なぜ「A Simple Favor」なのか?

「A Simple Favor」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      関連キーワード

        Interview with Snail Mail about “Lush”

        そして、オープンな物言いで綴られた胸を突くリリック。そう言い切るひたむきさが、この『Lush』からはストレートに力強く伝わってくる。 Lindsey「何かが突然変わったということはないけど、ツアーで忙しくなったり、じわじわとは変わった。責任も大きくなったし、スケジュールもちゃんと管理するようになったし、大人になったと思う。一生懸命作業することで、自分が作りたいものを作って、それをプレイして、スタジオで他のクリエイティブで知的な人たちとコラボすることで勉強もできる。ギターを弾いていたから、それは次のステップとして自然の流れだった。そうやって、自分の中にあるものを外に出していたの。sort.” ——自分で曲を作り始めて、やがてミュージシャンになることを心に決めたとき、自分の背中を押してくれたと言いますか、憧れの存在だったりロールモデルとなったミュージシャンは誰でしたか。フィオナに関しては、すごくエモーショナルで、燃え尽きそうな音楽なんだけど、パフォーマンスが自信に満ち溢れているのが格好いいと思う。最近のミュージシャンでインスピレーションを受ける存在はいますか。 Lindsey「常に新しい音楽を聴こうとはしているの。録音/プロデュースを手がけた経緯を教えてください。“ ——さて、今回のアルバム『Lush』ですが、聴いて感じたのは、『Habit』にあった生々しさ、リリックも含めたパーソナルな手触りは失われることなく、音そのものはモダンにブラッシュアップされていること。 Lindsey「プロセスが全てがちゃんと計画されていて、時間もエナジーもどれくらい使うかがわかっていたのが今回の作品だった。エンジニアやプロデューサーという他の人にも協力してもらったし、コラボでできたアルバムでもあるわね。

        ちろん自分たちがコントロールを持っていたけど、彼らがサウンドを10倍良くしてくれた。一年半以上たっているから進化もしているし、私の経験がより反映された曲が仕上がったと思う。を立てての初めての制作ということで、大変だったことや難しかったことが多かったのではないですか。 Lindsey「今回はちゃんとしたスタジオでのレコーディングだったから、自分なりに“こういうサウンドにしたい”とかそういったアイデアはあったんだけど、機材の使い方もわからないし、そのアイデアをどう形にしたらいいのかわからなかった。それを形にできる、そしてあらゆる可能性を生かすことが出来る環境にいるのに、どうやって生かしたらいいのかわからない。私が求めていた、シンプルで聴きやすいサウンドとトーンを結果的に実現することができて本当に良かった。 Lindsey「『Habit』を作ったのはまだ15歳の時で、しかも地下室で作ったから、全然違うと思う。今回は締め切りもあったし、アルバムを作るという目的の枠の中で作られた作品だし、もっとプロフェッショナルだった。自分の中にあるものを吐き出すというのは変わらないけど、今回はアルバムのために曲を書くという意識があった。 Lindsey「ギターがヘヴィーなところと、歌詞が原動力になっているところ、そしてメタファーがあるところね。

        『Habit』は、さっきも話したように、ただ自分の中にあるものをとにかく紙に書いて吐き出したかった感じ。“ ——『Habit』を作ったときは、人前で演奏することを全く考えていなかったと聞きました。

        Lindsey「前ほど自意識過剰じゃなくなったと思う。今の方が前の自分より色々なことを理解しているけど、自分が理解出来ていないこと、知らないことがまだまだ沢山あることも自覚出来ているの。EPの時よりももっと大人になったし、ミュージシャンとしても成長したと思う。だから、次のレコードは全然違うものになると思うのよね。

        Lindsey「私はギタリストだから、前はもっとギターの方を主に気にしていたの。『Habit』では、ギターがもっと言葉の役割を果たしていたし、書きたいという衝動の方が大きくて、それしか考えてなかった。ギターが声の役割だったから、ギターは言葉がわりで、すごくシンプルでミニマルだったの。っとギターの可能性を考えて、それぞれの曲にどうフィットさせることが出来るかをスタジオの中でちゃんと考えたからそれが出来たの。スタジオでレコーディングするってわかっていたから、それを頭に置いていた。前は、ライヴで歌うときにこの歌詞は恥ずかしいなとか、そういうことを考えていたの。今は自信さえ持っていれば何について歌っても恥ずかしくないとわかってる。だから、曲がもっとパーソナルで、燃え尽きそうで、ピュアになっているの。あまり考えてなくて、考えていたのは全てを吐き出すことだけ。だからこそ、リスナーが皆それぞれに曲に繋がりを感じることが出来るんだと思う。方は、音楽活動をするという夢を叶えるたに頑張ることで感じる孤独について。他と違う世界だからバブルの中にいるみたいだったし、そんな中での友情について歌っているの。Out”はラヴソングで、ツアーで離れていて久々に戻ってくると、時間が一瞬で飛んでしまったみたいに自分も相手も年をとって、違う人間になってしまっている状態についての曲。ツアーから戻ってきて、他の人の世界にいきなり戻るのは大変。他の人にはあまり共感できない経験だから、あまり人には話さないの。ちょっとメロドラマっぽくて、皆が持つフィーリングを持っているのがこの曲なの。 Lindsey「自分の歌詞で意識しているのは、正直でリアルであること。だから、それをするために、自分をさらけ出すのは自然なことなの。共通点もゼロではないんだろうし、同じカテゴリーになるのは面白いけど、イライラもするわ。“ ——では、アーティストとしてのスタンスという意味で、自分は誰と近いと言われるのが一番しっくりときますか。私の曲を聴いて、もっとギターを弾きたいって思ってもらえたらいいな。

    考察。「A Simple Favor」とは何か?

    「A Simple Favor」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

    GGRYみんなの意見

    • alcieさん: @falconbvcky a simple favor - 2 時間 42 分 16 秒前

    話題のトピック

    ブログで注目


      Googleでホットな話題