「遊戯王 : 懐かしいカード集(遊戯編)」のサマリー
パックを開ける時わくわくした感覚を覚えているだろうか。ブルーアイズホワイトドラゴンには補助カード無しには勝てない。今見ると攻撃力2000は低く感じるが、当時はリリースなしに出せた。しかし決闘王国に向かう船上でインセクター羽蛾に海に捨てられてしまう。など数々の名言を生み出し、伝説の回として語り継がれるようになる。画像が小さいのは決して彼らの存在が記憶の片隅に置き去りにされていたからではない。 攻撃力の下がった魔導戦士ブレイカーの攻撃に使用し羽蛾のライフが0になっても攻撃し続けたシーンは脳裏に刻まれた。

つづきを読む

話題のトピック