なぜ「アレロパシー」なのか?

「アレロパシー」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      【危険外来植物】在来種を駆逐するナガミヒナゲシが生態系を破壊



      関連キーワード

      新元号「令和」。平成「ナガミヒナゲシ騒動」と大伴旅人の描いた楽園を思う

      フェイクの額が用意され、まずそれが掲げられて「あ、ちがいました。

      そんな4月はじめごろから、近年全国各地でよく見られるようになる外来生物があります。名前は知らなくてもほとんどの人がごらんになっているはずの雑草です。昨年、この植物をめぐって、ある騒動が起きました。

      ヨーロッパ、中東、北アフリカの地中海地方沿岸原産のケシ科の越年性の一年草。三月末ごろから咲きはじめ、五月いっぱい咲きつぎます。長実で、実鞘が細長い形になることからつけられました。

      筆者もかなり前からナガミヒナゲシをあちこちで見かけていて、葉のかたちが丹精で美しく、特に早春の頃の地に伏したロゼットは、印章のようできれいだなあ、と思ってながめていました。

      六月ごろに結実しますが、一つの鞘の中に1500以上の細かな種(芥子粒)がおさめられていて、風や生き物、自動車のタイヤなどについて拡散します。中には、この花が大好きだった子供が、そうしたニュースを見て以来怖がるようになってしまった、なんていうちょっと悲しいエピソードも。コンクリートやアスファルトの隙間から生え出てたくましく花を咲かせているためにとんでもない生命力と思われがちですが、ほとんどの強い雑草も同じように厳しい環境で花を咲かせています。

      確かに生態系は大事ですし、生物の多様性、地域固有種の保存は大切な問題です。その地域固有性や生態系をかく乱し、容赦なく破壊しているのは間違いなく私たち人間です。外来生物の侵入を防いで固有種を守る、などというのは、もはや贅沢な絵空事でしかありません。
      人間が出来るのは環境破壊をしないよう心がけ、生物の環境収容能力を落とさないように務めること。漢籍に深い造詣を持った歌人、大伴旅人(おおとものたびと)の邸宅で催された歌会です。壬申の乱で大功のあった名門大伴家の宗主として、壮年時には征隼人時節大将軍に赴任、隼人族(九州に大小あったといわれる、南方系海洋民とも交雑していたと考えられる少数部族。神話では熊襲とも言われました)反乱の平定に当たり、律令国家の成立に貢献しました。

      天平二年正月十三日に、師の老の宅に萃(あつ)まりて、宴会を申ぶ。時に初春令月、気淑く風和らぎ、梅鏡前の粉を披き、蘭珮後の香を薫す。加以(しかのみならず)曙の嶺雲を移し、松羅(うすもの)を掛けて蓋(きにがさ)を傾く。夕の岫(くき)霧を結び、鳥殻に封めらえて林に迷ふ。ここに天を蓋にし、地を座(しきゐ)にし、膝をちかづけかづきを飛ばす。言を一室の裏に忘れ、衿を煙霞の外に開き、淡然として自らひしきままにし、快然として自ら足る。春霞がたなびき、松は薄物をまとったよう、春に羽化したシジミチョウかシロチョウが飛び、高空には北へと帰る雁の群れの姿が見える。この大きな空の下、何もかまえることなく、皆で一つの家族のように心を開いて過ごし歌おうではないか。憶良の才が、旅人の感性と人柄に共鳴して引き出されたとも思われる、雄大なスケールと生命への慈しみや親愛に満ちた序文です。元来穏やかで優しい性格であったらしい旅人にとって、これは致し方ない戦争とはいえ、心に深く刺さった棘でもありました。

      提言し、本格的な同化政策に80年にわたる猶予をもたらしました。

      中国の知識人の習慣に通じていた旅人は、中国の知識人が世捨て人や仙人のように酔いどれて楽しんでいたことを知っていて、あえてこのような歌を読んでいます。

      そしてここには、中央政権内の血みどろの政治抗争や、自らが指揮した隼人討伐で心ならずも討ち果たしてしまった隼人の人々、人間の世のむごさ、残酷さへの批判が背景にあります。ちっぽけな路傍の花であるナガミヒナゲシを目の敵にするような偏狭な世の中ではなく、人間にとっても他の生き物たちにとっても、相和す楽しい時代であってほしい、と切に願います。

