「若い人達が犠牲に。インドで青い鯨による死者が相次ぐ。」のサマリー
呼ばれるゲームに熱中したとみられる少年が自殺する事件が相次いでいる。

現実へ不満が強く、特別な存在への憧れが強いティーンエイジャーの心をついている。

を知っていたと思われる学生の自殺を報じるニュースがいくつか確認できるが、ゲームとの関連性ははっきりとしていないようである。無関係のグループが、参加者の増加を狙って便乗行為を行ったりする等、本来のゲームの目的とは逸れたところで発生している現象のほうが、それ以上に問題視されているようだ。

公表した結果によれば、中国の小中学生が毎日宿題に費やす時間は平均3時間で、これは世界平均の2倍、日本の4倍にあたるという。また、午後11時まで起きている学生の割合は、小学生が18.2%、中学生が46.3%、高校生は87.6%で、多くの学生の睡眠時間が7時間に満たないという。そんな生活が続いている中では、「4時20分に起きるということがそもそも簡単ではない。「早く起きられたら、ホラー映画なんか観ずに勉強でもするだろう。つまり、普通の若者であれば、そんなゲームに構っている暇など全くないのである。

つづきを読む

話題のトピック