なぜ「ウエアラブル機器」なのか?

「ウエアラブル機器」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      「世界のSEIKO」失われた輝き…東京五輪で公式時計に不採用、盟友エプソンと腕時計戦争

      TRUMEはセンサー融合技術で高精度に計測した位置や気圧、高度、方位などの情報をアナログ針で表示するほか、チタン合金に光沢感を持たせたパーツ加工など外観にもこだわった。最先端のアナログ時計を追求したというのが謳い文句。時計でのブース設置はセイコーエプソンでは初めてだ。

      エプソンは家庭用プリンターで知られるが、時計は創業時からの事業であり歴史は長い。自社ブランドでセイコーウオッチと戦うことになる。 エプソンは、時計型端末事業をプリンターやプロジェクターに次ぐ事業の柱に育てる方針。今年4月、完全子会社だったオリエント時計を統合した。オリエント時計は、前身の吉田時計店が1901年に創業した老舗時計メーカー。バブル期にNTTや百貨店、銀行株に手を出し、バブル崩壊で巨額の株式の含み損が発生。 オリエント時計がすがったのがエプソンだった。エプソンが1997年にオリエント時計の筆頭株主となり、2009年に完全子会社にした。そして今年4月、開発や製造はエプソン、国内販売は子会社のエプソン販売に統合し新たな腕時計を出すことにした。売上高に当たる売上収益は前期比6%減の1兆248億円、営業利益は同28%減の678億円。時計事業はセイコーウオッチ向けにOEM供給を行っていたが、12年からは一般向けのリスト型のウエアラブル機器を発売した。 セイコーウオッチ向けOEMビジネスに加え、オリエント時計やウエアラブル端末など、時計関連事業の比重が増したことから、15年にウエアブラル機器事業部を新設した。そこで自社ブランドの腕時計の投入で、26年3月期には17年3月期比2倍弱の1000億円以上に引き上げる目標を掲げる。そのための初の自社ブランドのアナログ高級腕時計がTRUMEというわけだ。

      売上高は前期比13%減の2571億円、営業利益は同44%減の74億円と大きく落ち込んだ。

      主力のウオッチ事業の売上高は1345億円で前期より299億円の減収、ウオッチ部門の営業利益は76億円と前期より51億円の減益だ。

      オリンピックで歴代もっとも多く採用されているのはオメガ社。東京オリンピック開催決定前からオメガ社に決まっていたが、世間はSEIKOブランドが輝きを失った出来事と受け止めた。 というのも、1964年の東京オリンピックではセイコーのクォーツ時計がオフィシャルタイマーに採用された。スイス政府の猛反対にあって結局、買収できなかったといわれている。

      ●スイスの高級時計が腕時計市場を席巻 現在は様相が一変した。 日本時計協会の統計によると、2016年のウオッチ完成品の国内市場規模は7867億円。輸入品が6007億円で76%、輸入品は高級品がスイス製、低価格品が中国製だ。

      国内メーカーは、かつてはセイコーが時計の代名詞だったが、今では力関係が拮抗してきた。 1位はカシオ計算機、17年3月期の時計事業の売上高は1696億円。2位はシチズン時計で、17年3月期の時計事業の売上高は1636億円。3位がセイコーHDで17年3月期のウオッチ事業の売上高は前出の通り1345億円。 エプソンは、セイコーウオッチへのOEM供給から、自社ブランドの腕時計メーカーへの脱皮を図り、年商1000億円を目指す。カシオ、シチズン、セイコーの腕時計大手3社のなかに割って入ることを狙う。セイコーエプソンとセイコーウオッチが、シェア争いで火花を散らすことになる。

      スタートアップ大国イスラエルが仕掛ける世界制覇系ビジネスの秘密

      人口800万人のこの小国には、100億円を超える金額で買収される企業も生まれています。

      10年以上前からイスラエルに注目し、現地で日本企業向けのコンサルティングを展開する株式会社イスラテックの代表、加藤清司さんにイスラエルの今を伺いました。

      |株式会社イスラテック代表取締役 1980年11月19日浜松生まれ。注目し、そのルーツを調べ、イスラエルにたどりつき、イスラエルへと旅立ち2ヵ月過ごす。開始時から一貫して、一次情報を得ることを重視し、独自のイスラエルスタートアップのデータベースを構築している。

