なぜ「Last Of Us 2」なのか?

「Last Of Us 2」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      Interview with TT about “LoveLaws”

      そのプロセスを通して、自分自身もミュージシャンとして成長したし、ソロだけじゃなく、ウォーペイントにも前よりももっと貢献できるようになったんじゃないかな。それというのはやはり、これまでのウォーペイントでの制作では味わったことのないような体験でしたか。自分を見つめ直す作業だったから、今回のアルバムを作ること自体がカタルシスというか、ある種のセラピーみたいなものだったし、すごく癒されたの。それから、自分のなかで触れておかなくてはけないテーマがあって、それを深く突きつめてみることで、自分の生き方みたいなものをもっとよく理解してみたかった。それは今回のアルバムでも触れている“愛”っていうテーマにも繋がっている。

      母親の子供に対しての愛だったり、男女の恋愛関係における愛だったり、常にロマンティックな関係を求めている自分自身がいたり。あるいは、バンドのメンバーとの絆だったり、そこからどうやって相手のことをもっと理解して、愛してあげるにはどうしたらいいんだろうってこととか。他にも、自分自身に対する愛だったり、色んな形の愛があると思うんだけど、それを今回のアルバムでは探求したかったし、その作業が自分にとって必要だったの。 TT「何年も前から考えているテーマもあるし、すごく最近になって考えるようになったテーマもある。

      ただ、比較的最近になってからのテーマのほうが多いのかな。ここ2、3年になって浮かび上がってきたテーマというか、『自分のこういう部分についてもっと深く知りたいな』と思うようになって書いた曲みたいな。だから歌詞も基本的には明確で伝わりやすいものになるように心がけているの。なかには曖昧な表現を残している部分もあるけど、それ以外の部分については、完全に自分の気持ちを理解してもらうことを前提にしている。

      そこから、『これをもうちょっと突きつめてみたい』『ここはちょっとブリッジが必要だな』という曲がいくつか貯まったときに、生ドラムだったり他の楽器だったり、自分ひとりではレコーディングしきれないところをエンジニアでありミュージシャンでもある兄に声をかけてみたの。向こうのほうが私よりもよほどドラムの音作りに関してはプロだから。制作にあたってインスパイアされたアーティストや作品があったら教えてください。

      ただ、他のアーティストのアプローチみたいなものに影響を受けたということはある。近年、とくにアートやエンターテインメントの世界ではジェンダーの問題が問い直されている状況がありますが、自身が活動するうえでもそうした意識をつねに心に留めているところはありますか。 TT「ムーヴメントは世の中に絶対に必要なことよ。このアルバムのなかで直接的に取り上げるってことはなかったにせよ、今回、自分のためにアルバムを作ることで、パワーを手にしたような、ひとりの女性として前よりも強い自分になれた気がしてるの。 TT「あと今回、恋愛について歌詞にしているけど、男女の関係でよくありがちなのが、男性が何かひどいことをして女性がそれに振り回されて、自分自身を大事にしなくなるっていうパターン。だから、自分の恋愛観だったり、自分以外の誰かに夢中になってのめり込んでしまう経験をクリエイティヴな方向に利用することで、それを自分自身のパワーに変えているの。それと今回、パソコンで自分ひとりでレコーディングする方法を覚えたし、ヴォーカルやギターにも取り組んでみたけど、ただドラムに関してはまだまだ素人だから、次はそこに挑戦してみたいな。世界では、より多くの女性が、あるいはLGBTやカラードのアーティストが活躍の場を広げています。

      あなた自身も、そうした変化を身近に感じるところはありますか。人間の本来持っている多様性をそのまま反映する、みたいな。個人的にはその変化が政治の世界にまで普及するのを見てみたい。アメリカの上院下院も年老いた白人男性中心で、あの人達が私の意見を政治に反映してくれるとは思えないの。politics.” ——ところで、今回のジャケットを飾っているあなたの写真について教えてもらえますか。 TT「あれは服従というか、降参してるみたいな感じのイメージで、ただジャケットの中身を開くと、靴を自分が操ってるような感じに映っているの。私たちをひとつに結びつけてくれる魔法であり、私たちを生かしてくれている宇宙の法則みたいなものだから。だから、そうした愛の成せる不思議な力というか、魔法みたいなものを表現してるの。テレサはオレゴン州ユージンに生まれ育ち、9歳の頃から父親と一緒にギターを始めた。

      Interview with Jeff Goldblum about “Isle of Dogs”

      日本を愛する監督が選んだ新たな舞台は、彼のイマジネーションによって生まれた近未来の日本。以来となるストップモーションアニメーションで、愛犬を探す旅に出た少年と犬たちの友情を描いた。3度目のアンダーソン組となったベテラン俳優は、ジャズや息子たちの話になると目を輝かせ、劇中でも響かせた美声で時に歌声までも披露しながら、本作の製作秘話や監督の魅力について語ってくれた。 ——『犬ヶ島』の公開おめでとうございます!素晴らしかったです。昨夜の来日スペシャルイベントでは、皆さんが登壇したら観客が叫んでいましたよね。

      ウェスはみんなが大好きなスーパースターであり、監督だからね。

      彼があんなにも素晴らしいアーティストであること、そして、パワー全開の彼と同じ時代に生きられることは、本当にワクワクするよね。

      その過程の途中だった2年前に、彼からメールが届いた。彼はいつもパリやロンドンにいるし、本作の制作もロンドンで行われていて、僕はロサンゼルス在住だから。日本の犬の絵と、あとは確か山とか景色の画像だった。『ウェスがこれを使って何をしようとしているのか知らないけれど、すごいことになりそうだ』と思ったよ。少ししてから、僕はひとりでブースの中に入り、2時間ほど声を録音して、それから2年後に作品が完成するまで、彼とは二度と会わなかったんだ。

      そのときに初めて他の共演者と顔を合わせたんだよ。昨夜のイベントでも話していたように、日本は彼が本作を最初に公開したかった場所であり、本作にとって、最も大切な場所なんだ。

      genius.” ——あなたのデューク役は素晴らしかったです。彼は求めているものがはっきりしていたんだけど、その中で役者の演技も楽しんでくれるから、僕らは自由に遊ぶことができる。それにウェスは役者思いの監督だし、繊細かつ複雑かつ面白い形で、人間の営みを理解している。

      お金があまりかからないから、20回でもやり直すことができる。1度映画を観た後に、脚本まで読んでしまいました。

      日本人だと日本語のセリフもすべて理解できるので、把握するべき情報がすごく多くて。最初はベルリンで観て、それからロサンゼルスで行われたプライベートな試写で観た。観客が泣いたり笑ったり盛り上がっていて、そこでようやく全体の話がつかめたし、作品に込められた意味やその力に気づいたんだ。

      ても面白いし、驚きにあふれているし、予想外だし、感動するし、ものすごく美しい。すごくスイートだよね!『僕はもとの暮らしに戻りたいだけ。彼は高潔かつ厳かに、敬意を込めて、それでいて驚くほど純粋な独自の視点で、この世界を見て、楽しんでいるように思える。それに、彼は独自のユーモアのセンスと深い洞察力の持ち主だ。

      情熱を込めて熱心に仕事をする人で、彼が美しいものを作るために人生を捧げているのは明確だよね。

      さらに、映画の歴史や文化についての素晴らしい先生でもあり、人を大切にする。だから一緒に過ごしていると、僕も彼の目を通して、他の人をもっと興味深く美しい存在として見られるようになるんだ。

      ウェスと仕事をしたい人はいくらでもいるし、誰でもキャスティングできるはずだから、自分はすごくラッキーだと感じている。

      しかしたら、その理由の1つとしては、僕自身が彼との仕事をものすごく楽しんでいるからかもしれない。それに、僕はこれまでいろんな人と仕事をしてきたから、ウェスは彼が憧れている他の監督たちと僕を関連づけているのかもしれない。…あれは僕らに与えられたちょっとした課題で、完全に即興だった。ウェスからは、『本作の制作がどのような体験だったかをインタビュー風に話してほしい。
      それで、いろんなことをとりとめなく話した20分ほどの音源を渡したら、『あの1分半が気に入ったよ』と。genius!” ——インタビューまでアニメーションにするなんて、すごいですよね。

      special.” ——本作には監督が日本の映画や文化から受けた影響が詰め込まれています。

      あとは、小津安二郎の『東京物語』とか黒澤明の『乱』のような映画も観たことがある。今日会った人から、『バンドを連れて来日ツアーをやるべきだ。

      この映画は彼と日本の6年間にわたるロマンスであり、そこにはものすごくたくさんのインスピレーションが詰まっているわけで、本作を日本で公開することは、彼にとってすごく特別なことのはず。僕も日本が大好きだから、この作品が大好きだし、すでに観た人たちは文句なしに楽しんでくれたようだ。

      僕としては、本作は映画における画期的な体験だと感じている。

      何か美しいものを見ると、それは君の人生を何らかの形で永遠に変えることになるんだ。

      さっきも言ったけど、ウェスは実に誠実な人だし、これはすごく私的で心がこもった作品だ。

      命を賭けてでも群れ——つまりは僕らと子どもたちを守ってくれるヒーローなんだ。

      自分の仕事については、『パパは他の人になりきって、映画を作っているんだ』と話している。

      映画を見せたことがないから、よくわかっていないと思う。本作はとても美しいし、見せてもいいかもしれないな。dogs.” ——これまでにさまざまな映画に出演されていますが、それぞれの作品でまったく別人のようで、いつも驚かされます。バトルロイヤル』では、たくさん即興ができて楽しかった。Artemis』という作品で共演して、興味深い役を演じた。Mountain』という作品もあって、すでにクランクアップしたのだけど、まだ観ていない。これは1954年の太平洋岸北西部を舞台に展開するダークなストーリーだ。

