なぜ「シド」なのか?

「シド」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      肉体改造&声や表情まで変貌!個性派ゲイリー・オールドマンの究極すぎる役づくり

      イギリスの英雄的政治家として歴史に名を残したチャーチルの、首相就任から“ダンケルクの戦い”にいたるまでのわずか27日間を切り取った人間ドラマだ。

      その秘密は、撮影のたびに4時間かけて施したという特殊メイク。本編では、ナチスが勢力を拡大する切迫した状況下で、国民を鼓舞するために声高らかにスピーチしたり、政界で孤立し妻になぐさめてもらったりと、複雑で人間味あふれるチャーチルの姿が確認できる。その彼の入魂の演技には、思わず引き込まれてしまうはず。 そして今回彼が挑んだのは、世界的に知られ、自分とは似ても似つかない母国イギリスの首相チャーチルだ。

      武道館に豪華アーティストが集結! MUCC20周年イベント「えん」全アクト徹底ライブレポート

      ■シド トップバッターをつとめたのはMUCCの直接的な後輩にあたるシド。 開演予定時刻直前に『ホムラウタ』のイントロが流れ始めると、フロアがざわつき始める。特効と共にイベントがスタートし、ダンサブルなシドのSEに切り替わる。こやかに微笑むマオに対し、フロアからは黄色い悲鳴があがっていた。way』では広いステージをアグレッシブに動き回る明希、Shinji。そして彼らの代表曲のひとつである『嘘』では、甘く切ないメロディーが武道館いっぱいに広がっていく。語り、トリビュートアルバムに収録されている『暁闇』を披露。MUCC同様、昭和歌謡的な要素が根底にある彼らならではのカバーにフロアは大いに盛り上がる。後輩だからといっても、当然遠慮も配慮もなく全力で『プロポーズ』『眩暈』で駆け抜けた。あるシドの存在感を、これでもかと見せつけたステージだった。なお、本日発売というDVDと来年のツアーの告知も忘れないマオであった。絢子 2番手に登場したのはMUCCと同じく昨年20周年を迎えた矢野絢子。 武道館の広いステージの中央にピアノが置かれ、大きな拍手で迎えられた矢野は不協和音を奏で、ゆっくりとポエトリーリーディングのように始まったのは、トリビュートアルバムに収録されている『リブラ』。曲が進むとともに、絶望に満ちた赤から希望に溢れた白に変わっていくライティングと、どこまでも伸びていく声が印象的であった。 ピアノと声だけで紡がれる世界は『ニーナ』へと続く。MUCCさんも20周年、私も実は20周年ということで、良い音楽をこれからもずっと続けていけたらええなと思ってます。小声でアピールするお茶目な一面も見せ、ラストナンバー『汽笛は泣いて』をもって緊張感の中にどこか心地よさを感じるピアノと声だけの世界に幕を下ろした。 最後に客席に向かって投げキスをし、大きく手を振って退場するキュートな矢野に向けられた拍手の大きさは、彼女を迎え入れたときのものよりさらに大きいものになっていた。 ■DEZERT 暗転するやいなや怒号のような歓声があがり、3番手として迎えられたのはDEZERT。MUCCを招くなど、もはや先輩と後輩という間柄には収まらない関係になりつつあるDEZERTとMUCC。 フロアに対して中指を立てながら千秋(Vo)が登場し、ほかのメンバーが登場するのを待たずしてトリビュートアルバムでもカバーした『アカ』をワンフレーズ弾き語りで演奏。歌う『擬死』、別のバンドの曲であるのに不思議と話が繋がって聴こえるのは、MUCCとDEZERTから似たにおいを感じるからかもしれない。歌い、最後を「僕たちのこの鼓動はまだ動いている。

      セットリストの前半と後半で、絶望と生のコントラストがより色濃く出たアクトだったように思う。を行い、lynch.が昨年リリースした『SINNERS-EP』のベースレコーディングにYUKKEが参加するなど近年交流が深い両バンド。奇しくもこの日12月27日はlynch.の13回目のバースデイでもあった。 玲央(G)、悠介(G)、晁直(Dr)が登場し、しばらくしてから葉月(Vo)がゆっくりと現れ「lynch.です。そこから本領発揮と言わんばかりに最新曲『CREATURE』を披露。 冒頭のMCでもあったように、lynch.とは、lynch.と彼らのファンがお互いを求め合い作る共犯関係であると、この日のライブを見て感じた。その共犯関係は様々なものを巻き込み、日に日に大きくなっていく。山田将司(Vo)がMUCCのメンバーと同い年で同郷という縁もあり、お互いの主催イベントに参加するなどジャンルの垣根を越えた交流のある両バンド。いきなりのキラーチューンに会場はモッシュの嵐となる。岡峰光舟(B)のベースソロでは歓声があがり、続く名曲『美しい名前』では張りつめた静寂に響く山田の歌にただただ圧倒されることしかできなかった。そして、MUCCにしかできない音楽を突き詰めていってください。松田晋二(Dr)が述べ、ゲストボーカルとして呼び込まれたのは逹瑯。ちろん披露されたのはトリビュートアルバムに収録されている『最終列車』。自分の歌なのに緊張すると言っていた逹瑯だが、山田との力強いツインボーカルは贅沢なひとときだった。 ライブのラストを飾ったのは、脳内で興奮物質が勢いよく放出される菅波栄純(G)の必殺リフから始まる『コバルトブルー』。会場からはこの日一番の歓声があがり、フロアではダイバーが人の上を転がり、大きな盛り上がりを見せた。HORNがこうやって刺激しあえる間柄であるというのは、この両バンドがジャンルを取り払い共鳴しあうからだと感じたし、これからこの先も切磋琢磨しあえる両バンドでいてほしいと願う。よるサウンドチェックというよりはひとつのセッションのような音の渦が巻き起こっている。

      field』からすでに完璧なsukekiyoの世界を構築し、観客は息をのみ、耳を澄ますことしかできない。時に電子パーカッション、サンプラーなどを駆使する予測不可能なサウンドで武道館が侵食されていく。 どこか土着的なリズムがホラー映画のようにじわじわとフロアを締めあげていった『死霊のアリアナ』。そしてもはや一聴しただけではそれとはわからないほどに形を変えたMUCCの『ガーベラ』では、不穏なノイズと不協和音が武道館に広がる中、糸が切れた人形のように崩れ落ちる京。観客が固唾を飲んで見守る中、再びゆらりと起き上がり、自由自在に己の声を操っていく。その音を終演の合図にするかのように、観客はハッと我に返り拍手を始める。最初から最後まで圧倒的というほかない異形のパフォーマンスが強く印象に残った。 ■ROTTENGRAFFTY 7番手に呼び込まれたのはROTTENGRAFFTY。始まったのはトリビュートアルバムにも収録されている『蘭鋳』。N∀OKIが叫ぶと、フロアからはシンガロングが巻き起こり、ラストナンバーとして演奏したのはアンセム『金色グラフティー』。侑威地(B)とHIROSHI(Dr)の体の芯に響く重低音はバンドを底から支え、フロアには数多くのサークルピットが出現し、フィナーレにふさわしいド派手な盛り上がりを見せた。 ■GRANRODEO トリ前はアニメソングを多数手がけるロックユニット、GRANRODEOだ。

      HIP-BULLET』ではe-ZUKAの速弾きに武道館中が釘付けに。MUCCの20周年への祝いの言葉を述べ、「MUCCにはこのバンドにしか出せない色や雰囲気、カッコよさを持っている。

      そんなバンドが20年間活動できるのは素晴らしいこと。 軽快なMCで場を和ませたあとは、MUCCの『ニルヴァーナ』を披露。フロアではサークルモッシュをする者、全力でヘドバンをする者、ペンライトを振る者、と各々がさまざまなスタイルでGRANRODEOの音を楽しもうとする姿が印象に残った。 ■MUCC この長いイベントのラストをつとめるのは勿論本日の主役、MUCCだ。

      がしゃ髑髏をモチーフにしたバックドロップが掲げられたステージにメンバーが登場するとおのずと拍手と歓声が巻き起こる。独白からスタートした『睡蓮』、開戦の狼煙のような逹瑯のシャウトが空間を切り裂いていく。バンドのテンションに呼応するようにフロアも熱を帯びていく。 ステージが暗転し、Ken(L'Arc-en-Ciel)を迎えて披露されたのは勿論『EMP』。「Kenさんが本当はあのトリビュート、俺に歌ってほしかったらしくて。 「本当にいい仲間と先輩、色んなバンドにお祝いしてもらって、トリビュートも皆の力で出来上がって20年かけて借りを作ってしまった。だとDAI語で表現したのち、逹瑯とともにツインボーカルの『フライト』を届けた。煽る逹瑯、バンドとオーディエンスの煽りあいがしばらく続いたあと、『名も無き夢』へ。叫ぶSATOちに対して、フロアからは彼の名を呼ぶ声が響く。盛り上がりに拍車をかけるミヤの言葉に武道館中が沸き立つ。熱気を帯びたフロアをクールダウンさせるように『ハイデ』が優しい音でフロアを包み込んだ。

      ステージ上でMUCCのメンバーにバナナやおにぎりを振る舞い風のように去っていく。再びステージにあらわれ、ラストの『TONIGHT』のイントロが奏でられる。MUCCと同じ時代を戦ってきた盟友の登場という、とびきりのサプライズに今日いちばんというくらいの歓声で武道館が揺れる。 歌い上げた歌詞のとおり“仲間へ”力強く中指を捧げるガラ。サビでは金色のテープがきらきらとフロアに注いでいき、バックドロップは梵字のものへ。MUCCがこの20年の間に積み上げてきた音楽、そして仲間たちとの絆を象徴するような光景で、この日の”祭り”は無事幕を閉じた。よって、怒涛の20周年アニバーサリーは終了し、MUCCは”有期限”の活動休止に入っている。


      関連キーワード - アニメ -

      女性コンビの『バッドボーイズ』ドラマ版、パイロット版製作が決定

      そんな同作のスピンオフドラマのパイロット版製作が正式に決定した。押収品として警察内部に保管してあった1億ドル相当のヘロインが忽然と消え、外部にその詳細が漏れる前に72時間の猶予で解決を命じられた二人が、激しいアクションを繰り広げながら事件に挑む痛快作だ。

      続編にあたる『バッドボーイズ2バッド』では、その二人が麻薬密輸ルート壊滅に乗り出し、オリジナルよりもさらにスケールアップしたストーリー展開を見せた。捜査官だったシドだが、ドラマ版ではロサンゼルス市警の刑事として新たなスタートを切っている。

      ライフスタイルと事件へのアプローチ法が正反対の彼女たちを中心にアクション満載でドラマは展開していく。
      関連キーワード - アニメ -

      マオ from SIDが、3/14ホワイトデーに約束を叶えるワンマンライブ開催決定!

      参加ミュージシャンは、キーボードnishi-ken、ヴァイオリン門脇大輔、ギター木島靖夫。アコースティック編成で奏でる魅惑の一夜を堪能できるステージとなるだろう。
      関連キーワード - アニメ -

考察。「シド」とは何か?

「シド」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

シドに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE3\x82\xB7\xE3\x83\x89') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143