      現在、日本を代表するテクノロジー企業を対象に、イスラエルのスタートアップとのアライアンスを支援。2017年1月、『スターアップ大国イスラエルの秘密(洋泉社)』を出版。 加藤氏と著書『スタートアップ大国イスラエルの秘密』。例えば、研究開発力を高めたいとか、イノベーションを起こしたいとか、投資していきたいといった日本企業のニーズに基づいた調査です。ちろん、調査の中に、イスラエル企業の目利きもあれば、コンサルティングもあれば、その先のコーディネート、現地に一緒に付いていって企業に会わせたりとか、連絡を取ったりとか、会社によっては交渉の代行、現地の拠点をつくるところを手伝ったり、戦略を立てたり、競合分析もしたりとか、けっこう幅広くやります。あまり日本でイスラエルの情報って出ていないですよね。

      加藤さんの本『スタートアップ大国イスラエルの秘密』がAmazonの部門別ランキング1位になりましたが、まだまだ知られてない。自動運転技術の根幹は、カメラを使って物事をしっかり捉えて判断する技術です。日本の大手自動車メーカーがその技術を開発したとき、複眼のカメラ、つまりカメラが2つないと実現できない技術だったわけです。そうすると、自動車メーカーはコスト競争で確実に有利に立てるわけです。実際、Mobileyeはこの分野の市場で世界シェアの80%以上をとっています。

      この企業は、自動車同士の高速通信技術を開発している企業です。事故りそうになったときにその通信が3秒もかかったら意味がありません。
      このような通信には速さと並列性が必要で、つまり、1台だけ高速で通信できても意味がなく、2台目も同じくらい速く、同時に通信できる必要があるわけです。 Autotalksの技術は、1000台くらいの車と同時に高速通信ができます。
      メガネ型のウエアラブル機器で、眼鏡を通して見た文字情報を音声で読み上げてくれます。使い方としては、例えば新聞を読むときに、文字を指差すだけで音声で読み上げてくれます。Analyticsの全ウェブ版と言われるSimilarWebなんかは身近に使え、競合サイトの訪問者数などを簡単に調べることができるウェブツールです。オランダ、イタリアと並んで、いわゆる農業先進国と言われていて、その土台は高度な農業技術で支えられています。

      例えば、水技術だと、茎の栄養度を測って、それに応じた栄養を茎の根本に与えていく技術があります。点滴潅水技術と言われるもので、植物の茎の根元だけに水を垂らすシステムなんです。さらに最近だと、上空にドローンを飛ばして、畑の土壌の栄養度を測り、ここはほかの土壌に比べて栄養度が足りないからここはもうちょっと肥料をまいてください、といったフィードバックがもらえる技術も出てきました。

      彼らがやっているのはそういうプリミティブな発想なんです。ソフトウエアだろうがハードだろうが全部関係なく、その人がすべてのアルゴリズムを見ているんです。上司の言っていることが間違ったら徹底的に食って掛かる。日本だとあり得ないですが、CEOだろうが間違ったことを言ったら部下に責められます。だから、イスラエル人の言うことは、言葉どおり受け取ったほうがいいです。なぜなら、言葉通り受け取って、誤解されてしまうから。普段はバラバラで、言い方は悪いですが、自己主張が激しくて、自分勝手で、行きたい方向にみんなが1人歩いていく。会社を立ち上げてイグジットで売り抜こうって思っている人たちも結構いますし、20年、30年も経営しようっていう考えの人たちもいます。

      ただ、1つあるのはイスラエルの場合、身近で成功した人が日本以上に多いんです。イスラエルでは100億円以上の価値で売却された会社が去年だけでもう10社以上は生まれているので、株を5%持っているだけでも結構なお金持ちになっちゃうんですよ。まったく自分たちが考えも付かないようなところから考えているところです。う1つ、これはユダヤ人特有かもしれないんですけど、世界制覇系のビジネスが多いんですよ。 加藤さん:業界をひっくり返すようなビジネスという意味です。 加藤さん:シリコンバレーはビジネス的なイノベーションが多いと言われています。

