なぜ「ともさかりえ」なのか?

「ともさかりえ」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      ともさかりえが「女性の秘所」の名称を連発の怪!

      など映画を中心に落ち着いた芸能活動を続けていたと思われていたともさかりえが、突如としてSNSにぶっ飛んだ投稿をし、にわかに注目を集めざるをえない事態に発展している。

      問題の2文字は、1月22日のブログと1月21日のインスタグラムで連発された。どちらも自身が実践中のあるトレーニングについてつづったものだ。

      紹介し、多いに話題になった“下腹部を鍛えるトレーニング”をして、同時にこのトレーニングで効果があるとされるプロポーションの改善に取り組んでいる様を報告しているようだ。

      それにしてもその問題の2文字、すなわち女性の秘所を示す単語が連発されているような事態はやはり、ちょっと尋常ではない。インスタグラムには『奥の写真の』肉付きのよいヒップの持ち主である『お姉さんみたいになりたいけど』とも書いている。


      関連キーワード - NHK - あさイチ -

      ともさかりえ『金田一37歳の事件簿』に興味津々「買わずにはいられなかった」

      女優のともさかりえが28日、自身のアメブロを更新。ミステリー漫画『金田一少年の事件簿』の金田一が大人になった『金田一37歳の事件簿』が新連載開始となった『イブニング』4号を購入したことを明かした。巻き起こる難事件の数々を祖父譲りの推理力で解決していく物語。 漫画を読み終え「37歳のはじめちゃんは相変わらずのはじめちゃんでした。
      関連キーワード - NHK - あさイチ - LINE -

      真木よう子「週刊誌に怒鳴り込み」奇行現場(1)「イライラを隠さなくなって」

      を起こし、コミケ参加を巡ってツイッターが大炎上と、何かとトラブル続きの真木よう子。11月10日には出演予定だった映画の降板が発表された。 「10月下旬のクランクインを目前にして、真木さんの所属事務所から『体調不良』を理由に降板の申し出がありました。

      真木が出演予定だった映画は、11年に韓国で公開後、観客動員745万人の大ヒットを記録した作品の日本版。演じる主人公が、アラフォーになって人生に悩む中、学生時代の仲間たちと再会して、当時の輝きを取り戻していく青春ストーリーだ。

      「来年の目玉作品として東宝は相当、力を入れています。

      真木が出演していたこともあって、降板する前には監督らのもとに挨拶に訪れたという。 「収録現場のオフショットをアップしたり、共演者たちとの交遊エピソードを公開して楽しんでいました。

      まで公開したが、視聴率は6%台にも届かない低空飛行を続けた。 「現場では共演者と美容関係の話をしたり、明るい雰囲気でした。
      関連キーワード - NHK - あさイチ - LINE - ともさかりえ - トレーニング - Instagram - Instagram - フジテレビ - 視聴率 - 広瀬すず - 篠原涼子 - 真木よう子 -

      “あの衣装”は「母校の制服に近い」メーン・ヒロインを数多くこなす深田恭子のデビュー当時と今

      週刊ザテレビジョン創刊35周年のメモリアルとして、本誌を彩ってきたテレビスターたちがテレビとの思い出を語るSPインタビュー企画。1997年、中学3年生のときに女優デビューして以来、数多くのドラマに出演してきた彼女は、週刊ザテレビジョンと同じく35歳。語る深田は、約20年の時が経った今、どう変化したのか。憧れのテレビスターには今でも会うと素に戻る 近年、美しさとりりしさに磨きがかかる深田だが、“愛くるしさ”はデビュー当時から変わらない。そんな彼女が芸能界入りを果たしたのは、中学2年生のときだ。

      「父親の知り合いの方が勧めてくれた“ホリプロスカウトキャラバン”がキッカケでした。それまでは、テレビの世界は、自分とは懸け離れた“華やかな世界”という印象だったんです。自分がその中に入るなんて、想像したこともなかった。小学生のときが一番ドラマを見ていたんですが、当時は福山雅治さんが大好きで、福山さんが出ているドラマは欠かさず。『ガリレオ』(2007年フジ系)で福山さんと共演したときは、当時の憧れを思い出して緊張しました。

