なぜ「WannaCrypt」なのか?

「WannaCrypt」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      被害報告続出!? ランサムウェアも注意だけど「ニャンサムウェア」も怖い!

      あるユーザーの被害は、勝手にツイートしようとした上にプリントしまくるというもの。 ニャンサムウェアに感染すると、ノートPC使用不可になる上、自分の水が飲まれるという恐ろしい例 何かをキーボードに散らかすという背筋が寒くなるような報告も。 ニャンサムウェアに感染すると業務への支障が生じたり作業中のファイルが破壊されたりする危険性がある。 PCだけでなく、家電やバイクといった乗り物にも“感染”する模様です。

      世界が震撼の「WannaCry」、支払われた身代金は意外と少なめ

      その仲間たちが世界中に広がり、あちこちの会社や病院、大学などなどをパニックに陥れました。

      ランサムウェア、つまり感染したコンピュータのユーザーに身代金支払いを要求するマルウェアです。333万人以上がそれを払わない限り10億ドルなんて集まりません。
      結果、このマルウェアを操る犯罪者たちがこれまでにいくらを手に入れ、何人の被害者が身代金を支払ったのかもわかるようになっている。

      興味深いのは、支払い件数が100件あるのに対し金額は2万6148ドルという中途半端な額であること。300ドルのはずなので、犯人たちは一部の被害者にディスカウントをしている可能性があります。ちなみに下の動画の0:30あたりで、左側のコンピュータがWannaCryに感染した様子が見られ、さらに1:55あたりで右側のコンピュータにも感染していくのがわかります。身代金の額は感染から72時間後に倍になり、7日後までに支払わない場合はデータを完全にロックするとされています。

      Timesによると、専門家はWannaCryが今後数年間も生き延びるものと見ています。

      問題はむしろ、大した技術がなくてもランサムウェアを作れてしまうことです。誰でもランサムウェアWebサイトに行けばランサムウェアをオーダーできて、ターゲットとなった人が身代金を支払うと、サービス運営側がその一部をピンはねする、という仕組みです。 2012年の推定では、ランサムウェアに要求された身代金を払った人の割合は、標的になった人のうち3%だけでした。

      世界中で大流行中…身代金を要求する「ランサムウェア」の対処法とは

      なんと日本を含む150ヶ国以上で被害が確認されており、今後も感染の拡大が予想されるとのこと。インストールしているウイルス対策ソフトをアップデートする とのこと。
      関連キーワード - 話題 -

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「WannaCrypt」とは何か?

「WannaCrypt」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

WannaCryptに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング