なぜ「This Is Us」なのか?

「This Is Us」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      関連キーワード

        “作品のアイデアをパッと思いつくマジックなんてなくて結局は日頃の積み重ねだと思う”Interview with Hải N..

        NGOは、その”海”を意味する名前に導かれてか否か、水や水飛沫とビューティを融合させたユニークなプロジェクト”Hydorobeaty”を展開している。

        揺らめき、飛び散る水の表情や質感が生み出す偶発性、緻密なライティング、冒険心。バックグラウンドとか、どこで勉強したかとかいろんなことを。 Hải「両親はヴェトナム人で、僕はマレーシアのクアランプールの難民キャンプで生まれました。

        アート界におけるお金の役割については全くウブでした。大学を卒業して初めてお金が芸術に与える影響を理解し、そこで心が折れました。

        HydroBeautyの撮影を始めてから、写真への情熱が再び高まりました。

        そしてその情熱とともに、スタイルと創造性に自分なりの明確な方向性ができたんです。今はNYのブルッグリンをベースにして、写真とビデオグラフィー以外にも新しいメディアを学んでいます。

        仕事で韓国に行った時、習字の半紙に出会って夢中になりました。

        手作りの半紙を持ち帰って、友人やクライアントのためにその半紙でマガジンを作ったんですよ。インスピレーションは、自分が食べる場所や旅する所から生まれます。写真家としての自分はそう行った斬新な料理やアイデアを楽しんでいます。

        Movie ーーあなたのプロジェクト”HydroBeauty”について話してくれますか。 Hải「アシスタントとしてキャリアをスタートして以来ずっと水と水飛沫の写真に触れてきました。

        しかし、ようやく自分の技術を開発できたのは、2年前の2017年。一度テクニックを発見したら、どれだけその手法で飛躍できるかチャレンジしたくなりました。

        Hải「HydroBeauty以前は、建築、イベント、ポートレート、静物画など、さまざまなジャンルの写真を撮影していたけど、自分のスタイルは見つかりませんでした。写真の中では、ライティングにとても関心があります。ビューティというジャンルは、ライティングの技術がはっきりと出るんですよね。

        Hải「いや、それしか見えていないってことではないんです。僕は情熱を傾けるものを見つける前に、約5年間、写真の中で様々なジャンル、スタイル、対象物を探求しまくりました。

        だから今もあらゆるジャンルの写真から照明のインスピレーションを得ています。

        あとは日常生活からもライティングのインスピレーションを得ています。

        Hải「そもそもは服そのものではなく、ファッションがクリエイティヴな解釈にオープンなジャンルであることに対して興味があったんです。ファッションの撮影では制約が少なく自由に撮ることができるんですよ。撮り続けるうちにファッションに興味を抱き、知識もついて、服の素材などにとても興味をそそられるようになりました。

        僕はデザイナーが素材など自分の専門分野で遊び心を持って創作するのを見るのが好きなんです。itself. ーー一番最近の作品はどういうものだったのかコンセプトやマテリアル、フィーリングやカラーなどディテールを教えてください。 Hải「この記事の次にはレッグモデルとミルクで満たしたバスタブの作品が出る予定です。デトックススキンケアがクライアントで、平和、穏やさ、メディテーションを伝えられるような動画を求められていて。クライアントとはたくさんの変化球を投げるものだし、様々な状況に対応できる柔軟で快適なチームが必要。いつもメイクアップをショーの花にしたいと思っている人もいますが、コンセプトによってはさりげないものがいい時もあるんです。 Hải「いくら撮影を重ねてもまだ撮影日は緊張しますよね。

        僕はアシスタントがついていても、落ち着くために自分でライトを設定します。みんなが到着したら、ファーストルックについての説明をします。ヘアとメイクアップは通常少なくとも90分かかりますから、モデルの準備ができるまでライティングの微調整を続け、いざ撮影を始めたら集中するだけです。照明トラブルは僕にとって撮影の醍醐味で、そういう時にも常に新しくて創造的な照明技術を探求するのが楽しい。 ーー幼少期はどんな子だったか教えてください。 Hải「病弱でしたがそれが難民キャンプで栄養失調だったり黄疸にかかったことと関係しているかはわかりません。
        Hải「大学2年生の時に最初の授業を受けました。

        人々がテクノロジーを手にして成長するにつれて、ますますできることが広がるはず。D810よりも秒あたりのフレーム数で上回っているんですから。 Hải「僕がよく見るアートは無意識レベルででも何かを訴えかけてくるものなんです。それよりもっと多いのは無料のオンラインマガジンのコンテンツを消費している人たち。 Hải「最近、もっとシネマグラフや静物写真を撮る仕事をしました。

        14 Issue : Joris Suk and Tessa de Boer(Maison The Faux)”自分のことを精一杯信じて、怖がったり周りを..

        ”となっているけれど、もちろんその年齢になったからといって突然に精神が成熟するというわけではない。なんなら、20歳を超えてもまだオトナになりきれていな人はたくさんいるようだ。

