なぜ「The Beguiled」なのか?

「The Beguiled」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      ソフィア・コッポラ監督が描く女性の欲望と性の目覚めとは?

      世の中において際限ないものといえば、人間の欲望。美しい7人の女性が、1人の男性を巡って繰り広げるスリラーです。そこで、本作を手掛けたこちらの方に、お話を聞いてきました。

      144 今回、この作品でカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞した監督は、女性としては史上2人目、しかも56年ぶりとなる快挙を成し遂げたことでも注目されています。

      そんななか、本作に込めた思いや見どころを語ってもらいました。

      物語の舞台となるのは、アメリカ南部に隔絶された女子寄宿学園。そこに暮らしていた世代の異なる女性たちの秩序が、負傷した美しい男性を受け入れたことで徐々に乱れていくさまが描かれています。

      監督 第一印象として、私は7人の世代の違う女性たちが一緒に暮らしている状況がとてもおもしろいと思ったのよ。あとは、南北戦争という時代にも興味を持っていたわ。 監督 いろいろと調べていくなかで、衣装も髪型も当時のものを参考にするようにしたわ。だから、いまの私たちの目から見て、キレイで魅力的だなと思えるものを歴史のなかから選んで、今回使うことにしたのよ。 監督 女性というのは年代によっても、個人個人でも、性の目覚めや男性に対する性的な欲求というのは違うと思っているの。だから、今回私は欲望に関しては、決して恥じるものではなく、自然なものなんだというふうに描きたかったのよ。 特に大人の女性3人は、そういう気持ちを持っていて当たり前の年代にも関わらず、かなり抑圧されていて、男の人も周りにいない状況。だからこそ、より強い気持ちを持っても不思議ではないわよね。

      監督 正直言ってそういうふうには考えたことはないけど、同感だわ。やっぱり女性というのは複雑だし、彼女たちひとりひとりが女性の違う面を象徴しているということなのかもしれないわね。

      監督 脚本を書いているときに自分の知っている女性のことを思い浮かべたり、女性の集団においてのコミュニケーションの取り方だったり、そして自分に起きたことや見聞きしたことは反映したわ。なぜなら、自分自身の経験というのは、いつも自分の脚本のなかに入れているからなのよ。 監督 特に何というわけではないけれど、私は自分自身も共感できる女性を描きたいと思ってるだけなのよ。決して一面的ではなく、他の女性にも共感してもらえて、さらにちゃんとリスペクトを持ってもらえる女性を描きたいということは言えるわね。



      ただ、女性というのは、自分自身でも分析できないミステリスな存在。だから、あとから自分の作品を観返したときに、こういうところに共通点があったのかとか、ここに惹かれていたのかなと気が付くこともあるのよ。 監督 映画監督とか、映画業界ということにこだわらず、どんな目的を持った女性にも言えることだと思うのだけど、とにかく自分の信じた道を突き進むこと。そして、諦めずに、何を言われてもへこまない忍耐力を持つということね。

      かく、どんなことを言われてもどんどん前に進む力というのを持って欲しいわね。

      監督 正直言って、女性であることがプラスになったことはあまりなかったから、チャレンジすべきことはたくさんあったわ。だけど、そればっかりに囚われていても意味がないので、そういうことはあまり気にせずに、自分の仕事や自分の作りたい映画を作ることだけを考えるようにしているのよ。 監督 まず、スリラーには緊迫感が不可欠なんだけど、そういうテンションをどういうふうに出すかということがひとつの大きな課題だったの。 監督 理由は自分でもわからないんだけど、私がよくやることよね。

      今回の場合は、本当に外に出られないから極端ではあるけれど、それがおもしろいと思ったの。出たくても出られないから、それぞれと相対するしか選択肢がないわけで、お互いを無視することもできない。そういう状況というのは、私にとっては魅力的だったわ。 監督 こういうクリエイティビティというのは、すべて共通してつながっているものだと思っているの。つまり、私はどんなものを作るにあたっても、たとえばバッグなら自分が欲しいものや使いたいもの。 そう言うと自己中みたいに聞こえてしまうかもしれないけれど、決してそうではなくて、あくまでも自分が好きというのがひとつの基準であり、必ず他の方にも気に入ってもらえるだろうという謙虚な気持ちも持っているわ。今後どのような作品を撮りたいか最後に教えてください。 監督 次が何かというのは、まだ全然決まっていないのよ。閉ざされた空間で巻き起こる愛憎劇! 欲望と嫉妬に支配された女性たちが繰り広げる極上のスリラー。最後に彼女たちが下す驚きの決断と、息を飲む展開には誰もが心をかき乱されてしまうはず。ころがある日、負傷した敵兵が現れ、回復するまで面倒を見ることになる。美しく紳士的な男性と触れ合うなかで、女性たちは誰もが心を奪われてしまうのだった。

      しかし、次第に情欲と嫉妬に駆られていく彼女たち。いつしか秩序を保ってきた集団の歯車も狂いはじめることに。
      関連キーワード - ファッション - anan -

      ソフィア・コッポラがカンヌ国際映画祭監督賞に!女7人×男1人…、緊迫の愛憎劇!<連載/ウワサの映画 Vol.20>

      どうしたって抑えられないのが”おしゃれ感”!今作も全編がソフィア印です。リメイクではなく、女性の視点から原作を解釈し直したソフィア。繊細な心理戦を際立たせた新たな物語に仕上げています。

      やがて、回復したマクバニーを囲んだ夕食会で、会話にトゲを忍ばせた女たちの嫉妬と欲望は最高潮に達し、その晩に”ある出来事”が勃発。いきなりオンナをむき出しにし始めた学園メンバーに対する、聖母から一転しての冷ややかな表情がコワすぎっ。入り込んだ時の一連の化学反応を緊迫感満点に暴いてみせたソフィア。スリラーの形をとったことで、テーマであり続ける”秘めたる女心”の表出がより洗練されました。

      男性の存在が遠のいていた南北戦争という背景も、抑圧された女たちの現実逃避への渇望を効果的に煽っていて印象的です。そんな複雑怪奇な乙女心の機微こそが、私がソフィア作品で観たいもの。ジャンル問わず鑑賞するが、駄作にはクソっ!っとポップコーンを投げつける、という辛口な部分も。
      関連キーワード - ファッション - anan - クリスマス -

      来日中のソフィア・コッポラ、25年来の盟友がその素顔を明かす!

      感慨深げに呟くソフィアとダーハムは25年来の友人。互いの印象や思い出話に花を咲かせながら、映画作家としてのソフィアについて語り合った。ソフィアの映画撮影の現場の舞台裏が収められている。

      「18歳のときから見守ってきたが、感受性や美的感覚は一切ブレておらず、絶対に作品作りで妥協しない。 最新作でソフィアは、これまでの作風を活かしながらスリラー映画というジャンルに初挑戦。「自分のスタイルをちゃんと入れることができるかが大きな課題だったが、出来上がった作品を観ると、しっかりと自分の作品だと思えた。カンヌで認められた作品の出来栄えに強い自信を窺わせた。 また、彼女の作品の持ち味である衣装やヘアスタイリングについても「当時の時代背景を忠実に守りながら、現代の観客に共感してもらえるような魅力的なものにしたいと思って選んだ。


      関連キーワード - ファッション - anan - クリスマス -

      ソフィア・コッポラ監督、日本での撮影に意欲「日本に滞在することが大好き」

      コッポラ監督は、ガーリーでポップな世界観から離れたことについて「南北戦争当時のアメリカ南部や、そこで暮らしていた女性たちに興味を持っていたんです。 ゲストとして登場した草刈は「本当に美しい映画だと思いました。

      本作を評し、コッポラ監督作品の魅力を問われると、「人物がとてもリアル。
      関連キーワード - ファッション - anan - クリスマス -

考察。「The Beguiled」とは何か?

「The Beguiled」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

The Beguiledに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • kazuk!さん: RT @fashionjp: 【フォロワー限定◆リツイートしてチケットを当てよう!】装苑2・3月合併号掲載の映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』の鑑賞券をフォロワー3組6名さまにプレゼント!2月27日応募締切。詳細はこちら☞
    > https://t.co/Dk

    … - 8 分 29 秒前
  • 常山の住職さん: 明日は、ソフィア・コッポラ監督”The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ”、”パーティーで女の子に話しかけるには”に続く、ニコール・キッドマンとエル・ファニング共演の作品観に行きたいところなんだけど、女子カーリング準決の、日韓戦も捨てがたい。 悩むな~。 - 47 分 15 秒前
  • ごんさん: The Beguiled見に行きたい - 2 時間 37 分 6 秒前

話題のトピック