「自殺ゲーム「青い鯨」で130人が犠牲に!インドで少年自殺!ロシアで作られ制作者逮捕」のサマリー
呼ばれ、ロシアやスペイン語圏では少年少女の自殺を誘発しているとして社会問題と化している。

呼ばれるゲームに熱中したとみられる少年が自殺する事件が相次いでいる。

を出しているとされ、当局がフェイスブックなどに対策を要請している。

参加者は50日間、毎日別々の指示をこなす必要がある。SNSに熱中し、自らを誇示したい若者の心理を巧みに利用しているようだ。

ゲームマスターの指示に従って、腕にかみそりで文字を刻む画像をツイッターにアップする少年。子供たちの習慣や興味、心理学に熟知した人物達とされている。

目的はインターネット上の広告収入にもあるといわれている。

サンクトペテルブルク当局は2016年11月、彼を逮捕した。呼ばれるゲームに熱中したとみられる少年が自殺する事件が相次いでいる。

ロシアで2015年に誕生したとされ、創始者はすでに逮捕、収監。

つづきを読む

話題のトピック