なぜ「コーラス」なのか?

「コーラス」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      明石家さんまがタジタジ「男として好きです」女芸人が“直球”告白

      同番組は、明石家さんまがオアシズ、いとうあさこ、ゆりやんレトリィバァ、ガンバレルーヤ、ブルゾンちえみら総勢17人の女性芸人と1泊2日の箱根旅行に向かい、爆笑必須の本音トークを繰り広げるバラエティー。さんまが立ち上がるが、女性芸人たちの巧みな話術に乗せられてしまい、さんまは過去の恋愛話や人生観などを赤裸々に告白するハメに。 開始早々、さんまにかなえてほしい願いを胸にロマンスカーに乗り込んだ女性芸人たち。謎の設定かつハイテンション過ぎるトークに、さんまもタジタジ。さんまが芸人になることに大反対だったという両親。

      しかし、家族会議で発せられた、ある人物の一言がきっかけで転がり始めた芸人人生の、意外な一言が明らかに。を女性芸人全員のコーラスで歌い、感動のフィナーレで締めくくる。
      関連キーワード - フジテレビ - 明石家さんま - ブルゾンちえみ -

      DA PUMPの新曲『U.S.A』がある界隈で大人気に!その人たちとは…。

      度々、ネット上ではCDジャケットのデザインなどに注目が集まり、話題になっていた。そして今回、3年8ヵ月ぶりに、ニューシングル『U.S.A』を、2018年6月6日にリリースするのだが、早速そのMVが話題になっている。

      そんな新曲『U.S.A』だが、実はある界隈で予想外の賑わいを見せているという。PUMPの新曲、やっぱつんく♂の洗礼を受けてきたハロヲタには堪らないな。などでおなじみの『ハロープロジェクト』ファン達だ。

      つんく♂さんを彷彿とさせる歌詞に楽曲に踊りと、ハロプロファンにはたまらないそうで。PUMPの新曲がハロプロみがあると話題ですけど、もはや娘。メンでの歌割りが容易に浮かぶし、MVも想像できますよね。

      蛍光灯とかがある小さい部屋で蛍光のテカテカ衣装でリップシンクシーン撮るよね。

      カーモンベイビーアメリカ♪のあとに出来ればワッフー!てコーラス入れたいですよね。


      関連キーワード - フジテレビ - 明石家さんま - ブルゾンちえみ - モーニング娘。 -

      『ribbon』に見る、音楽シーンを変えた女性シンガー、渡辺美里の巨大な才能

      運行されることなども発表され、にわかに渡辺美里の周りが賑やかになってきた。 ■歴代5位、8年連続アルバム1位 この寄稿のために渡辺美里というアーティストのプロフィール、その詳細を目にして、少し背筋が伸びる思いがした。ガールポップの草分け的存在であることは十分に認識していたし、決して彼女の功績を軽んじていたつもりはないのだが、渡辺美里がその後の邦楽シーンに与えた影響の大きさは自分の想像以上であった。ファンの皆様は“そんなこと、お前に言われないでも分かってるわ、ゴラァ!!”と怒り心頭であろうから、素直に謝っておく。 まず、多くの方がよく知る渡辺美里の偉業となると、8年連続アルバム1位獲得と、20年間連続での西武スタジアムライヴが挙げられる。前者は松田聖子、中森明菜らと並んで歴代5位タイであり、実に9作品が1位を獲得しているのだから、彼女が国内屈指のアルバムアーティストであることは間違いない。そうと言うとご存知ない方はアルバムしか売れていないといった印象を受けるかもしれないが、当たり前のようにシングルヒットも多い。シングルで1位を獲得したのは2作品のみとアルバムに比べて少ないので、彼女の記録を語る時はアルバムに話が及ぶことが多いのだろうが、2位となったシングルは何と8作品もあるのだ。