        確固とした定義は難しいけれど、自分だけの換えのきかない毎日をしっかりと歩むことの延長線上に、自分なりの答えが見つかるかもしれない。進路が少しずつ重きを増してきて、身体も気持ちも毎日少しずつ変化する14歳の頃、いま楽しく仕事したり生活している先輩たちはどんなことを考えて、どんなことをしていたんだろう。アートや舞台衣装にもルーツを持つ彼らの作品について、そして才能の芽生えについて語ってもらった。 ーーまずは今回のコンセプトから教えてください。テーマだったので、その中で一番パーソナルなベッドルームを題材としました。

        古い層がめくれて、新しいものが出てくるイメージ。Slvreというデザイナーに3Dプリントをデザインしてもらって、レイヤーを作るプロセスを手伝ってもらいました。

        Boer「そう、その家が動くというコンセプトからの発想です。ダンボールとガムテープは引っ越しの際に使われる素材なので、新しい家に引っ越す時の気持ちや家に守られている様なイメージです。作り直しや壊してまたいちからスタートする過程の中で、物事の新しい意味を見つけることができます。
        学校でクリエイティブなプロジェクトなどをし始める前です。具体的なものとか人じゃなくて、段々とわかってきたということ。Boer「ついた仕事で自分のことを精一杯育てて、怖がったり周りを気にしすぎないこと。Boer「そう、自分を信じてとりあえずやってみることはとても大事。 ――最後に皆さんに伝えたいニュースや今後の予定があればお聞かせください。 「東京に来る直前にアムステルダムでとても大きなショーをしてきました。

        だからら東京の後は少し休んで、今後の予定を立てて行きます。

        14 Issue : Pierre Davis and Arin Hayes(Nosesso)”戦い続ければ必ず最後に勝てる/ Always trust in yo..

        ”となっているけれど、もちろんその年齢になったからといって突然に精神が成熟するというわけではない。なんなら、20歳を超えてもまだオトナになりきれていな人はたくさんいるようだ。

        確固とした定義は難しいけれど、自分だけの換えのきかない毎日をしっかりと歩むことの延長線上に、自分なりの答えが見つかるかもしれない。進路が少しずつ重きを増してきて、身体も気持ちも毎日少しずつ変化する14歳の頃、いま楽しく仕事したり生活している先輩たちはどんなことを考えて、どんなことをしていたんだろう。特集に、NYを筆頭とした海外アーティストたちが参加。自身たちのルーツともモダンさを癒合させたファッションはKELELAらアーティストたちからも絶大な支持を得ている。

        14歳の頃は負け犬だったと語る彼らは、その過去から今を築いたプライドに満ちていた。 ――まずこの展示のコンセプトからおうかがいしたいです。ニットウェアそのものが特徴的なので、さりげないものにしておいたんです。昨日は友達にプレゼンテーションに来てもらって、ライヴのモデルもいて。 ――アートによって繋がって、アートによって出会うことができた。 Pierre「例えば遊びに行った時に友達の演奏を聴いたり、一緒にいる時に今どんな曲を作ってるかという話を聞くと、その時に何を着てやったらいいかを考え始めるんです。クリエイションに落とし込んだドローイングの中には14歳の時に描いたものも入っています。

        14歳の頃の私は日本に来れたなんてことを聞いたらとても喜んだと思う。 Pierre「夢見ていたけれど、今実際に来てて起こっていることだとは思えない。昔からアーティストになりたいということはわかっていたけど、どんなアーティストかははっきりわかっていませんでした。何をしたいかわかるまでには結構苦労しましたが、それは誰もが通る道。DJや音楽だって、昔から生活の一部ではあったけど練習もたくさんしました。

        ――好きな事を仕事にできてるって本当にいいことですよね。

        ――なかなか自分の好きな事を見つけられなかったり、自分が好きなことをして生きていくことができない人がたくさんいると思うんですけれども、そういう人に好きなことを見つけるコツやそれで生きていくためのコツがあれば教えてください。自分らしく、自分に素直でいればいい方向に進めると思う。それでも親からのプレッシャーや他にも大変なことがあると思うけれど、親の言うことを聞きながら自分の好きなことを続けるのは大事なんじゃないかな。そんな時は他で自分に向いているものを探せばいい。love.” ――14際の時の事ですごく覚えていること、楽しかったことや辛かったことでも何か覚えていることを一つ教えてください。日本だとみんな黒髪なのでとても怒られて、大変でした。中身は変わらないのに外見でそこまで対応が変わる大人の言うことを聞くのがばからしく思えて、結局そのままにしてましたけど。 Arin「今は背が高いけど、当時はすごく背が低くて、小さくて、負け犬でいたことしか覚えていない。ってほど何かに夢中になるのはすごくいいことじゃないですか。 Pierre「うん、本当に私達のコミュニティはいつも支えてくれています。

        ――他のデザイナーとも話していたんですが、Nosessoはインスタグラムでのフォロワーも多いですが、それと成功とはまた違いますよね。

        Anri「裕福な家族で育ったわけでもないので、全部自分達でギリギリでやっているんです。最後に、なにか最新のニュースがあればシェアしてください。

    考察。「This Is Us」とは何か?

    「This Is Us」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

    GGRYみんなの意見

    • jocelyn alanisさん: @joe_cappo THIS IS US wow - 24 秒前

    話題のトピック

    ブログで注目


      Googleでホットな話題