なぜ「The Predator」なのか?

「The Predator」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      関連キーワード

        2018年 最高だった映画10本!(と好けなかった5本)

        日本では2019年3月8日公開予定のアニメーションスパイダーマンが堂々の第一位! 異なる次元で活躍するスパイダーマンたちが集結する本作。怖いだけじゃなく、ユニークであることも評価されていましたよね。

        おばあちゃんが死んだ後、次々と起こる怪奇現象に悩まされる娘家族。 ストーリーも、正義と悪がガチンコ対決ではなく、どちらの視点に立つかで正義感が変わる『もののけ姫』系。ワカンダの最新テクノロジーも観客を魅了しました。

        格好良さとストーリーの良さ、映像美に痛快アクションと全方向にバランスがとれた名作。それでなくても静か~な日本の映画館が、呼吸音すら控えるほどシーンとしたという作品。 貧困生活をどうにかしようとテレマーケーターの職に就いた黒人男性がセールスの才能を開花させて、トップ営業マンになるも、実は勤めている会社がとんでもない商品を売っていた、というストーリー。 男性がトップ営業マンになる術が、黒人の喋り方を封印して白人アクセントで電話をかける、というもの。この部分に、今でも根強く残る黒人差別が感じられます。(女性が男性の名前でメールを書いたらクライアントの対応がガラッと変わったって実験がネットで話題になったことを思い出しました。

        ニコラスもこの時をまだかまだかと待っていたのかも。邦題のサブタイトルはB級臭がプンプンしますが、まぁ、B級っぽいんですが、観終わったあとの満足感が普通のB級じゃないんです。 同じCGベア映画『プーと大人になった僕』よりはるかに面白いし、子供と一緒に繰り返し楽しめる作品ですよ。 私的には、両作とも好きですが、io9がピックしたのはクリスマスにゾンビがやってきて、町の人たちが歌って踊る『アンナ~』の方。 今年最高のアクション映画でしたね、間違いなく。 本作の素晴らしいのはトムの体と命を張ったアクション。 あぁ、そういえばこんな映画も公開されてたなぁ。 お口直しに『プレデター』のハイライトシーンをどうぞ。ほら、『トランスフォーマー』シリーズとか、絶対に駄作だってわかっていても見にいくじゃないですか。あ、私の5歳の息子は楽しかったって言ってましたよ。 『クローバーフィールド/HAKAISHA』の前日譚でNETFLIX独占配信映画。 あ、『シャーロック~』は2020年に第三弾が公開されますね。


        賞金総額400,000ドル!Acer主催のe-Sportsトーナメント「Predator League 2019」開催、日本予選は11月5日(..

        2019』は、アジア最高峰を目指す14の国と地域が参加するグローバルなe-Sportsトーナメント。

        ナメクジの出現を予測する!- 市民科学と最新統計の融合(academist Journal)

        Journal』より森井悠太さんの記事をご寄稿いただきました。

        外来種問題は突然に 2014年7月某日、札幌市の円山原始林で私が出会ったのは、体長15cmもの巨大な豹柄のナメクジ、マダラコウラナメクジでした。慣れ親しんだ円山の森に現れた、不似合いな新参者との突然の出会いに、目眩がしました。

        cmほどのマダラコウラナメクジ 市民のブログが教えてくれた 予期せぬ出会いに衝撃を受けた私は、研究室に戻るや否や、飛びつくように現状を調べ始めました。

        ブログの持ち主としてお返事をくださったのが、専門学校理事の興野昌樹さんと、江別市在住の神武海さんでした。 興野さんは、2013年11月にはすでに円山周辺の大型ナメクジをマダラコウラナメクジと認識していただけでなく、野外から採集した個体が次世代を残せるほどに成熟していることを飼育実験によって確認していました。

        神さんは、円山から東へ30kmほど離れた江別市江別太周辺でもマラダコウラナメクジが定着していることを自身のブログで報告していました。

        あると打ち明けられたときにも、まるでギリシャ神話の海と地震の神、ポセイドンと相対しているかのような緊張感を味わったことを今でもよく覚えています。

        私のマラダコウラナメクジをめぐる市民科学のプロジェクトはここから始まりました。

        記者の流れに身をまかせ 市民から得られた知見は、市民に還元するのが相応しいのではないか。論文の別刷りと解説文を送り、新聞記事として取り上げてもらえるよう協力を依頼しました。

        夕食が喉を通らず、北海道新聞社に苦情が殺到したに違いありません。
        担当してくださった記者の方がいたずらっぽく笑っていました。

        研究のアイデアをひらめいたのは、新聞記事を掲載するにあたり電子メールのアドレスを掲載してはどうかと、記者の方に提案していただいたときでした。新聞やテレビ番組のようなメディアの力を使えば、電子メールで十分な情報を募ることができるはずです。メディアに露出することそれ自体が、次の研究へと続く足がかりになりました。