      そして、先日は2本の新作への出演契約にサインをしたばかり。今はこれらの作品をまっとうしようとしているところで、その後はまだわからないな。4年の歳月をかけ、670人ものスタッフが心を込めて作り上げた登場人物と犬たち。一つ一つ精巧にデザインされた驚愕の“日本”のセット。ユニークで愛くるしい犬たちと少年の間に芽生えていく温かい絆に、世界中がピュアなハートを取り戻す、心躍る冒険物語。ドッグ病が大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。

      島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。
      関連キーワード - アニメ - 声優 -

      Interview with Stephen “ESPO” Powers

      シンプルでいながらポジティヴなパワーとエレガントさを備えた作品について聞いた。TARGETと一緒に考えたんだけど、彼らも僕も夢を見ていたし、夢を見ながら生きているとすべてが可能になってくる。誰かを傷つけていない限り、その答えに間違いはないしね。

      僕たちはすべてが可能であるからこそ始めたし、うまくことが運ばないことは排除したんだ。

      学校へ行っていた頃に絵を描くことを教える、ということを理解したというか、そこですべてのルールを学んだんだ。

      子供の頃は才能があったし、タレント性もあったから、学校ではいつもアートを学ぶプログラムへ行くことを勧められていたんだ。

      僕は指図されるのが嫌でたまらない子供の1人だったから、先生が何か僕に言うと、すぐに逆のことをしていた。僕がいい感じにやっていたことを知っていたと思うし、それと今、自分の息子を見ても彼は自分のやりたいようにやっていくだろうからとやかく外野が言うことじゃないんだ。

      「僕はずっとグラフィティが好きではなかったんだ。

      フィラデルフィアに居た頃だけど、最初は全く理解ができなかったんだ。

      そんなときに友達が『オマエに見せたいものがある。彼は僕を電車の車両が停まっている場所へ連れて行ってアートピースを見せてくれたんだ。

      それは今でも僕がすごく仲良くしている友達が描いたものだった。その頃、よくみんなで家に集まってTVでやっている映画を観ていたんだけど、映画の中で男が外に出かけてペイントしているシーンがあったんだ。

      電車に描かれたものは、思わず『ワオ~!』と声が出てしまうくらいで映画で見たものよりも断然よかった。友達でもあるし、たくさんの素晴らしい現役のグラフィティアーティストや、過去にグラフィティをやっていた友達を知っている。

      16歳でイリーガルでグラフィティをはじめたとき、僕は『犯罪を犯した』と認識したんだけど、自分のアートにその部分を織り交ぜたいとは思わなかったんだ。

      僕はあくまでもグラフィティを描きたかっただけだった。だからESPOという名前はグラフィティネームなんだ。

      グラフィティをはじめて、20年後に辞めて、それ以来アーティストとしてやっているけど、これまでにESPOという名前を自ら宣伝したことはない。グラフィティライターがギャラリーで名前を使うことは、フェアではないと思っているんだ。

      「アプローチが違うだけで、特に大きな違いはない。ESPOは短くて早いバージョンで、ノリにのった感じ。日本のタクシーはドアが自動で開いて、とても綺麗で、道もよく知っているからね。

      タクシーの運転手は運転免許を持っていて、保険にも入っていて、ペーパーワークもパスしている。

      「僕は毎日、日記のように絵を描いているんだけど、日々思ったことを書き出しているんだ。

      僕が人生の中で描いていかなければならないことは、哲学的な深いことをわかりやすく変えていくこと。日本の図像に大きな影響を受けているんだけど、日本はヴィジュアル面でコミュケーションをとることが多い。何が書いてあるのか僕には理解できないけど、それが好きなんだよね。

      こういう風に僕が言葉をヴィジュアルにすることに挑戦したのは、フィラデルフィアで描いたソーセージからだった。僕は言葉に魅了されていて、描いた絵がそれらの言葉でコミュニケーションしてくるのを感じている。

      時々は意味不明な感じもするかもしれないけど、言葉と絵を組み合わせることでもっとクリアにエレガントに話ができるではないかと思う。ブログを見ていると音楽はステファンにとって特別なものであることがわかります。ブログに彼の音楽にすごく影響を受けたことを書いているけど、共感できることが多いんだ。

