「金正恩第1書記ら米韓の「斬首作戦」に対する警戒感をあらわ」のサマリー
調査する可能性があることを公式に通知するよう国連人権理事会に求めている。

いくつかの会議をボイコットしたからといって、金正恩体制への追及が弱まるわけではない。人権理事会では3月24日までの会期中、日本人拉致問題を含む北朝鮮による人権侵害への対応策が話し合われる。調査する可能性があることを公式に通知するよう国連人権理事会に求めている。

人権理事会では3月24日までの会期中、日本人拉致問題を含む北朝鮮による人権侵害への対応策が話し合われる。調査する可能性があることを公式に通知するよう国連人権理事会に求めている。

調査する可能性があることを公式に通知するよう国連人権理事会に求めている。

を特定し、彼等を強制収容所へ送り込んだが、彼等は即座に処刑された。その内容は多岐にわたっており、北朝鮮側にとってはいちいち否定することすら負担だろう。実は、北朝鮮の公式メディアが、こうした人権追及の動きに非難の声を発する回数自体は減っている。

金正恩氏が核とミサイルの暴走を続ける背景には、間違いなく人権問題がある。今回の声明は米原潜やF-22Aステルス戦闘機、米第75レンジャー連帯、米海軍SEALsなどの動きにやたらと詳しく言及している。

米軍は今月に入り、陸軍第75レンジャー連隊などの特殊部隊を韓国にローテーション配備したと発表した。

つづきを読む

話題のトピック