なぜ「16:1stレグ」なのか?

「16:1stレグ」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      ペップが挑む創造的システムは完成するか?【戦術からみるCLバイエルン×ユベントス戦】

      UEFAチャンピオンズリーグはベスト8を決める決勝トーナメント1回戦2ndレグが3月15、16日に行われる。注目カードはなんといってもバイエルンとユベントスの両国王者対決だ。

      1stレグでは、ユベントスのホームで2点を先制したバイエルンが圧勝するかと思われたが、その後ユベントスが追いつき2対2のドローに。先制しながら逃げ切れなかった試合に対し“ベストゲーム”と語ったのには、今シーズン取り組んでいる戦術に手応えを感じているからに他ならない。そこでペップが目指している今シーズンのシステムについて、『欧州サッカー戦術BOOK』の中からジャーナリスト木崎伸也氏の解説をご紹介しよう。 ルーレットのようにポジションをシャッフルする両サイド “2016年2月のCL決勝トーナメント1回戦、ユベントス対バイエルン。この試合において、ペップは守備時に4-1-2-3、攻撃時に3-2-4-1になる可変システムを採用した。まず右サイドバックのラームが中央に移動して、インサイドハーフのような役割を担う。左サイドバックのベルナトはより高い位置にポジションをとる。すると右サイドに<ロッベン―ミュラー―ラーム>、左サイドに<コスタ―ベルナルト―チアゴ>という三角形が出現。 そして、例えば右エリアで、ロッベンが中央に動いたら、ミュラーがライン際に動く。シャッフルすることで、相手のマークをつきづらくし、より流動的な攻撃を仕掛けられる。さらにラームが槍のように前方を突いて、厚みを加えることもできる。” 木崎氏によると、このユベントス戦はウインガーをルーレットのように動かす新たな戦術の完成形に限りなく近かったという。一方、対戦相手のユベントスは、前線からのハードワーク、そして守備の生命線である3バックと守護神ブッフォンの組織的な守備で迎え撃つ。進化するペップの創造的攻撃か、イタリア伝統の堅守か、目の離せない1戦となることは間違いない。

      ブチ切れロナウド、記者会見途中退席も、質問にはプレーで回答!「スター性がエグイ」と話題に



      しかし、ある記者からの失礼な質問に対し、怒りを露わに途中退席してしまっていた。 今回の相手であるローマとは関係のないバルセロナに関しての質問が連続し、ロナウドは終始イライラしていた。答え、ロナウドがイラついていることは、誰の目にも明らかだった。 そしてついに、ロナウドのイライラが頂点に達した。記者からここ3カ月間アウェーでゴールを決めることができていない理由について聞かれると、次のように答え、その場を後にしてしまった。

      しかし、次の日行われたアウェーでのローマ戦、ロナウドは記者の質問に対して完璧な回答を見せた。マルセロの縦パスに抜け出したロナウドは、左サイドから猛スピードで相手ゴールに向かい突進。追いついた相手DFを完璧な切り返しでかわし、見事なシュートを決めました。

      これは誰もが認めるアウェーでのスーパーゴールですよ。(スポーツライター) その後も何度もローマのゴールを脅かしたロナウド。31歳を迎え、全盛期を過ぎたと言われているが、まだまだロナウドの快進撃は終わりそうにない。

考察。「16:1stレグ」とは何か?

「16:1stレグ」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

16:1stレグに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('16:1st\xE3\x83\xAC\xE3\x82\xB0') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143