      七十二候「菊花開(きくのはなひらく)」キクの季節。寡黙な嫌われ植物・セイタカアワダチソウを見直そう

      なっていますが、いずれにしても旧暦ではこの頃に菊の節句、つまり重陽の節句がやってきて、そこかしこにキクの花が開き、秋を彩ります。栽培菊(イエギク)だけではなく、野の花も秋は特にキク科が目立つ季節。ご存知コスモスもその一つですが、それと同じくらい目立つキク科の帰化野生植物の一つが、セイタカアワダチソウです。スズメが大水(大河や海)に飛び込んでハマグリになる、という荒唐無稽な候です。 野山や人里で春から秋まで活発に活動してきたスズメも、繁殖期も収穫期も終わり、次第に餌が乏しくなる時期になるとどうするのだろう、と古代中国人は考えました。

      スズメたちはこの時期になると海や大河のほとりに集まってくる。そういえばスズメの茶と白、黒の羽色の模様がハマグリの貝殻の色合いや模様と似ているじゃないか。

      しかし、この化身の意味は単に体色が似ているなどの見立てだけではありません。
      あれこそがにっくき秋の花粉症の原因だ!セイタカアワダチソウ冤罪事件 秋は、初秋から晩秋までキクの季節。呼ばれる栽培菊は短日性(日中の時間が短くなる時期に花をつける性質)のため、日に日に夜が長くなる秋に花をつけ、目を楽しませてくれると言うわけです。言われる大豆くらいの大きさの種子にトゲトゲがついていてズボンや靴下にくっついてくるあのオナモミもキク科。 また、コスモスやオオアレチノギクと言った空き地に野生化したキク科の帰化植物も多いもの。rod)=黄金の杖というなかなか勇壮な名がつけられています。

      日本に渡来した時期ははっきりはしていないものの明治中期ごろと考えられますが、爆発的に繁殖し始めたのは戦後になってからで、アメリカからの物資に種子が紛れ込んでいたものが、港湾や空港付近で定着、次第に全土に広がったものと思われます。な草丈の先端に、目の覚めるような黄色の円錐花序をつけ、群落になるためによく目立ちます。休耕田や湿地、空き地などに、ススキやオギ、トダシバ、アシなどにまじって、というよりは圧倒するように黄色い群落を作っている景観は、皆さんも何度か見たことがありますよね。

      目立つ大きな花序は、無数の細かな頭花に数個の筒状花、その周囲に10個以上の舌状花をつけ、遠目に見ると黄色いパウダーをまぶしたように見えます。セイタカアワダチソウの花粉は粘り気があって重く、風で飛散はせず、まったくの濡れ衣です。典型的な虫媒花で、ミツバチなどが盛んに採蜜にやってきます。 セイタカアワダチソウへのいわれなき中傷は、花粉症だけではありません。
      こうした作用をアレロパシー=多感作用といいます。

      きに4mにもなるほど巨大化しますが、やがて自身が出した化学物質のアレロパシー作用により次第に勢力を弱め、衰退していきます。 こちらがブタクサ 背が高くて頼りになる!セイタカアワダチソウはみんなの足長おじさんでした では、セイタカアワダチソウの驚くべき薬効について説明しましょう。含まれていて、煮沸すると豊かにあわ立つ性質によります。サポニンは石鹸に使われるくらいですから強い抗菌作用があります。セイタカアワダチソウをお風呂に入れると、サポニンの成分によりぶくぶくに泡が立ち、皮膚症状への効果がありつつ、バブル風呂を楽しめます。 また、ヨーロッパでは古くから泌尿器系の炎症、腎臓結石の治療などに使われていました。

      赤ワインなどでも有名な抗酸化作用のあるポリフェノールも豊富です。 セイタカアワダチソウは、冬が近づくと白っぽい綿毛の種子をつくって全体に褐色となって立ち枯れます。晩秋から冬の枯淡の景観に、これもまた良いアクセント。 外来の植物でありながら優れた縁の下の力持ちとして、黙々と日本の土壌や環境に良い効果をもたらしてくれたセイタカアワダチソウ。

考察。「アレロパシー」とは何か?

