宝”の山を狙って動き出す情報同盟。その情報同盟から派遣されたオブジェクトは、オーストラリアで戦闘を共にしたおほほが駆るラッシュ。奇妙な縁にため息をつきながらも、ベイビーマグナムが有利に戦えるように妨害工作を地道に進める二人。 ベイビーマグナムとラッシュの砲撃戦が、クウェンサーたちを巻き込んで始まったが、互いに大きなダメージを負う痛み分けに終わってしまう。からの復帰の速さが勝負を分ける状況となり、ラッシュのコクピットへの侵入を試みるクウェンサー。おほほをおさえ、ミリンダの復帰を待ってチェックメイトというクウェンサーの計画は、おほほの意外な行動によって形成逆転してしまう。そんな部隊に、兵士を監督する督戦官と、広報番組撮影のために送り込まれたTVクルーたちの二組が訪れていた。 ナッツレイの裏切りで、作戦遂行が不可能となったクウェンサーは、督戦のシャルロットと共に炭鉱へと逃げ込む。そこで二人が見たものは、『正統王国』の文字が書かれた文書と、民間人の姿だった。一方、ヘイヴィアたちの前には『信心組織』のオブジェクトであるウイングバランサーが姿を現したことで、彼らも散り散りになりながら炭鉱へと逃げ込む。出撃したベイビーマグナムだったが、第二世代オブジェクトに苦戦してしまう。 戦いを有利に進めるウイングバランサーに、ベイビーマグナムは徐々に追い込まれてしまう。一方、炭鉱内のクウェンサーたちは、今回の作戦にあるもくろみに気付き、行動を開始しようとするが、スパイとして潜り込んでいたナッツレイのパワードスーツが襲い掛かってきた。 カムチャッカ半島夜間電撃奇襲作戦において露見した、第24機動整備大隊の裏切り。そのころ、整備主任のアヤミは不安げな表情を浮かべていた。戦場となるビクトリア島のすぐそばには、移住してきたアヤミの家族が住んでいた。勝ち誇るようなスリッカーの宣言は、移民居住区への攻撃を示唆していた。その蛮行を止めるべく、迎撃準備を整える整備チームの中に、主任であるアヤミの姿はなかった。一方、敵戦力を疑い、ある仮説を立てたクウェンサーたちの前に場違いな格好の女性たちが姿を現していた。 第24機動整備大隊による移民居住都市への無差別攻撃を止めるべく、行動を開始するクウェンサーたち。ベイビーマグナムの救援を待つ彼らに、激しい砲火が容赦なく浴びせられる。だが、ダミーオブジェクトの装甲板を手に入れたクウェンサーは、その不自然な軽さに違和感を覚える。 『情報同盟』との人質交換会にかり出されたクウェンサーたち。その地では、またも再会を果たしてしまったお姫様とおほほの、『殿方』をめぐるいつものやりとりが繰り広げられていた。MXより3月18日(金)深夜0時30分から順次オンエアとなる。

      ブーム再燃か?軽オープンスポーツカー ホンダS660人気の理由

      ■画一化した乗用車 日本車はふと見渡せば、5ドアの乗用車ばかりとなっている。

      大きさやデザイン、定員は多少異なれど、まさに大同小異。子供が成長して自由な時間が得られるようになった今、セカンドカーとして維持費が安い軽自動車のスポーツカーに熱いまなざしが注がれるのも当然の成り行きだ。

      S660 1991年に登場したビートは名車の呼び声が高い。当時オールアルミボディを世界に先駆けて実現したNSXを開発したホンダが、精魂こめて作った軽自動車がビートだからだ。

      ノンターボながら3連スロットルボディを装着するなど高回転化技術をつぎこみ、軽自動車の自主規制上限となる64馬力を達成。アクセルペダルに呼応して敏感に反応する後輪は人々のハートを震わせた。 その実質的な後継となるのが4月にデビューしたS660である。 ■背高軽自動車とは一線を画す走り S660はエンジンをN-WGN、N-BOX、N-ONEといったホンダNシリーズと共用するがターボを小型化し高レスポンスを実現、それをミッドシップに搭載し後輪を駆動するMRである。重心は低く、フロントが軽いために俊敏な身のこなしが可能で、重心が高くユラユラしがちな背高軽自動車とは次元が違うコーナリングを見せつける。 またこの高性能を安全で裏打ちするために、4輪ディスクブレーキの採用、ハイグリップタイヤ、アドバンネオバの極太サイズを標準装備する。これらの電子制御のおかげで、どんな技量のドライバーでも、ミニバンや背高軽自動車から乗り換えたとしても違和感なく、安全に速く走ることができる。 その技術力の高さに、さすがF1に復帰したホンダだけのことはある、と唸らされることだろう。 ■爽快なオープンエアー 忘れてはならないのは、このS660がオープンカーであるということだ。

      ルーフはあの名門ロータス社のエリーゼと同じ仕組みのロールトップを採用。脱着には毎回シートから降り、数分かけて行う必要がある。 電動や片手で開閉できるオープンカーがある現代ではあるが、古き良きスポーツカーに乗るための儀式、と考え手間というよりもこれを愉しみにするのが正解だ。

      巻き取ったロールトップはフロントボンネット内にある小さなトランクにピッタリ収納することができる。ただし収納した場合、トランクはロールトップで一杯になるために手荷物は入れられなくなることを覚えておく必要があるだろう。 ■シンプルなオーディオと用意されないビルトインナビ センターコンソールは非常にシンプルだ。

      エアコンを操作するボタンが配置されるだけで、最近流行りの大型ディスプレイは埋め込まれていない。上級グレードのαにはセンターディスプレイが装備されるが、Gメーターやオーディオの表示の他HDMI入力によるディスプレイとなっている。

      ベーシックグレードのβにはこれは装備されないが、逆にデザインとしてはすっきりした印象となる。 このディスプレイ、マルチメディアインターフェースに慣れた我々にとっていささかシンプルすぎるように感じるが、実は逆に注目に値する。 その理由の一つに、クルマの買い換えサイクルと、スマホの買い換えサイクルのミスマッチがある。クルマは買ってから通常5年、気に入れば10年使うこともあるだろう。また最近はモデルチェンジサイクルが再び長くなっており、こういったスポーツカーは10年近く生産することも珍しくない。 その場合ビルトインのオーディオナビは大幅に刷新されることは稀だ。

      ■スマホナビへのシフト S660がビルトインナビを装備しなかった理由は大きくわけて2つあるだろう。前述したようにスポーツカーのモデルライフは長く、仮に8年としてもその間スマホは進化している。

      逆に考えてみよう、8年前、スマホはどうだったのかと。そして毎年マイナーモデルチェンジ、2年に1度はフルモデルチェンジされ、その機能や性能はウナギのぼりだ。

      一方操作性、ユーザーインターフェースは一貫性をもっており迷うことなく使うことができる。いわゆるスマホナビだが、その基本性能はビルトインナビと共通、ホストと通信することでプローブカーにより得られたビッグデータを利用、渋滞をリアルタイムに回避することができる。 ホンダはS660専用のビルトインナビを開発しない代わりに、スマホナビの利用でコストと将来性の課題をクリアしたのだ。

      ■スマホナビの限界とOBD2の利用 通信機能が最初からサポートされるスマホナビはビッグデータ時代にはピッタリのソリューションだ。

      それは自車位置の特定がスマホのGPSを利用するために、トンネル内や高速道路の高架下の道の場合に不正確になるためだ。

      GPSレーダー探知機でも同様の問題を抱えているが、ユピテルではOBD2端子を使うことで自車位置の正確性をあげ、トンネル内のオービスにも対応している。

      OBD2端子とは1996年以降アメリカで販売する新車に装備が義務付けられたデータリンクコネクターであり、車両故障診断から燃費、エンジン負荷データなど様々な情報を得られる。最近ではこのOBD2端子を利用した読み取り装置があり、WiFiやBluetoothでスマホと通信することで、スマホで車両情報を表示、追加メーター代わりにすることもできる。Watchに対応、腕時計上にメーターを表示することが可能だ。

      これにスマホナビが対応すればトンネル内であっても自車位置の特定が正確になる。ちろん最新車種であるS660にOBD2端子は装備されており、運転席ダッシュボード下左側にある。 ■意外と長寿な軽スポーツカー 趣味性の高いスポーツカー、特に軽自動車は維持費が安いこともあってセカンドカーとしてマニアが手放さずに保持する例が多い。ワンオーナーものも多く、親から子へ譲られるケースも多い。 今後ハイブリッドからEV、そしてFCVと自動車のエネルギーソースは変化していく時代だ。

      そんななか、メインの自動車はハイブリッドにしても、最後の内燃機関として軽スポーツカーを選ぶのもひとつの楽しみである。維持費は安く、燃費もよく、なにより場所をとらないのは美点だ。

      セカンドカーであればトランクが小さい、幌の脱着が面倒といったデメリットも気にならない。 そういった状況を反映してか、ホンダS660は大人気で今から注文しても来年の納車となるという。気になる人は早めにディーラーを訪ねてみるのがよいだろう。

考察。「データリンク」とは何か?

「データリンク」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

データリンクに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE3\x83\x87\xE3\x83\xBC\xE3\x82\xBF\xE3\x83\xAA\xE3\x83\xB3...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143