なぜ「Mia Love」なのか?

「Mia Love」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      関連キーワード

        ザ・コルツ、最新アルバムは“ごった煮R&R・サーカス”第二弾

        2017年にリリースした結成25周年記念オリジナルアルバム『BASTARD!』を経て、その活動を総括する続編とも言うべき新作となっている。

        新曲を中心に、最初期~メジャー期におけるレア名曲のセルフカバーも収録。

        HYDE主催『HALLOWEEN PARTY 2018』YOSHIKIとHYDEがデビュー当時の姿で共演

        分島花音 この夜も、天井から落下するという、シアトリカルな演出で登場した分島花音。アリスの扮装で、チェロの深い調べと憂いに満ちた歌声を響かせて観客と言う名のゴーストたちを虜にしていく。明かすと、客席から冷やかしの歓声が上がっていた。最終日だけに、オーディエンスの仮装も気合い十分だ。

        ORCHESTRAから、HYDEバンドのマスクを被った淳士、アニメ『デビルマン』に登場する悪魔、シレーヌに扮したShinyaも登場。その後は、この日もうさぎに扮した柩とアリス喜矢武豊が小芝居を展開して会場を沸かせた。MCでは、「僕はL’Arc~en~Cielのファンだったので、今日は出られて本当に嬉しいです。今回の出演に関する反対意見も知っていたと告白し、ポップな音楽性だけでなく、その飾らないキャラクターでもオーディエンスの心を掴んだはずだ。

        PARTY』9度目の出演となるものまねアーティスト、青木隆治。L’Arc~en~Cielメドレーでは観客もコーラスで応えるなど、その抜群のスキルとパフォーマンスに会場も大いに盛り上がった。 ジェジュン この日もう一組の初出演は、第三幕に姿を見せたジェジュンだ。

        いったカバー曲をエモーショナルに歌い、ゴーストたちのハートを確実に掴む。熱烈なHYDEファンであることを公言していることもあり、オーディエンスたちも彼を大歓迎。を歌い始めた赤の女王に扮したHYDEの姿がスクリーンに映ると、場内から悲鳴のような歓声とどよめきが沸き起こる。を歌いながらアリーナを周遊して、分島花音、YUKI、Sakuraが待つサブステージへ。ドラムを叩くSakuraの肩に右手を置いて歌うHYDEの姿に、この日も大勢のファンの瞳に涙が浮かんでいるのが見える。すると、白の女王に着替えたHYDEがランウェイに登場。を歌っている途中、頭から血が滴り落ち始め、たちまち純白のドレスは真っ赤な血に染まるという、映画『キャリー』を彷彿させる衝撃的なエンディングと共に幕が下ろされた。 YOSHIKI、HYDE YOSHIKIのドキュメント映像が流れた後、緞帳が上がるとそこには、一人ピアノに向かうYOSHIKIの姿が。を奏でた後にYOSHIKIがHYDEを呼び込むと、ソバージュのロングヘアのウィッグと白い衣装を着たHYDEが登場。HYDEが自身の仮装を説明すると、赤いジャケットコートを着たYOSHIKIも、デビュー当時のヴィジュアル系をモチーフにしたことを明かす。合わせて、サビを歌う観客の歌声が場内に響き渡る。を振り返りつつも、今日多くの観客を前にステージに立てたことに、嬉しそうな笑顔を見せた。を歌いながらアリーナを練り歩き、ゴーストたちにお菓子を配っていく。ORCHESTRA、ジェジュン 今年からHYDE主催のパーティーとなったこともあり、イベント全体のテーマがより明確になり、出演者や幕間の演出にもいっそうの統一感が生まれるなど、さまざまな変化が見られた。また、貴重なコラボレーションやカバー曲など、日本のロック史に残るレアシーンが今年も数多く目撃出来た。会場のバックステージからはニコニコ生放送が中継され、アミューズメントやフードもさらに充実。

        刺激と感動にあふれた『HALLOWEEN PARTY 2018』閉幕

        この夜も、天井から落下するという、シアトリカルな演出で登場した分島花音。アリスの扮装で、チェロの深い調べと憂いに満ちた歌声を響かせて観客と言う名のゴーストたちを虜にしていく。ふっくらした西郷どんを再現するためDAIGOは、“カステラを口に含んだまま歌うという、人生初の体験”で熱唱。うちの奥さんに監修してもらった”と明かすと、客席から冷やかしの歓声が上がっていた。最終日だけに、オーディエンスの仮装も気合い十分だ。

        ORCHESTRAから、HYDEバンドのマスクを被った淳士、アニメ『デビルマン』に登場する悪魔、シレーヌに扮したShinyaも登場。その後は、この日もうさぎに扮した柩とアリス喜矢武豊が小芝居を展開して会場を沸かせた。MCでは、“僕はL’Arc~en~Cielのファンだったので、今日は出られて本当に嬉しいです。今回の出演に関する反対意見も知っていたと告白し、ポップな音楽性だけでなく、その飾らないキャラクターでもオーディエンスの心を掴んだはずだ。

        PARTY』9度目の出演となるものまねアーティスト、青木隆治。L’Arc~en~Cielメドレーでは観客もコーラスで応えるなど、その抜群のスキルとパフォーマンスに会場も大いに盛り上がった。 この日もう一組の初出演は、第三幕に姿を見せたジェジュンだ。

        いったカバー曲をエモーショナルに歌い、ゴーストたちのハートを確実に掴む。熱烈なHYDEファンであることを公言していることもあり、オーディエンスたちも彼を大歓迎。“もし来年もこのステージに立てたら、次はもっと面白い仮装で出演したい”というジェジュンのMCにも割れんばかりの拍手と歓声が上がっていた。を歌い始めた赤の女王に扮したHYDEの姿がスクリーンに映ると、場内から悲鳴のような歓声とどよめきが沸き起こる。を歌いながらアリーナを周遊して、分島花音、YUKI、Sakuraが待つサブステージへ。ドラムを叩くSakuraの肩に右手を置いて歌うHYDEの姿に、この日も大勢のファンの瞳に涙が浮かんでいるのが見える。すると、白の女王に着替えたHYDEがランウェイに登場。を歌っている途中、頭から血が滴り落ち始め、たちまち純白のドレスは真っ赤な血に染まるという、映画『キャリー』を彷彿させる衝撃的なエンディングと共に幕が下ろされた。 YOSHIKIのドキュメント映像が流れた後、緞帳が上がるとそこには、一人ピアノに向かうYOSHIKIの姿が。を奏でた後にYOSHIKIがHYDEを呼び込むと、ソバージュのロングヘアのウィッグと白い衣装を着たHYDEが登場。“デビュー当時のHYDE”と、HYDEが自身の仮装を説明すると、赤いジャケットコートを着たYOSHIKIも、デビュー当時のヴィジュアル系をモチーフにしたことを明かす。合わせて、サビを歌う観客の歌声が場内に響き渡る。ファイナルにふさわしい強力なコラボ曲を演奏中、“エーックス!”と叫びながらステージを練り歩くYOSHIKIは、“幕張!今日はお客さんがいるな!”と1カ月前、ここ幕張で行なわれた“無観客ライヴ”を振り返りつつも、今日多くの観客を前にステージに立てたことに、嬉しそうな笑顔を見せた。を歌いながらアリーナを練り歩き、ゴーストたちにお菓子を配っていく。 “また来年会おうぜ” 今年からHYDE主宰のパーティーとなったこともあり、イベント全体のテーマがより明確になり、出演者や幕間の演出にもいっそうの統一感が生まれるなど、さまざまな変化が見られた。また、貴重なコラボレーションやカバー曲など、日本のロック史に残るレアシーンが今年も数多く目撃できた。会場のバックステージからはニコニコ生放送が中継され、アミューズメントやフードもさらに充実。

    考察。「Mia Love」とは何か?

    「Mia Love」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

    GGRYみんなの意見

    • LauraHさん: @katia__mia LOVE IT!
      > https://t.co/4bA7ctW3er

      - 22 秒前
    • liz legendさん: @lvingsomeone i love u so much mia 🥺 - 6 分前
    • Camさん: @Mia_lenore I LOVE TOU TOO - 39 分 37 秒前
    • ユキさん: @mia_aaa__ うちの子も鍵しっぽなんですけど、短いの可愛いですよねー😍😍 - 41 分 37 秒前

    話題のトピック

    Googleでホットな話題