        聞こえてくるのはいつも市民の声 北海道新聞に記事が掲載されたのが、2016年2月。それからたった2週間の間に、24件もの情報が一般の方々からもたらされました。

        私自身が出演し、マダラコウラナメクジの北海道内における現状を解説する機会にも恵まれました。

        それらメディアを通して集まった合計38件の情報により、既知2地点の他にも14地点もの新産地から目撃証言が得られました。

        中でもとりわけ目を引いたのが、巨大であるはずのマダラコウラナメクジを、それを上回るさらに巨大なヒルが丸呑みにしているという、信じがたい瞬間を撮影した2枚の写真でした。ヌメっとした生き物がヌルっとした生き物に尻尾から呑み込まれていくグロテスクでダイナミックな捕食シーンは、往年の怪獣映画を彷彿とさせるようでした。中野隆文博士によってカワカツクガビルと同定されました。

        ヒル類をよく知る中野博士は、カワカツクガビルを含むクガビル属のヒルがいずれもミミズのみを捕食するとされていることを知っていました。

        ミミズよりもはるかに発達した複雑な内部器官を有するナメクジを、ミミズ専食であるはずのヒルが捕食したという報告は、ヒル類の研究者の常識を覆すものでした。 さらにこの一連の写真にはもうひとつ、重要な示唆が含まれていました。

        それは、在来の捕食者が自身の本来の餌資源を大幅に変更し、新たな餌資源の急増に対して早くも順応しつつあるという可能性を示したことです。掲載され、国内外のメディアに取り上げられることになりました。

        その一環として私は、博物館やボランティア団体の主催する講演や自然観察にも講師として積極的に参加してきました。

        札幌市民憩いの動物園である、円山動物園でボランティア活動をされている渡辺早苗さんと出会ったのは、講演会を終えた後の聴衆との交流の折でした。数年前から見たことないナメクジがいるなと思って、毎日、ナメクジの数を記録しているんです。同じ登山ルートを毎朝5時に登り、登山道に現れたマダラコウラナメクジの数を記録し続けているとのことです。文句のつけようのない、完璧なセンサス調査でした。そんな驚愕のデータを、あろうことか2年間分もまるごといただいてしまいました。

        興奮と重責に、上手く寝付けない日々が続きました。

        飾りじゃないのよ統計は 問題はこのデータをどう奏でるかということです。毎日の気象データと照らし合わせれば、マダラコウラナメクジの活動が活発化する条件を割り出すことができるはずです。までの登山道沿いに出現したマダラコウラナメクジの個体数を、渡辺早苗さんは毎日記録し続けた。やはり、ベイズ統計による独自の解析が欠かせないと私は考えていました。

        飲み会の席で話した私の計画に飛びついたのが、統計哲学の専門家を志す研究者の卵、北海道大学大学院の大久保祐作さんです。たまうそのハングリー精神に心を動かされ、共同研究を始めることにしました。

        大久保さんは目を見張るようなアイデアや統計学の技術を次から次へと繰り出し、渡辺さんの取った貴重なナメクジのデータを、見事に昇華させていきました。

        市民科学を突き上げろ! 音楽が音楽家だけのものではないように、科学は科学者だけのものではありません。
        ほんの片手間のつもりで始めたこのマダラコウラナメクジのプロジェクトですが、市民を筆頭に多くの方々の尽力によって、たった2年ほどの間に大きな成果を収めるに至りました。

        どれもこれも私の周りの方々が精力的かつ自由に活動された結果で、私はちょっとだけ指揮棒を振らせていただいたに過ぎません。
        この社会には外来種問題を始め、数多くの問題で溢れており、時間的にも資金的にも研究者や行政だけでそれら全てに対処することは不可能です。研究者や行政はどうしても、そのなかから優先順位の高いものを選択して対応せざるを得ません。
        緊急性の不明な問題や長期的な問題については、いずれは研究者の指揮がなくとも市民が主体となって論理的な思考に基づいて活動されることが望ましいと私は考えています。

        Journal』より森井悠太さんの記事をご寄稿いただきました。

    考察。「The Predator」とは何か?

    「The Predator」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

    GGRYみんなの意見

    • Pred-X????さん: Hitting the studio in few hours#Music - 3 日と 6 時間 55 分 28 秒前
    • F????PP Nottinghamさん: ????OUT NOW the predator #gettothefopper
      > https://t.co/7rIDShW4s5

      - 3 日と 6 時間 57 分 49 秒前
    • GuillaumeAïkidoさん: @RMCsport @RMCSportCombat The Predator Vs GodZila ???????? - 3 日と 7 時間 21 分 3 秒前

    話題のトピック

    ブログで注目


      Googleでホットな話題