「アレロパシー」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

  • 夢咲りお さん: RT @reraku: 植物は別に人間に喜んでもらおうと香りを身につけているわけではなく、外敵から身を守るためにいろいろな物質を作り出す(アレロパシー)なので、たまたま食べ物に火を通して塩かけて喰うとかいう怪奇な生き物が我々で毒に異様な耐性をもってるだけなんだ自覚を持とう - 5 時間 29 分 47 秒前
  • 夢咲りお さん: RT @reraku: 植物は別に人間に喜んでもらおうと香りを身につけているわけではなく、外敵から身を守るためにいろいろな物質を作り出す(アレロパシー)なので、たまたま食べ物に火を通して塩かけて喰うとかいう怪奇な生き物が我々で毒に異様な耐性をもってるだけなんだ自覚を持とう - 5 時間 29 分 47 秒前
  • PGO ~POGO/Grand Order~ さん: アネゴのアレロパシーの研究が最優秀賞!! すげぇなぁ.... - 10 時間 41 分 52 秒前
  • イモムシカアチャン さん: 植物にはアレロパシーがあるけれど。同じものばかりがはびこるという。そして、同じものばかりがはびこりすぎたらどうなるか、一旦自滅してしまう。 - 18 時間 44 分 53 秒前
  • みかんイン冷凍庫 さん: 今日講義でアレロパシーが出てきて、そう言えばムヒョロジはアロロパシーだったなぁと……ちょっと文字ってたんだ、今気づいたわ - 2 日と 1 時間 53 分 46 秒前
  • ぬまたまご さん: 彼岸花にアレロパシーあんの今日知ったけど 思うはあなた一人って花言葉の植物がアレロパシー持ってるの 凄く妄想が捗る - 2 日と 2 時間 42 分 23 秒前
  • はな さん: 返信先:@Tun_311 うん、栽培してる。 でも、ヨモギって #アレロパシー ってやつで、 他の植物の成長を阻害して、地下茎伸ばして どんどん繁殖しちゃうから、繁殖し過ぎないように気をつけないと ヨモギに占領されちゃう😅 - 2 日と 15 時間 55 分 52 秒前
  • 橘 芽衣子(試運転) さん: アレロパシー、という言葉をご存じですか?「お互いに」「感じる」という二つのギリシャ語から造られた言葉で、「他感作用」と訳されるそうです。セイタカアワダチソウは、この他感作用によって周囲の植物を侵略するんだそうです。しかしこの毒で自分も攻撃するため、増えすぎることもないそうです。 - 3 日と 16 時間 19 分 10 秒前
  • 生物学用語bot さん: アレロパシー】…ある植物が他の植物の生長を抑える物質(アレロケミカル)を放出したり、あるいは動物や微生物を防いだり、あるいは引き寄せたりする効果。 - 4 日と 10 時間 56 分 51 秒前
  • 橘 芽衣子(試運転) さん: アレロパシー、という言葉をご存じですか?「お互いに」「感じる」という二つのギリシャ語から造られた言葉で、「他感作用」と訳されるそうです。セイタカアワダチソウは、この他感作用によって周囲の植物を侵略するんだそうです。しかしこの毒で自分も攻撃するため、増えすぎることもないそうです。 - 4 日と 12 時間 19 分 11 秒前
  • 理系なんでもbot@リック さん: [キュ]和名をトルコギキョウというリンドウ科の植物です →ユーストマ(grandiflorumとexaltatumが分布しているが、現在流通しているのはgrandiflorum種のみ。和名の由来はよくわかっていない。アレロパシー物質を出す。) - 4 日と 14 時間 11 分 13 秒前
  • 夢咲りお さん: RT @reraku: 植物は別に人間に喜んでもらおうと香りを身につけているわけではなく、外敵から身を守るためにいろいろな物質を作り出す(アレロパシー)なので、たまたま食べ物に火を通して塩かけて喰うとかいう怪奇な生き物が我々で毒に異様な耐性をもってるだけなんだ自覚を持とう - 5 時間 29 分 47 秒前
  • PGO ~POGO/Grand Order~ さん: アネゴのアレロパシーの研究が最優秀賞!! すげぇなぁ.... - 10 時間 41 分 52 秒前
  • みかんイン冷凍庫 さん: 今日講義でアレロパシーが出てきて、そう言えばムヒョロジはアロロパシーだったなぁと……ちょっと文字ってたんだ、今気づいたわ - 2 日と 1 時間 53 分 46 秒前
  • はな さん: 返信先:@Tun_311 うん、栽培してる。 でも、ヨモギって #アレロパシー ってやつで、 他の植物の成長を阻害して、地下茎伸ばして どんどん繁殖しちゃうから、繁殖し過ぎないように気をつけないと ヨモギに占領されちゃう???? - 2 日と 15 時間 55 分 52 秒前
  • 生物学用語bot さん: アレロパシー】…ある植物が他の植物の生長を抑える物質(アレロケミカル)を放出したり、あるいは動物や微生物を防いだり、あるいは引き寄せたりする効果。 - 4 日と 10 時間 56 分 51 秒前
  • 理系なんでもbot@リック さん: [キュ]和名をトルコギキョウというリンドウ科の植物です →ユーストマ(grandiflorumとexaltatumが分布しているが、現在流通しているのはgrandiflorum種のみ。和名の由来はよくわかっていない。アレロパシー物質を出す。) - 4 日と 14 時間 11 分 13 秒前
  • 深海さかな さん: そういえば 最近道端のヨモギ眺めてるときに『上の方の葉が生い茂りすぎて下の葉にまで光が届かず枯れちゃってるの、間が抜けてるなぁw』とか思ったんだが もしかしてこれって、落ち葉によるアレロパシー効果を狙ったものなのでは? pic.twitter.com/ZMS64qhHHO - 6 日と 8 時間 11 分 46 秒前
  • 休暇さん: RT @Invasive_rnp: ⚠️外来種(がいらいしゅ)とは、もともとその地域にいなかったのに、人為的に他の地域から入ってきた生物のこと。アレロパシーが強い場合に生態系や経済に重大な影響を与えることがあり、環境問題のひとつとして扱われる。
    > https://t.co/ioa