      ■西武スタジアムで20年間連続ライヴ 西武スタジアムでのライヴは彼女の代名詞であろう。ある程度の音楽ファンなら渡辺美里のイメージは西武スタジアムに直結するかもしれない。1986年から2005年までの20年間連続21公演で延べ70万人を動員。TRAIN”という臨時特別列車が運行していたというから、芸能の枠を超えて話題を提供した。公演を行なった1986年の夏には、この他に大阪スタヂアムと名古屋城深井丸広場でもコンサートを開催しているのだが、これが女性ソロシンガーが行なった国内初のスタジアムライヴ。アイドル全盛期の今では10代の女の子がスタジアムクラスでコンサートを行なうことは珍しくなくなったが、それと比較したとしても、20年間も連続で行なったのだから、まさしく偉業と言える。ちなみに1986年の音楽市場での年間売上金額の記録は中森明菜、レベッカに次ぐ堂々の3位。 ■小室、木根、岡村、伊秩らが楽曲提供 そうした数字で表れる記録以外にも渡辺美里がシーンに示したものは少なくない。中でも注目なのは、のちの邦楽シーンに決定的な影響を与えたアーティストたちとコラボレーションしたことであろう。1985年のデビューアルバム『eyes』から小室哲哉、木根尚登、岡村靖幸、大江千里、白井貴子らが作曲で参加している。

      NETWORKで活動していたとはいえ、未だヒットに恵まれない時期であり、岡村靖幸に至ってはデビュー前である。をリリースしたのは1987年4月のことだから、まだその真価が一般に広まる前に作家として起用されていたことになる。その後、SPEEDの音楽プロデューサーとなる伊秩弘将、彼女の高校時代の先輩だった清水信之、佐橋佳幸も作曲に参加している。

      戦略、意向があったのだろうが、それはその後の彼らの成功を見ればこの上なく見事にハマったと言える。当時の新進アーティスト、コンポーザーと組むことで、渡辺美里自身のポテンシャルが上手く引き出され、それが広く認知されたのだ。

      ■歌謡曲全盛期のシーンに楔 また、こうしたコラボレーションは彼女を媒介として邦楽の多様性も伝播したのではないかと思う。そう推測するのは、先にお示しした彼女が年間売上で3位になった1986年を挟んで音楽市場が変化しているからだ。

      1985年まではオフコースや松山千春といったニューミュージック勢、あるいはサザンオールスターズがそこに名を連ねる年もあったが、上位は常に歌謡曲勢。特に1983年から1985年の3年間は連続で松田聖子と中森明菜が1位、2位を分け合っており、今見てもその牙城はかなり強固なものだったと思われる。BOOMが盛り上がったのも、渡辺美里のデビューから少ししてのことだ。

      渡辺美里はソロシンガーではあったものの、彼女に楽曲を提供したコンポーザーやアレンジャーのカラーを考えるまでもなく、そのサウンドはロックである。ソロシンガーであるゆえに渡辺美里の登場とブレイクがバンドブームと結び付けられることはこれまでほとんどなかったように思うが、事実を考えれば、渡辺美里の成功がのちのバンドブームを呼び、業界のブレイクスルーの一端を担ったという見方はそんなに突飛なものでもないのではないだろうか。これは記録に残っていることではないが、渡辺美里の偉業として捉えてもいいと思う。 ■リカットの多い洋楽的なヒットアルバム さて、相変わらず前置きが長くなって申し訳ない。Edition”がリリースされたこのタイミングでは4thアルバム『ribbon』を取り上げるのが正攻法だろう。『ribbon』は件の作曲陣のバランスがいいように思うからである。小室色が強いわけでも、岡村色、伊秩色が強いわけでもなく、この時期に彼女を支えたコンポーザーの楽曲を満遍なく収録。まさにバラエティー豊かな作品であり、“戦後最大のポップアルバム”というキャッチコピーも決して伊達ではなかったと思う。ちなみに7thアルバム『Lucky』も『ribbon』同様、多彩な作家たちが参加したアルバムだが、30周年の節目を考えればこちらを優先するのが筋だ。

      アルバム発表後のシングル発売、所謂シングルカットであるので、その容姿はベスト盤的だが、洋楽によくあったリカットの多いヒットアルバムに近いもので、シングルに耐えうる楽曲を多数収録していたマルチな作品と見た方がよかろう。からして当時の彼女のアーティストとしての勢いと、前述したロックテイストが全開で、掴みはバッチリという印象だ。

      アルバムの世界観、ひいては渡辺美里のアーティスト性にグッと引き込まれる。ミディアム~スローで、アップチューンが連続しすぎないというのも、少なくともこの時代は適切であったように思う。転調するが抑揚は薄く、そうかと思えば突然高音域に突入することもある、所謂小室メロディーとは真逆な印象だが、この辺りはそれをともに歌いこなす、シンガー、渡辺美里の実力を感じさせるところでもある。ここではどう仕様もない岡村靖幸らしさと、どう仕様もない渡辺美里らしさが、より明確に堪能できる。ひとりひとりが唯一無二のアーティストであるメジャー音楽シーンの中でも特に比類なき才能である岡村靖幸。M5の後半での合唱パートであったり、M6で前面に出たファンク色であったりはいかにも岡村らしいが、パッと聴き、岡村臭が目立つかというとそうでもない。岡村はデビュー前であるから、そのスタンスは作家寄りだったからかもしれない。つまり、渡辺美里の歌唱、ヴォイスパフォーマンスが岡村メロディーを糊塗していると見るのは正解ではないだろうか。そうで、彼女が歌うとどんなメロディーでもそれは渡辺美里の歌になるのである。ありふれた言い方で恐縮だが、作家陣が多彩なだけに本作は渡辺美里のシンガーとしての存在感を強調しているようでもある。 ■潜在能力を引き出した多彩なサウンド サウンドで面白いのは中盤以降。ギターもブラスも派手めなM6はスキャットがあったり、ゴスペルっぽいコーラスワークがあったりと、遊び心が発揮されている印象。ブラックミュージックの雰囲気を出そうとしている努力が十二分に感じられる。ギターもドラムスも音がザクザクと粗くカッコ良い。Cメロとアウトロでサイケっぽい味付けがされているので、かなりロックを意識していたことも偲ばれる。映画の劇伴的なサウンドというか、時代性を感じない普遍的音作りで、今となってはむしろ新鮮でもある。一方、中華的な旋律を内包しつつ、キレの良いバンドサウンドで聴かせるM9はYMO的と言ったらいいだろうか。音作りはそれに迎合していないというか、イントロでヒップホップ的なサンプリングを含めて、いろいろと試みていたことがうかがえる。こうしたチャレンジ精神が垣間見えるところも『ribbon』の良さであるし、その姿勢がアーティスト、渡辺美里の潜在能力を引き出し、のちにつなげていったのではないかと想像する。 ■まるで職業作家のような堂々とした作風 さて、最後に歌詞について。歌詞の面でもさすがに興味深いものは多いが、強調しておかなければならないのは、やはりその気高さすら感じさせる前向きさではないかと思う。 これもまた彼女の歌声とメロディーがそれを力強く後押ししていることは間違いないが、ものすごく堂々とした印象がある。こちらのほうが“何故”と訊きたくなるくらい、歌詞の主人公は凛としている。

      涙があふれだす》と、風景や温度、音をそれと特定しない形でしっかりと入れ込んでいる。

      これは不特定多数のリスナーにとってかなり感情移入しやすいものだろう。この時、彼女はまだ20代前半だったはずだが、その作風は職業作家のような老獪さすら感じさせるもので、改めて渡辺美里の巨大な才能を感じるところである。
      関連キーワード - フジテレビ - 明石家さんま - ブルゾンちえみ - モーニング娘。 - 小室哲哉 -

      明石家さんま、ハニートラップに遭い62歳の体に異変…!?

