なぜ「NPB公式サイト」なのか?

「NPB公式サイト」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      “投手イチロー騒動”から“史上最強の球宴男”まで プロ野球90年代オールスター事件簿

      ゴメン、俺は当時わざわざ東京ドームまで観戦に行ったのにまったく記憶がない。毎年試合は文句なく盛り上がるのに結果はほとんど忘れちゃうこの感じ。時間が経過しても覚えているのは、上原浩治vsイチローとか藤川球児vsカブレラみたいな個と個の対決だ。

      まさに結果がすべてのプロ野球で、結果よりも大事なモノを楽しむ特別な試合。今回はそんな夢の球宴が爆発的な盛り上がりを見せていた、90年代オールスターの印象的な出来事の数々を振り返ってみよう。オールスターは結果より個々の対決と書いた直後になんだが、97年第2戦から00年第3戦まで引き分けを挟み8連勝を記録。93年に逆指名ドラフトが始まり有望新人が続々とセ球団に集結。資金力のあったチームが仁義なき争奪戦を繰り広げた。 ちなみにセ8連勝が始まった97年球宴は、お祭り男の清原和博が西武から巨人にFA移籍したシーズンだ。

      そして、始球式を務めたのは当時17歳の広末涼子である。あの夏、女子高生だったスーパーアイドル広末涼子は、現在36歳のマジで3児の母である。 今思えば、90年代のプロ野球オールスター戦は混沌期だった。95年夏には野茂英雄がMLBのオールスター戦に初選出されたことで、日本の野球ファンも本場メジャーリーグの夢の球宴をテレビで目にする機会が増えた。その豪華絢爛な雰囲気に日本球界はこのままでいいのかと80年代のシンプルさを見直し、試行錯誤を繰り返していた時期だ。

      結局、ガチすぎても引かれるし、ふざけすぎてもディスられる。地鳴りのようなどよめきに包まれる4万2938人の大観衆を背にライトから駆け寄り、マウンドで西武の東尾監督からボールを受け取る背番号51。結局、MAX141キロをマークしたイチローは高津を遊ゴロに打ち取りゲームセット。当時ファンの間でも、仰木さんさすがにやりすぎ派と、ノムさんお祭りなんだからイチローvs松井を見せてくれよ派で意見が真っ二つ。 印象的だったのが、コーチとしてベンチに座る巨人の長嶋監督が苦虫を噛み潰したような顔をしていたことだ。

      しも、この年の全セ監督がショーマンのミスターなら、恐らく松井はそのまま打席に入っていたのではないか。2015年シーズン最終戦でイチローがメジャーのマウンドに上がったり、アストロズの青木宣親が大量リードされた9回に6番手として登板する現在なら抵抗なく受け入られそうなこのアイディア。西武最終年も8試合連続全パ不動の4番を託されると6回の満塁の場面で逆転の二塁打を含む2安打3打点の活躍で、この年も真夏の祭典の主役として君臨した。なお清原のオールスターMVP7度受賞は、もちろんぶっちぎりの歴代最多記録である。

      【プロ野球】交流戦では緑のリストバンド。6月5日は「環境の日」。野球界が取り組まなければならない環境活動とは?

      審判団全員、そして一部の選手が緑色のバンドを腕につけて試合に臨んでいたのをご存じだろうか。球場の売店などで販売しているのを見たことがある、という野球ファンもいるだろう。そこで本稿では、プロ野球における環境への取り組みについて、今一度おさらいしてみたい。 この活動内容の詳細については、いまでもNPB公式サイトで見ることができる。試合時間を短縮できれば、その分、照明エネルギーなどを抑制することができる、という算段だ。

      こうした環境への取り組みは、その後も名前を変えながら随時行われている。

      コミッショナー表彰に格上げされるなど、取り組みとしては継続して行われている。

      名称が変わったり、毎年継続しての取り組みではなかったりするためか、今ひとつ、野球ファンのなかでも浸透していない印象を受ける。植樹活動が中心だが、これ以外にも各球団や選手会、パートナー企業などが独自の環境活動に取り組んでいる。

      だが、成長が遅い、植林をしてこなかった、等の理由により、この10年で供給量が激減。折れたバットを回収し、箸や靴べらなどのユニークな製品としてリニューアル。その販売収益の一部が植林活動資金などに還元されている。

      今年のオールスターでの実施はまだ発表されていないが、未来のために継続するものと信じたい。!勝負を左右する“代打成績”から選手層の厚さを探る石井一久対梨田昌孝。

      『マイナビオールスターゲーム2017』要項発表会見をレポート 栗山監督&緒方監督の「自分のチームに欲しい選手」とは?

