なぜ「Sam S Club」なのか?

「Sam S Club」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      “あり得ないけど見たい!” そんな夢から生まれたコンサート・フライヤー&ポスター展 THE DREAM SCENE

      音楽のみならず、アート、カルチャーを広める非営利団体としても活動している。

      グラフィックワーク、アートディレクション、映像を中心に活動。をはじめ国内外のグループショウに多数参加、ギャラリー360°等での個展多数。グラフィックデザイナー、アートディレクター、コラージュアーティスト。2006年、根本敬氏個展『根本敬個展ほか/入選!ほがらかな毎日』入選。多数のアパレルブランドにグラフィックを提供、コラボレーションTシャツを制作。ジャケット、書籍の装丁、広告等のデザイン、ディレクションを手掛ける。スイス、ドイツ、フランスなど国内外の様々な美術館、ギャラリーで個展、グループ展を開催。招待され、国内フェスや海外でのライヴ活動も行っている。

      海外のLABELも含め、これまでにRELEASEされたCD,VINALは20枚以上。国内外問わず関係者やシーンから確かな支持を獲得。アレンジやプロデュース、サポートなど幅広く活動中。BEATS、ELECTRONICA、HIPHOPをベースに、ROCKやフィールドレコーディングといった様々な要素を取り入れ、繊細で暖かく、力強い空間を創り出す。今まで世に放たれたMIX作品は、独特の選曲センスと絶妙なMIXで、常に話題を呼んでいる。

      現場では、スクラッチを織り交ぜたビートサウンドなアプローチから、アコースティックやアンビエントまで、クラブ/野外/カフェといった、場所と空間を選ばない選曲を聴かせる。DJとしても関わり、真に自由なスタンスで良質な音を届けている。

      現在まで、多数の野外イベントにも出演し、高揚感と多幸感で、会場を包み込む。グラフィックデザイナー、グラフィックアーティスト、アートディレクター。KENSEI80年代後半より名実ともに東京のクラブシーンを牽引してきたDJのひとり。ヒップホップを起点に80年代後期から現在に至るまで常にDJを続けながら国内外の様々なレーベルからCLASSICな作品や多数のオフィシャルMIXをリリースし続けている。

      ソロ以外にも様々なプロジェクトの中心として活動。DJとミュージシャンとのライブを積極的に行い”生”と”DJ”とのオリジナリティー溢れるユニークなトラックを多数リリース。EDITシリーズは海外からも大きな反響を呼んでいる。


    リアルタイムトレンド Part I

考察。「Sam S Club」とは何か?

「Sam S Club」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

Sam S Clubに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング