なぜ「Instagram DOWN」なのか?

「Instagram DOWN」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      ローラ、インスタグラムの新アカウントがフォロワー11万人突破

      モデルでタレントのローラが自身のInstagramを更新。ワークアウト専用のアカウントを開設したことを報告し、反響を呼んでいる。

      ワークアウント専用のアカウントを開設したことをファンへ報告。 なお、ローラのワークアウト専用のアカウントには既に食事の写真やトレーニング中の動画、モチベーションがあがる言葉などが投稿されており、11万人以上のフォロワーが集まっている。


      関連キーワード - ローラ - メイク - 新垣結衣 - Instagram - ローラ -

      Interview with Stephen “ESPO” Powers

      シンプルでいながらポジティヴなパワーとエレガントさを備えた作品について聞いた。TARGETと一緒に考えたんだけど、彼らも僕も夢を見ていたし、夢を見ながら生きているとすべてが可能になってくる。誰かを傷つけていない限り、その答えに間違いはないしね。

      僕たちはすべてが可能であるからこそ始めたし、うまくことが運ばないことは排除したんだ。

      学校へ行っていた頃に絵を描くことを教える、ということを理解したというか、そこですべてのルールを学んだんだ。

      子供の頃は才能があったし、タレント性もあったから、学校ではいつもアートを学ぶプログラムへ行くことを勧められていたんだ。

      僕は指図されるのが嫌でたまらない子供の1人だったから、先生が何か僕に言うと、すぐに逆のことをしていた。僕がいい感じにやっていたことを知っていたと思うし、それと今、自分の息子を見ても彼は自分のやりたいようにやっていくだろうからとやかく外野が言うことじゃないんだ。

      「僕はずっとグラフィティが好きではなかったんだ。

      フィラデルフィアに居た頃だけど、最初は全く理解ができなかったんだ。

      そんなときに友達が『オマエに見せたいものがある。彼は僕を電車の車両が停まっている場所へ連れて行ってアートピースを見せてくれたんだ。

      それは今でも僕がすごく仲良くしている友達が描いたものだった。その頃、よくみんなで家に集まってTVでやっている映画を観ていたんだけど、映画の中で男が外に出かけてペイントしているシーンがあったんだ。

      電車に描かれたものは、思わず『ワオ~!』と声が出てしまうくらいで映画で見たものよりも断然よかった。友達でもあるし、たくさんの素晴らしい現役のグラフィティアーティストや、過去にグラフィティをやっていた友達を知っている。

      16歳でイリーガルでグラフィティをはじめたとき、僕は『犯罪を犯した』と認識したんだけど、自分のアートにその部分を織り交ぜたいとは思わなかったんだ。

      僕はあくまでもグラフィティを描きたかっただけだった。だからESPOという名前はグラフィティネームなんだ。

      グラフィティをはじめて、20年後に辞めて、それ以来アーティストとしてやっているけど、これまでにESPOという名前を自ら宣伝したことはない。グラフィティライターがギャラリーで名前を使うことは、フェアではないと思っているんだ。

      「アプローチが違うだけで、特に大きな違いはない。ESPOは短くて早いバージョンで、ノリにのった感じ。日本のタクシーはドアが自動で開いて、とても綺麗で、道もよく知っているからね。

      タクシーの運転手は運転免許を持っていて、保険にも入っていて、ペーパーワークもパスしている。

      「僕は毎日、日記のように絵を描いているんだけど、日々思ったことを書き出しているんだ。

      僕が人生の中で描いていかなければならないことは、哲学的な深いことをわかりやすく変えていくこと。日本の図像に大きな影響を受けているんだけど、日本はヴィジュアル面でコミュケーションをとることが多い。何が書いてあるのか僕には理解できないけど、それが好きなんだよね。

      こういう風に僕が言葉をヴィジュアルにすることに挑戦したのは、フィラデルフィアで描いたソーセージからだった。僕は言葉に魅了されていて、描いた絵がそれらの言葉でコミュニケーションしてくるのを感じている。

      時々は意味不明な感じもするかもしれないけど、言葉と絵を組み合わせることでもっとクリアにエレガントに話ができるではないかと思う。ブログを見ていると音楽はステファンにとって特別なものであることがわかります。ブログに彼の音楽にすごく影響を受けたことを書いているけど、共感できることが多いんだ。

      彼の世界を見る視点や、小さいことや、複雑なことをシンプルに歌にしているところなんかが大好きなんだ。

      僕はアルミにペイントするのが好きなんだよ、この素材はサインペインティングに最適だ。

      すごくシンプルで、愛らしくて、生きている感じで、とてもモダンなんだ。

      さらにはハンドメイドで作っている感じも出したかった。自分で作ったんだけど、すべてがこの一つに集約されている。

      ビジネスが枯れ果て、彼らはリタイアして別の仕事をしていたんだ。

      僕は彼らのように早く描けるようになるために、毎日描いているんだ。

      だから初めてコニーアイランドで仕事としてサインペインティングを描いたときは、自分のサインを入れなかった。だって君のレタリングで、アプローチで、君そのものだったからね』と言ってきた。だってもう犯罪に関与することもなく、みんなから怒られることもなく描くことができるんだとね。