      ZOZOマリンスタジアムで開催される『マイナビオールスターゲーム2017』の要項発表会見が行われた。 まず初めに、各マスコットが開催球場の魅力をパネルで紹介。 緒方孝市監督 和やかな雰囲気の中、スペシャルゲストであるオールパシフィックの栗山英樹監督とオールセントラルの緒方孝市監督が登壇。 最高のプレイヤーたちが集う『オールスターゲーム』。ファン投票やイベント企画などの詳細はNPB公式サイトをチェックしよう。

      【速報】ハマの番長・三浦大輔が引退会見!ファンは悲しみの声

      スクリーンショット 横浜DaNAベイスターズの三浦大輔が20日、今シーズン限りでの引退を発表。15時から記者会見を行い、インターネットでも生中継された。 三浦投手は、25年の現役生活にピリオドをうつことになる。チームメイトには昨日の試合後まで伝えていなかったという。 背番号18番は、三浦投手の功績をたたえて『横浜ナンバー』と命名される。 画像はNPB公式サイトのスクリーンショット 長年チームの屋台骨を支えてきた選手だけに、ファンからはショックの声が続々とあがっている。

      2016 ■1998年の日本一に貢献 三浦大輔は1992年横浜大洋ホエールズに入団。1997年に10勝をあげると背番号が46から18に変更となり、エース格にのしあがった。 98年も12勝をあげ野村弘樹、斎藤隆、川村丈夫らとともに先発ローテーションを守り、チームの日本一に貢献。 佐々木主浩の活躍ばかりがクローズアップされがちだが、三浦の活躍がなければ優勝はできなかっただろう。コンスタントな活躍をみせ、23年連続勝利のプロ野球タイ記録を達成した。さらに今年24年連続ヒットの世界記録をうちたて、ギネスブックにも認定されている。

      ニックネームでオフにはテレビなどに出演し、ベイスターズの顔として人気面でもチームを支えた。 ■最後のホエールズ戦士 ベイスターズは1993年に横浜大洋ホエールズから改称され誕生した球団だが、当時を知る現役選手は昨年斎藤隆氏と谷繁元信兼任監督が引退したため、三浦ただ1人になっている。

      一昨日の模試、総合点が50点近く 上がって結構嬉しいです。 そんな矢先、三浦大輔引退のニュースが飛び込んで来て悲しすぎてならない。 ホエールズの時からいるハマの番長がついに引退か、、、まだ行けるんじゃないかと思ったけどなあ。2016 昨年和田一浩氏、小笠原道大現中日二軍監督、高橋由伸現巨人監督、井端弘和コーチ、谷佳知氏、平野恵一現阪神コーチなど続々と大物が引退したが、今年も三浦大輔に加えロッテのサブローも引退を表明。 さらに広島黒田博樹も昨年引退をほのめかしながら現役を続行しただけに、去就は不透明といわれる。
      関連キーワード - 三浦大輔 - 横浜DeNAベイスターズ -

考察。「NPB公式サイト」とは何か?

「NPB公式サイト」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

NPB公式サイトに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 黒ヨッシーさん: RT @MarinesLotteCh: 早くも4番・サード。安田尚憲の「ミスターロッテ」への道がはじまる|プロ野球|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva
    > https://t.co/Q1MxlM9TXx

    - 7 時間 29 分 12 秒前
  • 純パの会さん: RT @overeau: NPBの公式サイトの審判員のページが更新されるのを今か今かと待っている。 散々URLをいじくり倒していにしえのページを発掘している。 - 23 時間 29 分 46 秒前
  • emiさん: RT @dobu_p: とても良い記事だった。あとやっぱりこーたろにとって青木復帰はショックだったんだな。有望株なので、何とかレギュラー勝ち取って欲しい。 畠山は引退危機から救われた。監督・コーチ・選手が語る「青木効果」|プロ野球|スポルティーバ 公式サイト web Sport… - 1 日と 2 時間 2 分 49 秒前

話題のトピック