「茨城の謎過ぎるテーマパーク『筑波山ガマランド』が気になる!」のサマリー
茨城県筑波山のふもとには、珍妙極まりないドライブインがあります。風光明媚、雄大な自然とは対照的に、まるで駄菓子屋のオモチャをゴチャっと寄せ集めたような観光地。ディズニーランドでいうところのミッキーのポジション。赤い鳥居らしきものが見えますが、その手前に祠があるのでくぐることはできません。
ガマ洞窟入り口には巨大なガマガエルのオブジェが鎮座する。ちょうど宙を飛んでいるようなポーズをとっているが、なんとこのガマ、パラグライダーで空を飛んだ実績を持っている。

随分詰め込んだな、という印象を受ける施設内容。むかしは設備投資に熱心だったようだが、遊具はすでに時代遅れ。 壊れていて、そのまま放置されている遊具も多い。乗り物はどれも壊れていてガラクタ展示と化している。

きっと何十年か前はたくさんの子供で賑わっていたのかもしれない。

つづきを読む

話題のトピック