      加藤さん:もともとセールス、デザイン、マーケティングが弱かったんですが最近はUIも勉強してしっかり整えてきますね。


      賢い企業はデザインチームをニューヨークに置いて、開発はイスラエルでやってますね。


      異端や反対意見を認める多様性 テルアビブ中心部のオフィスタワーからテルアビブ北部まで続く住宅街の様子。 加藤さん:これは私の持論なんですが、どこの国でも優秀な層の人数は変わらないはずなんですよ。日本とイスラエルを比べた時、日本はイスラエルの15倍くらい人口が多いんですが、超優秀なトップ層の厚さは変わってくる。 イスラエルの研究者とかで特徴的なのは、当時、亜流とか邪道と言われていた方法で研究している人たちであることです。こういう人たちが受け入れられているところが、イスラエルの多様性と結び付いています。

      どこの政府もゾンビの存在を信じないから次々と感染者が増えて崩壊していく中で、イスラエルだけは早期に対策して生き残るという設定でしたね。

      最後に、今後のイスラエルの展望や今年加藤さんが目指していることなどあればお願いします。

      私がイスラテックとして今年やろうとしていることとしては、まず日本からイスラエルに行く人の数を増やしたいなと思っていて、やっぱりイスラエルって中東の遠い国なので、行ってみないとわからないことが多い。 世界のスタートアップシーンで確実に存在感を増しつつあるイスラエル。

      「健康でありたい」という意識は世界共通。Fitbit CEOジェームズ・パーク氏インタビュー

      ダイエットも全く同じですが、運動のモチベーションを長期間にわたって維持するのは簡単ではありません。
      同社のサンフランシスコ本社を訪れて見えてきたのは、Fitbitを始めとする健康系ウエアラブル機器の未来と可能性です。という人のために、Fitbitについての予備知識をまず説明します。呼ばれるデバイスで、腕などに付けて使うウエアラブル機器です。このデータを健康維持やフィットネスなどに役立てることができます。
      Fitbitの魅力は、自分のフィットネス状態をシンプルに可視化してくれることにあります。スマートなのが、睡眠時間を自動で識別してくれるところです。ウォーキング、ランニングといったエクササイズの種類も自動で識別して記録してくれるので、普通に生活していれば特別な操作なしで、自動的にデータが蓄積されていきます。 また、おもしろいと思ったのが、有酸素運動によるフィットネスレベルのスコアです。これは、体がどれだけ酸素を取り込む能力があるのかを指標化したもので、心拍数やフィットネスデータを元に、同年齢の人と比較して自分がどれくらいエクササイズできているかを示してくれます。単純に歩数やエクササイズ時間のデータを見ただけでは、自分がどれだけ運動できているのかわかりにくいですが、このような指標があることで自分の健康度がよくわかります。2006年12月の終わり、私は任天堂のWiiを数時間も並んで購入しました。

      テレビゲームといえば1人で暗い部屋で黙々と、みたいなイメージでしたが、Wiiのゲーム体験はフィジカルで、家族や友人を巻き込んで楽しむスタイルでした。 でも、Wiiの素晴らしい体験はリビングルームの中に限られたものでした。この体験をポータブルな形でリビングルームの外に持ち出せないか、と思ったのがFitbitが生まれたきっかけです。健康のためにエクササイズをするのが大切だと、頭ではわかってはいても、私も含めて大半の人はなかなかやる気が起きない、という現状があります。 パーク氏:1つのことが重要というわけではなく、さまざまな要素が関わってエクササイズをするモチベーションを促すことができると考えています。

      私が特におもしろいと思っているのは、ソーシャル体験です。Fitbitから得られたユーザーデータを解析すると、一緒にFitbitをつけてエクササイズする友だちが増えれば増えるほど活動量が増えることがわかりました。

      データをただ集めるだけでなく、活用することが重要だと感じます。Fitstarはエクササイズのパーソナライズ指導をしてくれるサービスで、Fitbitのデータからユーザーのエクササイズレベルを理解して、次にどんなエクササイズをしたら良いかを教えてくれます。日本市場へのローカライズについて教えてください。 パーク氏:Fitbitが創業当初から大切にしてきたことは、Fitbitはどこかの国だけで販売したり、特定の国の人向けに作ったりしているわけではない、ということです。Fitbitはかなり初期の段階でグローバルに展開してきました。