      グラフィティを描いていたときは、ESPOというワードに恐れを感じていたんだ。

      「ここにあるプリントのほとんどを自分たちでやった。僕は以前、雑誌を発行していたんだけど、印刷に関してはいろいろ経験したんだ。

      サインペインティングに夢中になったけど、印刷にも興味を持っていた。今は両方学ぶことができて、1色で印刷していた頃よりもステップアップできたんじゃないかな。たくさんキャラクターが集まったような作品が可愛いです。「2001年に結婚してハネムーンみたいな感じで日本へ初めて来たのが2002年。そのときはタイトルなしでショーをやったんだけど、来日して初めてDocomoの携帯で絵文字というものを見たんだよ。その年に、僕はその絵文字をもとにこの作品を発表した。「マンハッタンのウエストヴィレッジに住んでいるよ。アーティストだった家主がいて、彼は先生でもあり、ものすごく素晴らしいアーティストだったんだけど、彼の息子が仕事を探していて、僕たちはスペースを探していたんだ。

      そしたら『ここをいい家賃で貸してあげるから、息子を雇ってくれないか』と言ってきたんだよ。その息子は今、僕たちの印刷業務を担当してくれている。

      ショップを1階に設けているんだけど、本当にベストなネイバーを見つけたと感じるよ。しアートを売りたいとしたら、このエリアは適していないんだ。

      奇妙なエリアだけど、すごくパワフルで、裕福ではないけど、ものすごく貧乏ではない人々が住んでいる。

      「自分の作品を売っているけど、ギャラリーみたいなものだね。

      携帯をチャージしたり、道を聞きにきたり、やってきた人たちに対して対応している。

      僕たちはみんながハングアウトできる場所になればいいなと思っているんだよ。たくさんの人たちがくるけど、でもアートワークを買うほどの金は持っていない。彼らはただ作品を見ていくだけだけど、それが僕らにとっては最高なことなんだ。

      っともっと来てもらって、作品を見ていってもらいたい。週末は売れるんだけど、平日は近所のキッズに夢を見させている感じ。「ティーンネイジャーから、リタイアした人々、海外から旅行でやってくる人といろいろだね。

      本当はアーティストとしては、ギャラリーをやるといいことはないと思っていたんだ。

      友達もいるし、僕たちのやりたいことをやってみようってことで、作品を見せて人々を教育してみることにしたんだ。

      簡単なことではないけど、とてもポジティヴな場になっていると思う。そして僕自身、アーティストとして人々を待たせてはいけないし、自分の中から生まれてくるものを創り出さないといけない。すべてのアーティストに各々の時間があって、芸術が生み出される。1984年から今に至るけど、僕にとってアートは人生そのものなんだ。

      今月で50歳になるんだけど、絵は3歳から描いているんだ。

      「今、キャンバスに描いているんだけど、心を奪われているよ。始めてちょうど1年経つけど、これまでやってきたことと違うし、とても奇妙。描くのもゆっくりだし、プロセスがとても自然な感じで心地よいんだよね。

      僕は日本にいるとデカイし、不器用だし、恥ずかしいんだけど、日本は僕をリラックスさせてくれて、エレガントな気分にさせてくれるんだ。

      素晴らしいギフトをもらったような気分になるんだよ。を発行、1999年にはライターを辞めアーティストとして活動。アーティストとしてパワーズは屋外でも様々な活動を展開。パワーズがアートで街にラブレターを書くプロジェクト。2007年、フルブライト奨学金をもらいダブリンの街にミューラルをペイント。活動は東京を含め、サンパウロから南アフリカ、世界12都市に及ぶ。
      関連キーワード - ローラ - メイク - 新垣結衣 - Instagram - ローラ - Instagram - iPhone -

      ザック・エフロン、熱い抱っこでアレクサンドラ・ダダリオの誕生日を祝う

      息の合ったところを見せ、キス写真も飛び出し、SNSでもたびたび仲睦まじい様子が見て取れた。 大きすぎる青い瞳と黒くて長い髪、情熱的でエキゾチックな顔立ち。16日に32歳の誕生日を迎えたアレクサンドラを祝ったもので、そこには“君は現実をよく見ているしとにかく地に足がついている。

      知的だし創造力があるし、愛情深い本当に素晴らしい人だね”などと賞賛の言葉がたっぷりと添えられていた。 また、ヴァネッサと破局した後のザックは、とにかく“年上の美女”への憧れを強めていた。夢中になった際は、あるインタビューで「本当にゴージャス。
      関連キーワード - ローラ - メイク - 新垣結衣 - Instagram - ローラ - Instagram - iPhone - Instagram -

      エルトン・ジョン、14歳愛犬の死にステージで歌を捧げる

      そんなアーサーくんがこのたび14歳で亡くなったとのこと。観客が撮影したとみられる動画も公開されているが、アーサーくんに捧げた曲もこれまた美しいメロディで、長年に渡りご主人への忠誠をつくし、家族に寄り添ってくれたことへの感謝、喪失感、深い悲しみ、そんな気持ちをエルトンは精一杯熱唱している。

      Blast』ほかが伝えたところによれば、アーサーくんは2003年、エルトンの56歳の誕生日に贈られた犬。また、どうしても一生自分のそばにという強い思いから、昨今は剥製業者に持ち込む飼い主も増えているようだ。


      関連キーワード - ローラ - メイク - 新垣結衣 - Instagram - ローラ - Instagram - iPhone - Instagram - Instagram -

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「Instagram DOWN」とは何か?

「Instagram DOWN」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

Instagram DOWNに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング