なぜ「スーパーRetina」なのか?

「スーパーRetina」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      【触ってわかった】iPhone 8/8 Plusは何が新しい? iPhone Xと何が違う?【発表会現地レポ】

      現在、その情報が溢れており、それぞれの違いがわかりづらくなっている。

      Plus』となったのは、内部の進化もさることながら、ボディ形状が変化も大きな要因なのだろう。液晶ディスプレイ面と同じく、背面にはガラス素材が使われている。

      4s時代に採用されていた、フレームを上下両方からガラスでサンドイッチする構造に戻ったということだ。

      アルミのフレームが、ユニボディとしてバスタブ形状になっているのか、4sのように周囲だけに採用されているのかは公開されていないので、分解してみなければわからない。ボディ上下左右のギリギリまで液晶面が拡張されており、角は丸く、正面中央上のセンサー部分は切り欠かれた構造になっている点が、まったく新しい。Plus』であるにも関わらず、画面サイズは『4.7<5.8>5.5』となっている。

      Plusより小さく持ちやすいにも関わらず、大きな画面を持っている、ということになる。Plusは ●ポートレートモードに、ポートレートライティング追加 となっている。

      IDに ●インカメラもポートレートライティング可能 ●アウトカメラは望遠側も手ブレ補正可能 となっている。

      Plus iPhoneは、4s移行、基本的に同じデザインのモデルのマイナーチェンジを挟みながら、2年ごとにフルモデルチェンジを繰り返してきた。ちろんこれまでそうだったという話で、アップルは絶対にそうすると宣言しているワケではない。 『背面をガラスにする』という変更は、構造上かなり大きなものだから、これまでの慣習をやめてモデルネームを変えるのも相応なことだと思う。不思議な透明感がある外観で、外周に採用されたアルミのアルマイトと、きれいなコントラストを生み出している。

      特にゴールドは、少し白っぽいガラスで、金属部分とのコントラストが美しい。Fusionより25%高速な高性能側のコアと、電力消費効率を追及しながら70%も高速になった4個の省電力側のコアで、全体的な性能を向上させている。

      それぞれに役割を分担させる第2世代のパフォーマンスコントローラーは、全体の効率と速度をさらに改善している。

      3コアGPUを搭載! また、Apple設計の3コアGPUを搭載しており、前世代のモデルより30%高速のグラフィック処理を可能としている。

      カメラのピクセル数は変わらないが、CMOSセンサーのサイズが拡大され、より高速になり、新しいカラーフィルターを持ち『深い』ピクセルを持っているという。隣のピクセルとのセパレートがよりはっきりするのだという。 Plusのふたつのカメラは、望遠、ワイドと使い分けられ、ポートレートモードで『背景ぼかし』をかけられるだけでなく、ライティング自体を変えられるようになったという。 『ライティング=写真の仕上がりを決める』だ。

      広い範囲、いろんな方向からから光が当たると、モノは柔らかく、暖かく、ソフトに写る。女性、特にアイドルの写真やパンなどの食べ物はそうやって撮影することが多い。 逆に限定した明かりでライティングすると、モノは硬く、鋭く、強く写る。Plusのポートレートライティングは、ポートレートを撮った後に得られる深度情報を基に、明るさを追加したり、減らしたりして、あたかも違った照明で撮影したかのように、仕上げることができるのだ。

      『美肌モード』などで撮影したいのであれば、サードパーティ制のアプリを使えばいい。 ビデオはついに4K! ビデオはついに、30fpsもしくは60fpsの4Kに。高速度撮影は、従来の2倍の240fpsが可能になっている。

      そういえば、Plusの方が深度情報がとれるのだから、平面だけでなくもっと複雑な立体物も3Dオブジェクトとして認識できそうな気もするが、今のところ、そこには触れられてない。 ワイヤレス充電も搭載 そして、背面をガラスにしたメリットのひとつである『ワイヤレス充電』。Plusと同様に確実に使える、正常進化という表現が相応しいモデルだ。

      加えて背面のカメラを縦並びにして、望遠側も手ブレ補正が可能なようにするなど、若干の変更を行ったことぐらいになる。

      しかし、『ぐらい』と表現したがそれらの変更は、デバイスにもユーザーにも大きな違いをもたらすものなのだ。

      サイズに対して液晶は極大化し、スマートフォンが10年間かかって求めてきた『大画面化と小型軽量化』の、最後の到達点に届いた。 深く美しい色を表現するOLDEスクリーン ぬるりんとしたOLEDスクリーンは本当に美しい。HDディスプレイと呼ばれ、100万:1という途方もないコントラスト比を実現し、真の黒と、深く美しい色を表示する。HDディスプレイの進化の線上にあるような自然な感じがする。 端まで写真や動画を表示することで、すごく広がりを感じる。IDという間違いの起り難い認証システムを実現している。

      IDでは、3万以上もの目に見えない赤外線ドットを投射し、この赤外線イメージとドットパターンがニューラルネットワークに送られ、それぞらの顔の数学モデルが作られる。 だからユーザーが帽子をかぶろうが、メガネをかけようが認識できるし、髪形が変わったり、太ったり痩せたり、歳をとっても認識してくれるのだ。

      アバターに表情を認識 これらのテクノロジーのオマケとして、アニ文字という、アバターに表情を認識させる技術が提供されている。

      我々が怒ったり、笑ったり、する表情を読み取って、絵文字のようなキャラクターが同じ表情をするのだ。

      Mapper』の拡張現実っぽい使い方も可能になってくるのかもしれない。Plusと違って、望遠側も広角側も手ブレ補正が付く。 スペックだけを眺めると、『ディスプレイが違うだけ』と思うかもしれないが、サイズが大きくなり、ホームボタンをなくしたことがすべてを変えてしまっている。

      いろんな意味でアーキテクチャはこれまでのシリーズのものを使ってるが、逆にそれがシリーズの集大成であることをも物語っている。

      アップルケアを入れて税も計算すると15万4424円と、ちょっとしたパソコンが買える値段になる。8の64GBモデルなら、7万7800円と半額ぐらいで買える。

      ホームボタンのない「iPhone X」でスクリーンショットを撮るための方法

      日本版によると、上の図のように電源ボタンとボリュームキーの上を同時押しします。

考察。「スーパーRetina」とは何か?

「スーパーRetina」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

スーパーRetinaに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE3\x82\xB9\xE3\x83\xBC\xE3\x83\x91\xE3\x83\xBCRet...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143