    … - 6 日と 17 時間 1 分 37 秒前
  • 理系なんでもbot@リック さん: [キュ]植物が化学物質を排出して周囲の植物に影響を及ぼすこと →アレロパシー(Allelopathy、他感作用。連作障害の原因の1つと考えられていて、また特定の植物により雑草や害虫を防除する生物農薬としての利用が注目されている。クルミやサクラはアレロパシーをもっているようだ。) - 8 日と 7 時間 11 分 16 秒前
  • 原稿終わってないしゃぶ太郎@土曜日南チ36-a さん: アレロパシーの知識を得ると、外来種と在来種の共存がなぜ難しいかの一端に触れることもできるので非常に面白いなぁと学生時代思った、もっとそこら辺きちんと真面目に取り組めば良かったなぁ - 9 日と 1 時間 6 分 8 秒前
  • むじなさん: RT、「雑草とそうじゃない草の違いってなあに?」が、私が両親を最も困らせた質問だったことを、ちょうど今日、庭の草取りをしながら思い出したところだったのでタイムリー。気が合いそうだ。だがとりあえず、アレロパシー出しちゃう系の子は、悪…
    > https://t.co/4qhMQ1kChc

    - 16 日と 2 時間 27 分 26 秒前
  • 小説家になろうアンテナ&ランキングさん: 彗塵にたゆとう鬼灯をさらうは三日月/アレロパシーのささやきこえ
    > https://t.co/r2yPPZyrR6

    - 16 日と 13 時間 6 分 33 秒前

話題のトピック

ブログで注目


    Googleでホットな話題