なぜ「シャーロット・ケイト・フォックス」なのか?

「シャーロット・ケイト・フォックス」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      「“殺人”と“不倫”は絶対に描きません」巨匠プロデューサー・石井ふく子が“ホームドラマ”にこだわり続ける理由

      (1990年~TBS系)など、プロデュースを手掛けたテレビドラマは1000本超。その記録がギネスブックにも認定されている、言わずと知れた大御所プロデューサーの石井ふく子氏。(1990年~TBS系)など、常に“ホームドラマ”にこだわり続けてきた真意などを語っていただいた。ご一緒された脚本家の山田洋次さんと、再び同じ作品をお作りになろうと思われたきっかけからお聞かせください。 「山田さんとは今回が20本目になるんですけど、最近はお忙しいみたいで、久しくご一緒する機会がなかったんですよ。最後が『くもりのちハーレー』(1988年TBS系)ですから30年ぶり。 ──前作で渥美清さんが演じられた役に大泉洋さんを起用されています。

      「大泉さんも宮崎あおいさんも、それから瀧本美織さん、太賀さん、七五三掛龍也さんも、皆さん初めてご一緒する方ばかりなんですよ。お会いしたときは、背が高くて、目尻がちょっと下がったところが魅力的だなというのが第一印象でしたけど、実際にお芝居されているところを見たら、ものすごくしっかりしてらっしゃるんですよね。

      宮崎さんはトラックの運転手の役で、運転するシーンで吹き替えを使うのは嫌だとおっしゃって、大型免許を取ってこられました。

      「前回、倍賞千恵子さんが演じた妹は酒場で働く女性でしたから、ちょっと色っぽい感じなんですよ。今回の宮崎さんが扮する妹は、トラックの運転手なので、雰囲気はだいぶ違いますね。


      例えば、大泉さんが宮崎さんにお箸を投げつけるシーンがあるんですが、宮崎さんはそれを投げ返す。ちなみに、これは台本になかったんですけどね(笑)。 ──できあがった作品をご覧になった感想はいかがですか。 「初めに、まだ音楽が入る前の映像を見たんですよ。このまま音楽を入れなくてもいいんじゃないかと思ったくらい(笑)。あと、改めて感じ入ったのは、山田さんの脚本は、登場人物を愛して書いてらっしゃるんだなということ。ころから、一貫して“ホームドラマ”にこだわり続けていらっしゃいますね。


      私はやっぱり、人の心をしっかり描く作品を作りたいんですよ。ある日、TBSのディレクターの鴨下信一さんに用事があって、歌番組の収録スタジオに行ったんですよ。ころが、とてもドラマをやれるようなスケジュールはないと断られてしまった。私としては『もうこの人しかいない』と思い込んでしまってますから、毎週、歌番組のスタジオに通って、休憩時間に声をかけ続けたんです。 「レコード会社からは最初、ドラマの仕事を引き受けたことを怒られたみたいですけどね。

      って聞かれて、『美人じゃないからいいんです』なんて、うっかり言っちゃったことがあるんですよ(笑)。現在も年に1回のペースでスペシャルが放送される人気シリーズとなりました。

      そしたら、編成部や営業部の人が来て、『じゃあ代わりに、別の枠で1年間の連続ドラマをやってください』と言われて。
      それで、『日曜劇場』の『愛と死をみつめて』(1964年TBS系)でご一緒したことのある橋田壽賀子さんに脚本をお願いすることになりました。

      『ありがとう』の平岩弓枝さんはセリフを書くのが上手いんですけど。 そして橋田さんと二人で、どんなお話にするか考え始めて。タイトルは『渡る世間に鬼はなし』っていうことわざが元になっているんですが、“周りがみんな鬼に見える”ということで、『渡る世間は鬼ばかり』にして。自分も鬼だから、相手も鬼に見える、という意味なんですよ。(2011年~TBS系)を、それぞれ年1作のペースで制作されています。

      「水谷さんとは『日曜劇場』の『トレード』(1988年TBS系)でご一緒しているんですが、その後しばらく、食事をご一緒するくらいのお付き合いが続いていたんです。ある日、『そう言えば、仕事してないね』なんていう話になって(笑)。(2000年~テレビ朝日系)とは全く違ったものをやろうよ』っていうところから始まったドラマです。『渡る世間』は本当の家族のお話ですが、こちらは血のつながりのない者同士が家族として一緒に暮らす物語。人が死ぬところは描かれますが、あれは心中であって殺人ではないので。 「いえいえ、私、そんなに頭の回転速くないですから(笑)。
      関連キーワード - TBS - 宮崎あおい -

      映画『食べる女』が上海国際映画祭GALA部門で世界最速上映!広瀬「皆さんに共感してもらえるところがある」

      2018年秋公開予定、映画『食べる女』にて、第21回上海国際映画祭GALA部門への公式出品、さらに上映後の舞台挨拶に、広瀬アリス、生野慈朗監督が登壇した。 そしてこの度『食べる女』が中華圏で最大規模の映画祭、第21回上海国際映画祭への公式出品が決定。本作品が出品されたのは、他作品とは一線を画する“GALA”部門。GALA部門で上映された作品は、全体出品数500本のうちのわずか数作品。 チケット販売後即完売し、当日はなんと約2000名もの観客が映画を鑑賞した。スクリーン内では、コミカルな場面で笑いが起き、上映時間が夕食どきということもあり、作中に登場する和食や、卵かけご飯のシーンでは、空腹の客席から、ため息が漏れる場面も。上映が終了すると、満員の客席からは会場が割れんばかりの拍手が起こった。 広瀬アリスと生野監督が冒頭、中国語で挨拶すると、現地の観客から歓声が上がり、実際に映画を見た観客からの質問を受け付ける場面では、主演の小泉ファンだという若い女性から質問が飛ぶ一幕も。 帰り際、100名を超えるファンに、サインや握手、写真を求められ、ボディーガードが出動する場面も見られたが、舞台挨拶は無事和やかに終了。日本での公開に先駆け、上海での熱気は最高潮を迎えた。コメント 「まずはこんなにたくさんの上海の方に見てもらえて光栄です。この映画は、事件も起こらない、犯人も探さない、ごく平凡な女の日常を描いています。

      8人の女たちが一生懸命生きることである奇跡を起こす話。 「こんなにたくさんの方の前に舞台挨拶でたつのは初めてです。わたしが演じたあかりは、唯一恋愛がうまくいく役。
      関連キーワード - TBS - 宮崎あおい - 広瀬アリス - 山田優 - 小泉今日子 -

      上海国際映画祭GALA部門に出品・上映! 豪華キャストの映画『食べる女』2018年秋公開

      まつわるストーリーを描いた筒井ともみさん原作の『食べる女』が映画化。 そんな映画『食べる女』が、2018年6月16日~25日に開催される上海国際映画祭の中でも500作品のうち数作品のみが選ばれるGALA部門に出品。 今回の上映後には上映後に広瀬さん、生野監督が舞台挨拶に登壇。を受賞し、2016年にも阪本順治監督の『団地』に出演した藤山直美さんがコンペティション部門で最優秀女優賞に輝いていることもあり、現地での反響が注目されます。
      関連キーワード - TBS - 宮崎あおい - 広瀬アリス - 山田優 - 小泉今日子 - 広瀬アリス - 小泉今日子 - 山田優 -

      小泉今日子、沢尻エリカら豪華女優が集合!映画『食べる女』上海国際映画祭GALA部門に公式出品決定

      2018年秋公開予定の映画『食べる女』が、第21回上海国際映画祭GALA部門への公式出品、さらに上映後の舞台挨拶に、広瀬アリス、生野慈朗監督が登壇することが決定した。そんな本作が公式出品されることが決定した上海国際映画祭は、中華圏で最大規模を誇る映画祭。第21回目となる今回は、6月16日から6月25日の10日間開催。そんな栄誉ある上海国際映画祭で、映画『食べる女』が他作品とは一線を画する、“GALA”部門で公式出品されることが決定した。GALA部門で上映される作品は、全体出品数500本のうちのわずか数作品。上海最大の客席数を誇る約2000人規模の会場で、映画『食べる女』が全世界で初めて上映される。なんと本上映のチケットは発売開始後、即完売だったとのことで、昨今日本映画への注目が高い中国で、どのような反響があるのか見逃せない。
      関連キーワード - TBS - 宮崎あおい - 広瀬アリス - 山田優 - 小泉今日子 - 広瀬アリス - 小泉今日子 - 山田優 - 広瀬アリス - 山田優 - 小泉今日子 -

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「シャーロット・ケイト・フォックス」とは何か?

「シャーロット・ケイト・フォックス」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

シャーロット・ケイト・フォックスに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • ☆ 高橋みなみ ☆さん: 「マッサン」妻役シャーロット・ケイト・フォックスの忙しさに夫が嘆きwww - 17 日と 6 時間 17 分 30 秒前
  • むん(靭帯損傷4thラウンド)さん: RT @Mayu_NACS: シャーロット・ケイト・フォックスさんのインスタに洋ちゃん載ってた!!!あにいもうとで共演か!!!
    > https://t.co/huLpOL6E1U

    - 1 ヶ月 8 日と 17 時間 37 分 16 秒前
  • uenoriさん: 相楽園内の旧ハッサム住宅では朝ドラ「べっぴんさん」のロケが行われました。シャロやん(シャーロット・ケイト・フォックスさん、マッサンのヒロインのエリー)が出演していて嬉しかったなぁ。
    > https://t.co/4vPLa2nc1x

    - 1 ヶ月 23 日と 15 時間 44 分 12 秒前

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング