なぜ「ステファノス」なのか?

「ステファノス」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      まぁ落ち着いて…プロテニス選手がバナナの皮をむけずにメンタル崩壊

      身体能力と同じくメンタルの強さも必要とされるプロスポーツの世界。身につけたパワーや技術を最大限に発揮するためには、集中力や忍耐力の維持など、自身の心をコントロールすることが重要だ。



      しかし、いくらプロ選手だとしても同じ人の子。思わず声をかけたくなるプロテニス選手を収めた動画をご紹介したい。ストレート勝ちしたワンシーンだが、実を言うと休憩中にメンタルが崩壊しそうになっていたようだ。

      早々に諦めて、違う1本のバナナに手を伸ばすも、これもまたむけずにイライラを募らせていたのである。 その後、しびれを切らしたシャポバロフ選手は地面にバナナをポイッ。敗れたものの、強敵相手にフルセットまで粘って激闘を演じたように伸びしろは計り知れない。

      日本馬8頭参戦「香港国際競走」をブチ当てる(1)香港カップと香港ヴァーズは日本勢が有力

      昨年は香港カップを日本馬のモーリス、香港ヴァーズをサトノクラウンが制した。売り上げは、16年凱旋門賞の約42億円には及ばなかったが、GI4レースで約38億円。を挟んでGI5レースと、ファンにとっては実に悩ましい1日となる。海外競馬に詳しく、昨年も週刊アサヒ芸能に登場して4戦中3戦を的中させたスポーツ報知の牧野博光デスクが解説する。 「昨年同様、香港スプリントと香港マイルは香港調教の地元勢が優勢で、香港カップと香港ヴァーズは日本勢が有力です。極悪馬場の菊花賞制覇後のダメージ不安を一掃して見せた。新潟までしか行ったことがない』という声もあったが、角居調教師といえば、シーザリオやヴィクトワールピサで海外GIを勝っている国内屈指の腕達者。 「前走、BCターフを勝ったタリスマニックと3着のハイランドリール。藤原英調教師が『ナーバスな馬』と評するように、環境適応能力の点で割り引きました。

      ただ、ジャパンCを見送っての参戦なのでフレッシュだし、同厩舎のステファノスと帯同できた点も大きい。 タリスマニックは前走、パドックで馬っ気を出しての勝利で、かつ短期間で2度目の海外遠征となるだけに、メンタル面が気になるところ。

      <競馬>香港GⅠシリーズ総ナメの予感!?

      今週末、阪神競馬場では2歳牝馬の頂点を決める阪神ジュベナイルフィリーズが行われる。ロックディスタウンとラッキーライラックのオルフェーヴル産駒2頭による一騎打ちの様相を呈しているが果たしてどの馬がチャンピオンに輝くのだろうか。

      しかし、それよりも注目すべきは当日に開催される2017年香港国際競走だろう。いずれもが勝利を期待出来る精鋭メンバーであり、上手く行けば4レース全勝という偉業達成も十分に有り得るだろう。ひとレースずつ、その日本馬を含めて簡単に展望して行きたい。芝2000mで行われるこちらのレースは昨年も日本馬モーリスが快勝している。

      今年はステファノス、スマートレイアー、ネオリアリズムとGⅠクラスの強豪が一同に会するが、特にネオリアリズムは春のクイーン&エリザベス2世カップで香港のエースであるワーザー以下を完封。ステファノスは昨年の同レースで3着入線の他、香港で3戦しており舞台適性は非常に高い。スマートレイアーに関して言えば、京都大賞典で後のジャパンカップ馬シュヴァルグランを退けた女傑候補の1頭。この3頭が走るとなれば海外の如何なる相手であろうが、勝ち馬はここから出るとさえ思えて来る好メンツとなっている。

      秋は天皇賞秋とマイルチャンピオンシップで馬場の影響から大きく着順を崩しているが、良馬場なら結果は違った筈。跳びが大きく綺麗なフットワークで走る為、後方から外を回って追い込む戦法しか取れないが、展開がハマりさえすればここでも差し切れる脚は十分持っているだろう。ここが引退レースという事で陣営も勝負気配を見せており、見事に有終の美を飾る事が出来るか大いに見ものである。香港の短距離戦線は世界的に見てもトップクラスの布陣。その中で今年のスプリンターズステークス2、3着のレッツゴードンキとワンスインナムーンが出走予定だ。

      前者は今年に入って復調した桜花賞馬、後者は勢いだけならスプリント界でも上位の快速馬。いずれが勝ってもおかしくないレベルにあり、ワンツーフィニッシュの想定すらしておきたい。日本のスプリントレベルの向上に是が非でもひと役買ってもらいたいものだ。

      不良馬場の菊花賞を後方から進んで一気の捲りによる差し切り勝ちでまさに怪物の片鱗を見せた。本来は驚異的なキレが身上の馬だけに、今一度絶好の馬場状態で走る姿を見てみたい。コツコツとクラスを積み上げ、ようやく古馬の重賞戦線で台頭出来る力が備わって来た同馬。京都大賞典2着から同レースへの出走する臨戦過程で厩舎の本気度を窺い知る事が出来るというもの。ひょっとすると、大一番で強敵たちを喰ってかかるジャイアントキリングが見られるかもしれない。いずれにせよ、両馬に大きなチャンスがあるのはどの角度から見ても明らかである。 以上、今年は例年にも増して粒ぞろいの遠征馬が揃ったレースとなる。世界が舞台ならともかく、アジア圏内では日本競馬のレベルを誇示しておきたいもの。ちろん生半可な戦いは無いだろうが、各レースで熾烈な上位争いに日本馬が加わっている姿を期待しつつ週末のビッグイベントを楽しもう。

      ズベレフは「ホークアイがライン判定しても、まったく気にならない」、「ショットクロック」も好評

      試験的に採用され、選手とコーチとの試合中の会話がファンに新たな洞察と楽しみを与えているという。すべてのラインコールを行うことが、選手に最も好評な変更点になっているという。 「ホークアイがすべてのライン判定をするのは、正式に採用されても、まったく気にならない。「ショットクロックの導入に関しては何年も前から話が出ており、思い切って導入できるのか、それともできないのかということだ。

      「導入までに1年あるから、なにが起きようとしているか周知できる。選手に対して突然『ところでみんな、1月から違うルールでプレーしてもらうよ』と言うわけにはいかない。カーモード氏は語り、将来的な導入については含みを残した。

考察。「ステファノス」とは何か?

「ステファノス」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

ステファノスに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • うさたさん: RT @Jisou_hou: ・ステファノスは新潟大賞典へ ・ディアドラは金鯱賞へ ・クロコスミアは阪神牝馬Sへ - 5 時間 9 分 50 秒前
  • うまたくさん: ステファノスの公式が更新されたが、次走に関する言及は全くないな。少くとも帰厩に向けた態勢が整っていないことは確か。 - 16 時間 57 分前
  • うまたくさん: ステファノスの帰厩が遅れているのは、目の怪我のほかに、やっぱり疲れが抜けなかったのかな。特に天皇賞のダメージとか。ネオリアリズムもそうだしね。 - 1 日と 18 時間 56 分 2 秒前
  • nkさん: RT @umazuki39: ステファノス Happy Birthday🐴🎊🎊 強い馬相手にいつも全力で頑張るきみが大好き。これからも走る姿見るの楽しみにしてます!!頑張ってね😊💪🏻
    > https://t.co/xU3TI448yt

    - 2 日と 10 時間 19 分 57 秒前
  • ご注文はさつきですか??さん: ダカポーデビュー戦2桁着順で草 つーか藤原英のPOG期間内重賞連対ってフィニフティの前はジェルミナルのフェアリーやんな?OP勝ちならステファノスがギリ白百合勝ってる気もするけど - 2 日と 14 時間 59 分 33 秒前
  • スパホさん: ステファノス…え… - 3 日と 55 分 8 秒前
  • ジョニーさん: @shiganai_se_ @OfPrecision リスグラシューもマラソンだし🐿 目指せステファノス! - 3 日と 14 時間 46 秒前

話題のトピック