「試食や試飲もできてお土産までもらえちゃう【工場見学】がアツい!!」のサマリー
デートでも、家族そろってでも楽しめる工場見学がとてもお薦め。 ウイスキーの製造工程やニッカウヰスキーの歴史などが見れます。 ワインの製造方法やブドウ栽培のことなど、十勝ワインについてよくわかるコーナーです。パネルでの紹介やコルク、樽について観ることができる。十勝ワイン試飲コーナー、約4万個のコルクが入ったコルクプールプールなども楽しめる。製造工場の見学やクッキー作りが楽しめるお菓子作りの体験工房、オリジナルスイーツが味わえるカフェ、コンサドーレ札幌を身近に感じられる総合サッカー施設などからなる夢の施設です。 国内空港初のチョコレート工場や、約200種類のオリジナル商品が並ぶショップ、チョコレートについて学べるミュージアムがあり、大人も子どもも楽しめる。 予約不要で、牛乳やチーズ、バターの製造工程を自由に見学することができます。
茨城工場の場合、工場見学は毎週土曜10時と14時の2回。現在は休止中で、2017年4月から見学再開の予定です。 工場の見学後はできたてシャウエッセンやハムの試食が付きます。併設されており、世界の納豆のことや、家庭での納豆の作り方なども紹介されています。

製造工程の1つ1つをスタッフが案内しながら進んでいく。終着のガリガリ君広場では、アイスの試食をしたり、ゲームも楽しめる。各回の定員が20名という狭き門なので、予約開始日に電話での予約が必須!お土産にノベルティグッズがもらえるのも嬉しい。をはじめ、ジュース、コーヒーなど様々な飲料を生産する大規模工場。牛乳やジュースが自動的に紙パックに詰められ、流れていく様子は圧巻!新しくフルーツヨーグルト見学も仲間入り。 東京ドーム8個分の広大な敷地内をバスで移動しながら、味の素の製品ができる工程を見学します。また、ほんだしの工場では、原料となるかつお節を粉砕するところを見ることができます。
ライオン小田原工場では、製品の製造行程を見学することができます。
見学後は、大人にはハミガキにハブラシ、台所用洗剤、衣料用洗剤などがセットになった豪華なおみやげが用意されています。

1日4回で、見学内容は航空教室が約30分、展示見学が約20分、格納庫見学約40分の合計約90分となる。予約は見学日の6カ月前からでき、同社ウェブサイトから予約できる。約50年間の工場見学の経験を活かし、様々な工夫をこらした体験型見学施設となっているそう。“90分間フルアテンド”してくれるのも大きな特徴なのだとか。 アイスクリームを製造する工場が無料見学でき、見学コースの最後にはアイスクリームの試食ができる。そばの種類や歴史など展示パネルやビデオ映像で知ることができますよ。行って、ここでしか食べられない特別メニューを味わってみて!!3種類の見学コースがあり、コースによっては要予約。 お味噌作りの歴史や工程を見学することができます。
果実酒などを作ったりするときに活躍する氷砂糖。子どもの頃は、ただ舐めているだけでも、幸せだった、あの氷砂糖を製造している中日本氷糖株式会社は、明治28年創業。氷砂糖ができるまで、お砂糖の歴史など、お砂糖や氷砂糖に関する幅広い内容の展示を見学することができます。
西日本屈指の生産量を誇るサントリーのビール工場。 展示コーナーでは、年代ごとに販売されたドーナツや店舗デザインの移り変わり、プレゼントグッズの数々などが紹介されている。

ミスドキッチンでは、ドーナツの生地伸ばしから型抜き、揚げ工程の見学、グレーズを塗る仕上げまでの体験ができる。 山崎蒸溜所ガイドツアーでは、普段見られない蒸溜所内の設備を見学し、モルトウイスキーの工程がわかる人気のツアー。 ヨーグルトのことを学ぶことができる映像ゾーン、歴史や文化をパネルで学ぶ展示ゾーン、実際に製品が作られている工程を見学できる工場見学ストリートにわかれています。

見学後はお土産に、ヨーグルトスプーンをもらうことができます。
百年を超える老舗の蔵元であり、伝統的手造り甕仕込みで焼酎を造る。

つづきを読む

話題のトピック