      福山出演作品以外では、日本テレビ系の土曜夜9時、通称“土9”に夢中だった。 「当時、土9枠で放送されたドラマを毎週楽しみにしていました。

      『銀狼怪奇ファイル』(1996年日本テレビ系)に出演していた宝生舞さんが大好きで。あとは『家なき子』(1994年日本テレビ系)の安達祐実さんも大好きでした。いまだにお仕事でご一緒すると、チラチラ見ちゃいます。

      自分がこの世界に入る前から活躍されている方にお会いすると、今でも素の自分に戻ってしまう。デビュー当時の撮影現場は衝撃の連続だった テレビの世界の人に憧れ、影響を受ける。そんな普通の少女だった深田の連続ドラマデビューは、憧れの土9枠。 「メーンキャストの方々が、いくつも現場を掛け持ちされていてとにかく忙しくされていたのが印象的でした。作品のテーストも重たかったので、“楽しい”という感覚にはあまりなれなくて。これが自分のお仕事になっていくのか実感を持ててなかった。一番印象に残っているのは、助監督さんに言われた“代わりはいくらでもいる”という言葉。当時は、“それなら別の人が演じたらいいのに”ってひねくれちゃったりもしましたが(笑)。 「この作品で初めてくらい、明るいコを演じたんです。それも影響して、現場に対しても明るい気持ちで臨めて。物語も少女マンガのような爽やかなときめきのある作品。 「『フードファイト』は宮沢りえさんがあまりにも美しくて、まぶし過ぎました。

      一緒にいるだけで感激してしまって、あだ名の由来を聞けなかったんです。最近、久しぶりにりえさんとお会いする機会があって、その話をしてみたら、もう17年も前のことなので覚えていらっしゃらなくて。 デビューからテレビ界の第一線で、さまざまな作品に出演を続ける深田。(2009年、全て日本テレビ系)、と数多く共演している。

      「長瀬さんとお会いすると、よく『ふたり―』のときの話が話題に上るんです。今回の映画の現場でも、当時の私のセリフをマネたりして。滝沢秀明主演で高校生4人の“永遠の片思い”を描いた本作で、深田は赤いリボンのセーラー服を着ていた。 「この制服、今もTBSさんの作品を見ていると出てきたりするんですよ。それこそ、出演させていただいた『下剋上受験』(2017年TBS系)にも出てきて。ついうれしくなって、阿部サダヲさんに“私この制服、着ていたんですよ”って報告しちゃいました。

      サダヲさんは“あぁ、そうなんだ”って戸惑ったリアクションでしたけど(笑)。深田自身もこれまでさまざまな衣装やメークで、視聴者に役を印象づけた。シリーズ(2005年ほかテレビ朝日系)の神戸美和子役では、ゴージャスで優雅なスタイルも見る人を魅了した。 「このとき地毛はショートカットで、耳より下はウィッグをつけて。私が現場に入る前までにメークさんがウィッグ部分の髪をきれいに巻いてくれていたので、あのゴージャスな髪形でも現場に入ってから撮影まで準備時間は30分もかからないくらい。 自身で行っていたというメークは、“好き”という理由のほか、役に入り込むためのものでもあったそう。 「もともとはデビュー当時、先輩女優さんたちがメークバックを現場に持って自分でメークをしているのをよく見掛けていたんです。(テレビ朝日系)に出演した際のインタビューでも、自身の20年後について同様の発言をしていた。
      関連キーワード - NHK - あさイチ - LINE - ともさかりえ - トレーニング - Instagram - Instagram - フジテレビ - 視聴率 - 広瀬すず - 篠原涼子 - 真木よう子 - TBS - 視聴率 - 福山雅治 -

考察。「ともさかりえ」とは何か?

「ともさかりえ」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

ともさかりえに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE3\x81\xA8\xE3\x82\x82\xE3\x81\x95\xE3\x81\x8B\xE3\x82\x8A...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143