      ゆりやんレトリィバァ、ガンバレルーヤ、ブルゾンちえみなど総勢17人。今や飛ぶ鳥を落とす勢いの売れっ子女芸人たちだが、本当は仕事、恋愛、結婚、老後など、頭の中は悩みと不安でいっぱい。本音あり、爆笑あり、ハプニングあり、そして感動の涙ありと、話題とネタてんこ盛りの展開に。62年間、笑いのトップを走り続けてきた男の人生論を、同じ芸人同士だからこそ熱く伝授する。 まず、さんまに叶えてほしい願いを胸にロマンスカーに乗り込んだ女芸人たち。謎の設定かつハイテンションすぎるトークにさんまもタジタジ。 続いて、箱根に到着した一同を待っていたのはさんまの愛車。愛車を運転し、徐々にオフモードになっていくさんまのプライベートを聞き出す乙女たち。 そして、さんま主演の伝説のドラマ『男女7人夏物語』が大好きだといういとうは、賀来千香子を意識した80年代ファッションで登場。旅の要所要所でドラマネタをねじ込んでいき、ついには“さんま&あさこ”によるドラマシーンを完全再現する。一方、さんまとの混浴タイミングを虎視眈々と狙う女芸人も出現。を皮切りに、安藤なつ、ガンバレルーヤが、続々とタオル姿でさんまさんとの混浴に挑戦。両親は、芸人になることに大反対だったというが、家族会議で発せられたある人物の一言がきっかけで、さんまの芸人人生が転がり始めたという。
      関連キーワード - フジテレビ - 明石家さんま - ブルゾンちえみ - モーニング娘。 - 小室哲哉 - フジテレビ - ファッション - 明石家さんま - 大久保佳代子 - ブルゾンちえみ -

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「コーラス」とは何か?

「コーラス」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

コーラスに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • アワサウンズさん: 『山下達郎トリビュートバンド〜サックス募集!(東京都) 』ボーカル&ギター、ドラム、ベース、女性コーラス、キーボードで山下達郎のコピーで遊んでます(^^♪サックスの方を探してます相性が大
    > https://t.co/fArYuGWX79

    #バンドメンバー募集 - 2 日と 15 時間 57 分 3 秒前
  • 斎宮 高成@刀オケ鑑賞中さん: コーラスさん可愛い - 2 日と 15 時間 57 分 11 秒前
  • ゆにニン@命に嫌われている。 & ディカディズムさん: もづく君んんんんん!!!キレーなアウトサイダーだ!バックのコーラスもすごい綺麗!
    > https://t.co/oUP3hWZNZz

    - 2 日と 15 時間 57 分 39 秒前
  • たけさん: アテナかコーラスかしらんけど駆動系全部カンパにしてカンパリアホイールフロントバトンにして完全優勝クロモリTT組んでやろ。 - 2 日と 15 時間 58 分 2 秒前
  • がんちゃんさん: 最近『ナイト&デイ』が頭の中でずっとぐるぐる回ってて、これはMANAismロス禁断状態になってるか⁉️あの四人の素晴らしいコーラスとまあ様の軽やかな抜け感溢れるしなやかなダンスが目に浮かぶ❤️そして宝塚でのりかさんとまあ様のデュエットの姿も浮かぶ❤️ - 2 日と 16 時間 2 分 35 秒前
  • 桑原姉妹を応援し隊 さん: RT @nokyogyunyu: 6/3ひろろんワンマンliveのリハでした~ - 2 日と 16 時間 3 分 9 秒前
  • メイプル林檎さん: 今日の夕方の音楽は洋楽のCD「アバ コレクテッド」(2011年発売,CD3枚組,輸入盤)の3枚目のCDを聴いている。1972~1982年に活動したスウェーデンのポップ・コーラス・グループABBA(2つ目のBは正式には逆向き)…
    > https://t.co/DbM394fHyf

    - 2 日と 16 時間 4 分 23 秒前
  • いしださん: 下手マイクで瀧田さんとコーラスのときに後ろ向きで背を反らしてマイクに顔を寄せて歌う飯塚さんと、ちょっと屈んで紀章さんに顔を寄せて耳打ちを受けていた(しかも弾きながら)飯塚さんに心臓を捧げました。 - 2 日と 16 時間 4 分 55 秒前
  • sdzrecordsさん: RT @MARKINGRECORDS: 【new in】フランスのポストパンクカルテットRose Mercieの1stアルバム。決して派手ではないけどダイナミックな4声コーラスによるビターな甘味が、身体に魂にじわじわと注ぎ込まれる感覚。Raincoatsを開拓者とし、Elect… - 2 日と 16 時間 5 分 28 秒前
  • ミラさん: 元画像の「掲示板を使うのは」の括弧がコーラスみたいになってるの好き
    > https://t.co/Wj2MqrxpXV

    - 2 日と 16 時間 5 分 54 秒前
  • カシカ・タイヨウさん: 今回は何とかフルサイズの歌詞書けた。書けない時はワンコーラスすら書ききれないという安定感のなさ。(⌒-⌒; )書き方を見直さなければ…! - 2 日と 16 時間 6 分 1 秒前
  • イチゴさん: @sesame1223 楽しかったですね - 2 日と 16 時間 6 分 52 秒前
  • Sing J Royさん: RT @eiheiji_town: 永平寺町の歌 コーラス収録の参加者募集
    > https://t.co/HeIPjiJH4F

    永平寺町の歌 歌詞(短い言葉)募集 - 2 日と 16 時間 8 分 1 秒前
  • くすくす(村上ひろこ)さん: RT @projectuzu: さて、現在コーラスワークショップの参加申込は6名!6/4までに10名越えなければ中止です(´Д` )欲を言うなら20人くらい欲しい!合唱好きな方、Kalafina好きな方、歌が好きな方、経験問わず!集まれ!! #歌い手募集 #合唱 #kala… - 2 日と 16 時間 9 分 10 秒前
  • DANNE THE RECORDSさん: RT @singjroy: 【コーラスにあなたの声を!】  現在、みなさまからご応募いただきましたフレーズをつなげ、「いいのぉ いいなぁ~永平寺町のうた~」を制作しています。町民のみなさまにご参加いただき、歌にかかせないサビ部分のコーラス収録を行います。家族や友達を誘って、み… - 2 日と 16 時間 10 分 49 秒前
  • dorzen だずんさん: RT @roundkitagawa: 昨日のTDの動画。「シュビドゥビ」コーラス、良い感じ!!!!完成バージョン、凄く良い!!!!早く聴いてほしい!!!!#スロウスタート
    > https://t.co/nT4bzd05NW

    - 2 日と 16 時間 13 分 7 秒前
  • さん: RT @hatano_official: 本日M.O.E.のレコーディング最終日。最後に収録したのは「御旗のもとに」でした。分厚いコーラス収録楽しかった〜!結果、拓篤より先にゴールしてしまった(笑)今回も“2DへのLOVE”を沢山込めて歌わせて頂きました!完成が楽しみ… - 22 日と 2 時間 53 分 5 秒前
  • 江田るみ子さん: "Sun Flowers" Nagasaki Hibakusha Chorus 長崎被爆者コーラス「ひまわり」
    > https://t.co/skEUgM58Lb

    - 22 日と 2 時間 56 分 52 秒前
  • マルフォイ ⅱDXさん: ppや天空のジャンル名のアンセムは聖歌の意味フォイ 天空開幕のコーラスやpp開幕のcn地帯を聴けば雰囲気を想像できると思うフォイ 天空は厳密にはアンセムトランスでtiesto等が代表的なアーティストフォイ ppはdnbにアンセムの要素を足したアンセムコアフォイ - 22 日と 3 時間 1 分 51 秒前
  • セカオワ情報局さん: Nakajin本名 中島真一(なかじま しんいち)誕生日 1985年10月22日(30歳)担当 コーラス、ギター2013年のアリーナツアー以降は、Fukaseに代わりリーダーを務めている。 - 22 日と 3 時間 2 分 5 秒前

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング