なぜ「コーラス」なのか?

「コーラス」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      satoshi(ex.DIV) 率いるLapLus、1st Digital Mini Album「HAKUMEI」3月7日(水)配信決定!!

      を配信リリースする事が決定、その詳細が発表された。 全曲を通して感じられる美しいコーラスワークはLapLusの特徴とも言えるだろう。Albumに収録してきたところからは、独自性を強く主張したいというバンドの想いの表れと言えるだろう。 配信情報と同時に収録曲全曲が試聴できるトレーラーも公開された。是非試聴動画にアクセスしてLapLusの世界観をいち早く体感して欲しい。Facultiesを迎え高田馬場AREAにて開催が決定している。

      現在、プレオーダー期間中なのでトレーラーを聞いて興味を持った方は是非初ライヴに駆けつけて欲しい。 始動発表から立て続けにアクションを起こすLapLus、今後の活動から目が離せない。

      ラーメンとアニソンがコラボ!「小泉さん」ED曲の中本バージョンが完成

      (毎週木曜夜8.00-8:30ほか、AT-Xほか)のEDテーマに起用されている。

      全15店舗でコラボメニューを発売する他、期間限定の応援ソングが公開される。中本で最も辛い“北極ラーメン”をベースに、西沢の好物である“チーズ”をトッピング。さらに、たっぷりの野菜やミートボールもトッピングした、まさに“ロック”なラーメンとなっている。

      西沢自身が中本の魅力を歌詞に書き起こし、1コーラスを新規で収録。白根誠店主と西沢幸奏の熱い視線が印象的なコラボポスターも完成した。
      関連キーワード - アニメ -

      70sロック最高のアルバムと言っても過言ではないニール・ヤングの『ハーヴェスト』

      それだけでもすごいことなのに、4枚目となる本作『ハーヴェスト』はそれら2枚の名作を上回るほどの完璧な仕上がりで、まさに完全無欠の作品と言ってもいいのではないだろうか。これまでに通算40枚以上のアルバムをリリースしている彼の長いキャリアと才能は人間離れしているが、特に70年代の作品の完成度は、凡人はただただひれ伏すしかない恐るべきものである。ヤングとスティルスはお互いの才能を認めてはいたが、方向性や音楽性の違いで会えば喧嘩していた。ふたりとも我が強く、そもそもグループ活動には向かないタイプであったことは間違いない。ヤングはソロ活動が好きだったので、グループを離れたり戻ったりしていたのだが、他のメンバーも人間関係のストレスに嫌気がさし、2年足らずでグループは解散することになる。そして69年、彼ら3人のデビュー作『CS&N』をリリースすると大きなセールスを記録、全米チャートでも6位となる。独特のコーラスワークを武器に、彼らはまったく新しいタイプのフォークロックグループとして、ウエストコーストロックの原型を作ったパイオニアである。スティルスもヤングも、ふたりが揃えば絶対うまくいかないことは分かっていたはずなのだが、お互いのアーティストとしての才能は認めていただけに、こういう結果となった。

      ただ、ヤングはCSN&Yと並行してソロ活動も行なうことをグループ加入の条件としていて、彼自身、いつかグループを脱退することになるのではと予期していたのかもしれない。そして次のソロアルバムの曲作りとレコーディングなどに費やしている。

      帰宅するや否や本作を聴いたのだが、こんなに良いアルバムだとは思わなかったというのが本音であった。

      しかし、本当にその2枚よりも本作のほうが良かったのである。パワーに満ちた思春期の若者はもっとパワフルなエネルギーを感じたかったのかもしれない。その点、『ハーヴェスト』には前作にはないそこそこのキャッチーさがあった。いっても、売れ線のヒット狙いではなく、リスナーに媚びない頑固さが感じられる作品である。ナッシュビルの名セッションマンばかりで構成されている。

      彼らを使うには相当なギャラが発生したと思うが、その甲斐あって全編文句なしの演奏である。“名盤”という言葉は本作のようなアルバムにこそ相応しい。
      関連キーワード - アニメ -

      絢香×三浦大知/オザケン×スペシャルゲストなど2/16放送のMステはコラボが満載

      絢香×三浦大知やオザケン×スペシャルゲストなど、2月16日放送の『ミュージックステーション』ではコラボSPと題した様々なコラボレーションが披露されることが分かった。 絢香&三浦大知はコラボ曲『ハートアップ』をテレビ初披露。実は同い年という2人が、主旋律とコーラスとを互いに入れ替わりながら紡ぎ出すハーモニーは、まさに圧巻の一言だ。

      スペシャルメドレーを披露する小沢健二は、スペシャルゲストとのコラボを予定。ゲストの招待とコラボ内容は、放送を見てのお楽しみだそう。ピアノ伴奏のみの味わい深いスペシャルバージョンに期待したい。 そして好評の『高校ダンス部×J-POP』企画では、バブリーダンスで話題を集めた大阪府立登美丘高等学校を破り、日本一に返り咲いた同志社香里高等学校のダンス部が、スタジオゲストとして登場する三浦大知の楽曲で華麗な踊りを披露。三浦大知や野田洋次郎も絶賛の歌声を、ロック名盤のジャケットをバックに聴かせる。テーマの超前向き応援ソングで、視聴者にエールを贈る。
      関連キーワード - アニメ - ミュージックステーション - タモリ -

    リアルタイムトレンド Part I
    少女漫画 亀甲 - 村正 - - シルエット えとたま - りえしょん - タンス - Tシャツ 小竜 - 小豆 - twitter検索 - 診断メーカー 氷河期世代 - 窮状 - ネットカフェ難民 - 就職氷河期 クインズミラーグロ - 小倉大賞典 - トリオンフ - ダノンメジャー スロープスタイル - ワオ係数 - 三浦豪太 - トリプルコーク 東京競馬場 - ライラックカラー - 小宮有紗 - 乗馬 バイアスロン - クズミナ - スキー - トライアスロン ノンコノユメ - フェブラリーステークス - ゴールドドリーム - インカンテーション スマハマ - グレートタイム - ヒヤシンスステークス - パドック サマンサ女子 - 小山 山下達郎 貴闘力 - そこまで言って委員会 - 大鵬 山口俊 - ヤングマン - マシソン - 練習試合 鈴木誠也 - 堂林 - バティスタ - 高橋大樹 4回転アクセル - トリ - スポーツナビ 羽生君 - post - ロゴ ナンチンノン - コウエイエンブレム 世耕 ホズマー 卒婚 - 事実婚 - ノンフィクション ヒルシャー - 大回転 萩尾望都 - 天野喜孝 - 織田信成 iKON - Red Velvet - BI - 1位 青木理 - 谷口真由美 - 南スーダン - 豊洲移転 斎藤佑樹 - ロドリゲス - 島本 - 練習試合 アーティクルナイン 浦添配信 - スワローズ 村上佳菜子 - 伊藤みどり - 無良崇人 - 小塚崇彦

考察。「コーラス」とは何か?

「コーラス」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

コーラスに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE3\x82\xB3\xE3\x83\xBC\xE3\x83\xA9\xE3\x82\xB9') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143