なぜ「コダック」なのか?

「コダック」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      感情的な仮想通貨「批判」の罪…銀行を脅かすほどの「潜在力」、制度を育成すべき

      このところ仮想通貨をめぐる議論がヒートアップしている。

      筆者は仮想通貨に対する投資を積極的に推奨するつもりはまったくないし、こうした新しいプラットフォームについては順次、適切な規制を加えていく必要があるとの立場だが、一方で、仮想通貨が持つ極めて大きなポテンシャルも無視すべきではないとも考えている。

      このプラットフォームは、場合によっては、従来の金融機関の仕事を根こそぎ奪ってしまう潜在力があり、社会に大きなインパクトを与える可能性がある。 ただ感情的になって批判するのではなく、今、何が起こっているのか、そして現在進行形の事態に対して、社会としてどのような措置が必要なのか真剣に考える必要があるだろう。 ●仮想通貨というよりも、ベンチャー企業による資金調達 このところベンチャー企業などがICOを実施し、多額の資金調達を行うケースが増えている。

      企業が新しく株式を発行し、これを引き受けた投資家が資金を会社に払い込む。資金調達を行って成功して株価が上昇すれば、投資家は株式を売却して利益を得ることができる。 トークンにはサービスを利用する権利やプロジェクトが得た収益の一部を受け取る権利などが付与されており、その企業が成功すれば、多くの人がトークンを欲しがるのでトークンは値上がりする。さらにメジャーになれば、仮想通貨の取引所で売買されるようになり、投資家はこれを売却して利益を確定できる。 会社の株式は会社の所有権や議決権を定めたものであり、トークンはサービスを利用する権利などを定めたものなので、法的に両者はまったく異なる存在だが、ICOで発行されているトークンは事実上、ベンチャー企業、ベンチャー企業の株式と同じ役割を果たしている。

      ICOによって無数の仮想通貨が発行されていると報道されるので、通貨が乱発されているようなイメージを持つ人も多いかもしれないが、実態は少し違う。 コダックのような上場企業がICOを実施するケースもあり、日本でも上場企業のメタップスがICOを実施したほか、金融大手のSBIホールディングスも大型ICOを計画している。

      筆者がざっと確認したところではすでに1000を超えるICOが世界各地で実施されており、仮想通貨の価格が暴落した年明け以降も、ICOによる資金調達の勢いは衰えていない。 ●従来型の機関投資家は時代に合わなくなっている 株式を発行すると、商法や証券取引法の厳しい規制を受けるため、多額のコストや手間がかかる。一方、トークンによる資金調達はスキームにもよるが、こうした制約条件が少なく、より簡単に資金調達が可能となる。スマホ時代を迎え、ベンチャービジネスがより小規模になり、事業の立ち上げが簡単になったことも、こうした新しい資金調達を後押ししている。

      VCは時間をかけてベンチャー企業を評価し、10億円単位の資金を投入した上で、時間をかけて育成するのが標準的であった。

      しかし、近年は、起業家がアイデアを立案すると、すぐにプログラミングしてサービスを立ち上げるのが当たり前となっている。

      こうした、動きの速い新世代のベンチャービジネスに対して、従来の投資ファンドは規模が大きすぎる。ネット上で新しいプロジェクトを告知し、趣旨に賛同した個人投資家から資金を募るというコンパクトなスキームに対して、ICOのプラットフォームはうってつけなのだ。

      こうした状況に目をつけ、実際にはプロジェクトが存在していないにもかかわらずお金を騙し取るという詐欺も横行している。

      それでもICOを実施しようという企業は今後も増える可能性が高く、それに応じる投資家層も拡大していくだろう。 現在は、設立間もないベンチャー企業の資金調達が主流だが、ICOのプラットフォームはあらゆる種類の資金調達に応用できる。その気になれば、規模の大きい企業が、商業銀行や投資銀行を介さず、直接トークンを発行して資金を調達するということも理論的には実現できてしまう。 技術的に可能になったことに対して感情的に反発したり、否定しても問題の解決にはならない。いったレベルでの議論に終始し、適切な管理の枠組みについて議論しないまま事態が進行することである。 法律の枠外による資金調達が増加すれば、投資家の安全が保護されないケースが出てくることに加え、マネーフローの把握が極めて難しくなったり、最終的には既存の金融機関の経営が脅かされるなど、多くの問題が発生するだろう。 日本は、仮想通貨についていち早く法整備を進めた国であり、ある意味では世界の先端を走っている。

      ICOについても、実質的には株式による資金調達に近いという考え方を共有し、会計、税務、法務においてどう位置付けるのが適切なのか、議論を進めていく必要がある。 重要なのは、健全な市場を育成することであり、新しい技術を抑制したり封印することではない。
      関連キーワード - 仮想通貨 -

      富士フイルムの不振ゼロックス買収、報じられない重大リスク…成長戦略と逆行か

      まず富士フイルムHD傘下の富士ゼロックスが金融機関から約6700億円を借り入れ、その資金を元手に富士フイルムHDが持つ全自社株の75%を取得、米ゼロックスの完全子会社になる。続けて、富士フイルムHDがゼロックスの第三者割合増資を約6700億円で引き受け、ゼロックスに50.1%出資する。 あわせて富士ゼロックスは国内外で従業員の2割にあたる1万人を削減。2001年3月、米ゼロックスの業績不振もあって、富士写真フイルムが富士ゼロックスの出資比率を75%に引き上げた。して知られ、米ゼロックス株の約9.7%保有する筆頭株主。コピー機で世界をリードしたがペーパーレス化が進み、需要が伸び悩んで経営が悪化。富士フイルムHDとの合意内容を即時公表するよう求めたという。 富士ゼロックスでは昨年、海外の販売会社2社で375億円の不正会計が発覚。この問題が米ゼロックスに飛び火して、アイカーン氏は間接的に富士フイルムHDに揺さぶりをかけた格好となった。米ゼロックスがコダックにならない前に、米ゼロックスを富士フイルムに買収させようとしているとの観測が駆け巡っていた。そして実際、アイカーン氏の主張通りの展開となった。 ●富士フイルムHDには米ゼロックスの買収は吉と出るのか凶と出るのか 富士フイルムHDが富士ゼロックスの経営の抜本的見直しを迫られていたのは確かだ。

      親会社の富士フイルムHDは、17年6月22日に開催した富士ゼロックスの株主総会で、架空売上の責任を取らせ、山本忠人会長ら取締役4人を解任、栗原博社長は続投した。富士フイルムHDの古森会長が富士ゼロックス会長を兼務し、富士フイルムHDから合計7人の役員を派遣。 富士ゼロックスが手掛ける複合機やプリンターなどの事業部門は、富士フイルムHDの大黒柱である。富士フイルムHDの事業は、大きく3つの部門に分かれる。これまでの稼ぎ頭は、富士ゼロックスが大部分を占めるドキュメント事業だった。富士フイルムHDと米ゼロックスの16年度の売上は単純合算すると3.3兆円に達する。そのうちコピー機や複合機など印刷機の販売が3分の2を占める。新興国市場では需要は伸びているが、先進国ではペーパーレス化が進み、米ゼロックスが得意とする保守などサービス事業が伸び悩んできた。業績低迷が続く米ゼロックスを子会社にするというリスクに直面することになるからだ。

      古森会長は主力の写真フィルムの急減という危機に際して、液晶ディスプレイ材料や医薬品などにシフトする構造改革を断行し、成功を収めてきた。

      しかし、米ゼロックスの買収で複合機の比重が3分の2に高まってしまう。成長路線とは真逆の選択をしたことにならないのか。米ゼロックスの買収は成長戦略の足枷になる可能性がある。 富士フイルムHDの足元の業績も厳しさを増している。

      18年3月期の連結売上高は2兆4600億円を据え置いたものの、営業利益は前期比24.5%減の1300億円となる。富士ゼロックスの構造改革に伴う費用の増加が重荷となる。 富士ゼロックスで稼いできたドキュメント事業の営業利益は前期比で8割近く落ち込み190億円になる見通しだ。

      当初、ドキュメント事業の営業利益は740億円としていたのだから、550億円のマイナス。これが富士フイルムHDの業績の足を引っ張っている。

      米国の名門だが、斜陽の企業を巨費を投じて買収して、短期間で結果を出せるのか。安倍晋三首相の経済ブレーンである大物財界人の古森会長が下した海外大型M&Aの決断は、果たして吉と出るのか。 1月31日、東京株式市場に米ゼロックス買収の情報が流れると、富士フイルムHDの株価は取引終了間際に急落した。伴い、米ゼロックスの株主に25億ドルの特別配当を実施する。米ゼロックスはニューヨーク証券取引所の上場を維持し、社名を富士ゼロックスに変更する。
      関連キーワード - 仮想通貨 - 安倍晋三 -

      【NEW MUSIC】今週リリースされた注目の洋楽ソング(2/2付)~ザ・ウィークエンド&ケンドリック/ジェニファー・ロペス/イギー・アゼリア&クエヴォ/チャーチズ


      関連キーワード - 仮想通貨 - 安倍晋三 -

      Kodakも仮想通貨プロジェクトに参入へ。株価、一気に跳ね上がる

      多くの人が実態を理解しないまま、名前ばかりが飛び交っているブロックチェーン。Vergeが報じたところでは、Kodakが実態のよく分からない仮想通貨ベンチャーに乗り出したとのこと。 コダックによる仮想通貨KodakCoinは、ブロックチェーンによって稼働するKodakOneという権利マネージメントプラットフォームでトークンとして機能するとのこと。この仮想通貨とプラットフォームによって、写真家たち、エージェンシーたち共に画像の権利マネージメントにおけるより良いコントロールを得ることができる、とプレスリリースでは説明されています。

      強い鼻息が聞こえてきそうな、力強い声明です。Barron'sの取材によると、後にClarke氏はブロックチェーン技術は将来非常に重要になるけれども、株価が2倍になるようなことではないと語っています。


      関連キーワード - 仮想通貨 - 安倍晋三 -

考察。「コダック」とは何か?

「コダック」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

コダックに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • ゆ の ち ゅさん: @kodakkujinrouZ コダックはよ寝なさい(笑) - 28 日と 4 時間 32 分 31 秒前
  • コアルヒーさん: あっ!向こうから コダックが 歩み寄ってきた!コアルヒーも コダックのことが 気になるみたい…! - 28 日と 4 時間 59 分 10 秒前
  • Spuallさん: RT @yutarillex0509: コダックダンス1日に1回は見る
    > https://t.co/MDkLYKbOq5

    - 28 日と 5 時間 16 分 18 秒前
  • ヴィーナスちゅわんさん: こんなに泥酔していてUFOキャッチャーもかなり厳しいせっていなのにコダックを手に入れた私は強い - 28 日と 8 時間 48 分 35 秒前
  • UDXさん: RT @transgreytest: 【Kodak Black 息子に対するネグレクトの容疑で逮捕】実際コダックは息子を虐待するような人物ではない。シングルファザーで、最近も育ての母親を探していた。しかし彼の日常茶飯事であるマリファナを子供の近くで吸ってしまい、それをイ… - 28 日と 9 時間 44 分 47 秒前

話題のトピック