      彼の世界を見る視点や、小さいことや、複雑なことをシンプルに歌にしているところなんかが大好きなんだ。

      僕はアルミにペイントするのが好きなんだよ、この素材はサインペインティングに最適だ。

      すごくシンプルで、愛らしくて、生きている感じで、とてもモダンなんだ。

      さらにはハンドメイドで作っている感じも出したかった。自分で作ったんだけど、すべてがこの一つに集約されている。

      ビジネスが枯れ果て、彼らはリタイアして別の仕事をしていたんだ。

      僕は彼らのように早く描けるようになるために、毎日描いているんだ。

      だから初めてコニーアイランドで仕事としてサインペインティングを描いたときは、自分のサインを入れなかった。だって君のレタリングで、アプローチで、君そのものだったからね』と言ってきた。だってもう犯罪に関与することもなく、みんなから怒られることもなく描くことができるんだとね。

      グラフィティを描いていたときは、ESPOというワードに恐れを感じていたんだ。

      「ここにあるプリントのほとんどを自分たちでやった。僕は以前、雑誌を発行していたんだけど、印刷に関してはいろいろ経験したんだ。

      サインペインティングに夢中になったけど、印刷にも興味を持っていた。今は両方学ぶことができて、1色で印刷していた頃よりもステップアップできたんじゃないかな。たくさんキャラクターが集まったような作品が可愛いです。「2001年に結婚してハネムーンみたいな感じで日本へ初めて来たのが2002年。そのときはタイトルなしでショーをやったんだけど、来日して初めてDocomoの携帯で絵文字というものを見たんだよ。その年に、僕はその絵文字をもとにこの作品を発表した。「マンハッタンのウエストヴィレッジに住んでいるよ。アーティストだった家主がいて、彼は先生でもあり、ものすごく素晴らしいアーティストだったんだけど、彼の息子が仕事を探していて、僕たちはスペースを探していたんだ。

      そしたら『ここをいい家賃で貸してあげるから、息子を雇ってくれないか』と言ってきたんだよ。その息子は今、僕たちの印刷業務を担当してくれている。

      ショップを1階に設けているんだけど、本当にベストなネイバーを見つけたと感じるよ。しアートを売りたいとしたら、このエリアは適していないんだ。

      奇妙なエリアだけど、すごくパワフルで、裕福ではないけど、ものすごく貧乏ではない人々が住んでいる。

      「自分の作品を売っているけど、ギャラリーみたいなものだね。

      携帯をチャージしたり、道を聞きにきたり、やってきた人たちに対して対応している。

      僕たちはみんながハングアウトできる場所になればいいなと思っているんだよ。たくさんの人たちがくるけど、でもアートワークを買うほどの金は持っていない。彼らはただ作品を見ていくだけだけど、それが僕らにとっては最高なことなんだ。

      っともっと来てもらって、作品を見ていってもらいたい。週末は売れるんだけど、平日は近所のキッズに夢を見させている感じ。「ティーンネイジャーから、リタイアした人々、海外から旅行でやってくる人といろいろだね。

      本当はアーティストとしては、ギャラリーをやるといいことはないと思っていたんだ。

      友達もいるし、僕たちのやりたいことをやってみようってことで、作品を見せて人々を教育してみることにしたんだ。

      簡単なことではないけど、とてもポジティヴな場になっていると思う。そして僕自身、アーティストとして人々を待たせてはいけないし、自分の中から生まれてくるものを創り出さないといけない。すべてのアーティストに各々の時間があって、芸術が生み出される。1984年から今に至るけど、僕にとってアートは人生そのものなんだ。

      今月で50歳になるんだけど、絵は3歳から描いているんだ。

      「今、キャンバスに描いているんだけど、心を奪われているよ。始めてちょうど1年経つけど、これまでやってきたことと違うし、とても奇妙。描くのもゆっくりだし、プロセスがとても自然な感じで心地よいんだよね。

      僕は日本にいるとデカイし、不器用だし、恥ずかしいんだけど、日本は僕をリラックスさせてくれて、エレガントな気分にさせてくれるんだ。

      素晴らしいギフトをもらったような気分になるんだよ。を発行、1999年にはライターを辞めアーティストとして活動。アーティストとしてパワーズは屋外でも様々な活動を展開。パワーズがアートで街にラブレターを書くプロジェクト。2007年、フルブライト奨学金をもらいダブリンの街にミューラルをペイント。活動は東京を含め、サンパウロから南アフリカ、世界12都市に及ぶ。
      関連キーワード - アニメ - 声優 - Instagram - テイラー・スウィフト - セレーナ・ゴメス - Instagram - iPhone -

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「Last Of Us 2」とは何か?

「Last Of Us 2」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

Last Of Us 2に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング