「大炎上!!!~人気YouTuberヒカルらが犯したVALU騒動の始まりから謝罪まで~」のサマリー
を売り出し、それを他人に買ってもらえるサービスだ。

ヒカル氏、いっくん氏は5万VA、ラファエル氏は2万VAを発行し、10日以降、数%を売り出した。期待から人気がさらに高まり、14日もストップ高に。15日になっても買い注文が殺到し、高値を更新していた。3人がそれぞれ数千万円の利益を得た一方、“投げ売り価格”以上でVAを購入した人は売却益を期待できなくなり、差額分の含み損を被った。また3人は15日、14日に投稿していた、買いあおりともとれるツイートをすべて削除した。また14日には、井川氏が保有していた3人のVAをすべて売り、数百万円の利益を得ていた。いっくん氏、ラファエル氏もそれぞれ、VAの買い戻しを始めた。家族、まえっさんの子供奥さんにまで実害が及んでいます。

ヒカルさんがVALUを売りに出した理由などを語り始める。あくまでもYouTubeを盛り上げる為だったことを強調。さらに、「今後についてですが、無期限の活動休止とさせていただきます。

つづきを読む

話題のトピック