      ただ、文化によって健康についての考え方や方法論の好みに違いはあります。また、エクササイズをする目的についても、例えばアメリカ人はよりアクティブになるためと答える人が多いですが、中国ではバランスをもたらすため、日本では病気にならない体づくりのため、という回答が多いです。 とはいえ、健康的でありたいというニーズがあるのは同じで、大きな可能性を感じています。

      これまでのFitbitの進化を見ると、搭載するセンサーの種類を増やすことでFitbitの価値が高めてきました。

      腕に身につけられるスペースには限りがあるからです。睡眠障害や循環器系疾患といった病気のことを考えると、少なくとも深刻な状態になる前に何かしらの警告をすることは技術的に可能です。Fitbitはこれまでの研究開発を通じてさまざまなことがわかるようになりました。

      これらのモデルの開発から学んだことについて教えてください。ユーザーはそれぞれ異なる好みをもっているし、大きさも違えば、求めるバッテリー持続時間、1つの製品に払ってもいいと思える金額も異なります。私たちが開発したFitbitの製品にはさまざまな種類がありますが、それぞれが異なる目的をもっています。

      例えば、Flex2はウェアラブルながら、身につけていることを忘れられる製品です。最後に、日本のユーザーへのコメントがあればお願いします。

      例えば、高血圧や糖尿病といった慢性疾患は、定期的にエクササイズをする、といった生活習慣を変えることで予防できる可能性が高くなります。 現代のヘルスケアは治療医学をベースに作られています。

      つまり、それは、病気になったらどう治すか、ということです。生活習慣病のような慢性疾患はどうやってならないように予防するか、という予防医学の考え方が重要です。Fitbitは病気にならないようにどう予防するか、という分野でもっと活躍できると考えており、大きな社会的意義を感じています。

      各国でそれぞれ異なるエクササイズのニーズに合わせて、Fitbitはこれからもユーザーに合った製品やサービスを提供していきます。製品価格も、エントリーモデルなら数千円、ハイエンドモデルでも2万円ほどで購入できる手軽さもうれしいところです。

      ただ、Fitbitが向かっている方向性は、ハードウェアやソフトウェアの進化だけではないと思いました。

      これは、Fitbitのデバイスを社員に配布して、日々の運動量などを計測し、疾病と活動データの因果関係を分析する取組みです。同社は、Fitbitで得られたデータを活用した新しい保険商品の開発を検討する、としており、これが実現すると、Fitbitで日々エクササイズをしている人は病気になるリスクが低いと見なされて保険料が安くなる、といった全く新しいタイプの保険ができる可能性があります。 そして、メリットがあるのは企業や個人だけではありません。

      スマホの健康管理が医療を変える?すでに生命保険は…

      PIXTA(ピクスタ) この数年、銀行決済から買い物、エンターテイメントに至るまで、スマートフォンは我々の生活を大きく変えてきた。その、スマホの次のターゲットとされているのが、最後の砦とされる医療分野。次世代を見据え、医療に特化したスマホの開発が現在注目されつつある。 「例えば発疹を起こした場合、患部の写真を撮りアップロードすると、数分以内に専用のコンピューターが分析し、症例をアプリ内で教えてくれる。 まず年に1回で行われている、会社による健康診断は形骸化し、ほとんど無意味となる。そうなると最初に失業の危機を迎えるのは、健診を主に行っている医師や、X線技師などだ。

      これらの医療従事者にとっては、重大な事態が訪れるかもしれない。 医療保険の世界では、すでに変化が起きつつある。パソコンの利用者が減り、代わりにスマホの利用者が増えたことから営業戦略や、商品そのものの見直しを迫られているのだ。

      「アメリカでは保険会社が、加入者がスマホで健康管理をしているかどうかを判定し、保険料に差をつけ始めています。

      自動車保険でも、走る距離によって差がつくように、健康についても普段から自分の体に気を配っている人は、病気のリスクも低いということなのだろう。 このような取り組みが、すぐに日本で導入される可能性は低い。だが、すでに外資系を含む数社は、大企業の健康保険組合とタイアップして、スマホによる健康管理の効果について実証実験を始めている。

      そんななか、日本でも衆議院議員の小泉進次郎氏が、“健康ゴールド免許”を提案した。普段から健康管理を行っている人の医療費負担を優遇しようという内容だ。

      実現すれば、保険料や病院窓口での支払いに差がつく。 世間でも、きっちりと自分の体について管理している人としていない人の保険料が同じなのはおかしい、という思いが次第に広まりつつある。生活習慣病やメタボを放置したままの人は、生きづらい世の中に向かっているようだ。


    リアルタイムトレンド Part I

考察。「ウエアラブル機器」とは何か?

「ウエアラブル機器」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

ウエアラブル機器に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • インベスター・スタローンさん: RT @kabuneko777: 6656インスペックの特買いはこれかな - 15 日と 15 時間 51 分 1 秒前
  • Naoya Sanoさん: インスペックは「フレキシブルプリント基板」を検査する高速外観検査装置を開発し、6日から受注を始める。フレキシブルプリント基板は薄くて柔らかく折り曲げられるため、スマートフォンやウエアラブル機器、プリンターのヘッド部分など幅広く使わ…
    > https://t.co/8GKC4n9PGD

    - 15 日と 18 時間 46 分 20 秒前
  • 夏目真帆さん: Android Wear【アンドロイドウエア】身に着けて使うウエアラブル機器向けのOSだね。Android搭載機器と連携するよ。例えば、メールやスケジュールのアラートなどの通知をスマートフォンからAndroid Wear機器にするよ。#PDtan - 17 日と 14 時間 32 分 47 秒前
  • WEASEL@遺伝子組換え済さん: 次世代の消防救助用ウエアラブル機器『スマートマスク/スマートゴーグル』コンセプトモデルを共同開発 - エプソン
    > https://t.co/bRP6GMAcnz

    #東京国際消防防災展2018 - 22 日と 4 時間 24 分前
  • やっくんさん: RT @st_kenkyu: 飲み込む「ごくり」音でAIが誤嚥判定 筑波大、ウエアラブル機器製品化へ
    > https://t.co/h5OxOStuAg

    - 24 日と 8 時間 36 分 16 秒前
  • 三輪書店_眼科書籍編集室さん: 《テクノロジー》煙の中で逃げ遅れた人を確認、 次世代救助システム「STAR RESCUE SYSTEM」の消防救助用ウエアラブル機器として、セイコーエプソンと一般財団法人日本消防設備安全センターが「スマートマスク」と「スマートゴー…
    > https://t.co/q2OX39dFN1

    - 1 ヶ月 3 日と 15 時間 4 分 22 秒前
  • Y損切り野郎さん: RT @kamatahiro:
    > https://t.co/7CsPRLpZeQ

    埼玉県・藤倉ゴム、マグネシウム蓄電池を試作 リチウムイオン電池より材料コストが安く、発火の危険性が低いことなどからウエアラブル機器などへの利用が期待される。2022年度に量産化技術の開発に入る計画 - 1 ヶ月 5 日と 8 時間 38 分 59 秒前
  • kohinasaさん: RT @ieiri_lab: 【従来の手書き記録に比べると、圧倒的な省力化。汎用機器を組み合わせるだけで、実用機器が開発できるというお手本です】タイル打診調査を1人で!奥村組がウエアラブル端末で大幅省力化/建設ITワールド
    > https://t.co/qPBNVR00Dj

    #奥村… - 1 ヶ月 10 日と 15 時間 53 分 17 秒前
  • waiwai49さん: RT @nilnil26: ただ先の会社が自前でウエアラブル端末を用意できるように思えずパートナー会社が必要なはずだが、関係会社を調べても組み込み機器開発会社はあるけどデータヘルスやっている所は見つからず。 - 1 ヶ月 20 日と 12 時間 1 分 10 秒前
  • つかさん: RT @techon: ams、ウエアラブル機器に適用可能な生体情報センサー向けリファレンス設計
    > https://t.co/QZaP29i40L

    - 1 ヶ月 26 日と 16 時間 47 分 7 秒前

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング