「台風18号 三連休 日本への影響は + Twitter反応まとめ」のサマリー
かけての三連休、列島に接近する可能性がでてきました。

なれば、三連休は西日本を中心に、大雨の恐れがあります。台風18号は、この後、海水温の高い所を進むため、更に発達する予想です。八重山地方や宮古島地方では、13日の昼過ぎから夕方に台風が最も接近すると見られており、13日に予想されている最大瞬間風速は、70メートルです。これは、屋外での活動は極めて危険なレベルで、ブロック壁で倒壊するものがあったり、走行中のトラックが横転するほどの風です。家の外の備えは十分に 水害に備え、側溝や排水溝の掃除をし、水はけをよくしておきましょう。 また、屋根、塀、壁などの点検、補強も台風が来る前に普段から行っておきましょう。 非常用食料 水 非常用品を備蓄する ライフラインが途絶えたときの事を想定して、 非常用品を備えましょう。 家族で話し合う 家族で緊急連絡手段とその方法を話し合いましょう。 普段から(画像) ハザードマップを入手する 家の近くに洪水のおそれのある河川があったり、低地、急傾斜地で水害や土砂災害のおそれがある場合は事前にハザードマップなどを入手しておきましょう。ハザードマップは各市役所や区役所、役場などで入手することができます。
道路が冠水したり浸水が始まったりしている場所では、用水路やマンホールのふたが外れていても、濁った水で見えなくなっているため、足を取られる危険性があります。 近所の方とコミュニケーションを取る ご近所付き合いは、救助や避難所暮らしの際に大きな力となります。特に隣近所にお年寄りがいる場合は、いざというときに支援できるようにコミュニケーションを取りあって、助け合いましょう。接近する前に 台風は、事前に来ることが予想できる災害ですが、台風が接近してからの対策で被害に遭われる方も多くいます。

台風が近づいているというニュースを見たり聞いたりしたら、このページで対策を確認してください。 最新の台風情報の確認をする tenki.jpでは台風の進路予想が定期的に更新されますので、最新の台風情報が入手できます。
家の周りの再点検をする 庭木に支柱をたてたり、塀を補強しましょう。 家の周りにあるもので強風などによって飛ばされる可能性のあるものは、室内にしまうか、しまうことが出来ない場合は飛ばされないようにしっかり固定しましょう。 窓や雨戸を補強する ガラスのひび割れや窓枠のガタつきがないか調べ、窓にテープを貼るなどして補強しましょう。床上の浸水対策をする 家財や家電などは浸水の被害を受けないように、高所や二階に移動させましょう。電気のコンセントは漏電、ショート、感電などが発生する可能性があります。コンセントは抜き、低い位置にあるものは高所へ移動させましょう。 ライフライン断絶に備える 断水に備えて飲料水を確保しましょう。浴槽に水を張るなどしてトイレなどの生活用水を確保しましょう。 台風が近づいたら絶対にやめましょう 接近してから(画像) 用水路の見回りは絶対にやめましょう 増水した用水路は道路との境目が分からなくなっていて、足を取られる恐れがあります。 海岸の見回りは絶対にやめましょう 波打ち際や防波堤など海岸周りでは高潮の恐れがあります。 屋外での作業は絶対にやめましょう 暴風や突風にあおられて転倒する危険があります。避難する場合は、周囲の状況なども総合的に判断し、行動するようにしましょう。 避難の前には火の元の確認をする 避難する際には、火の元、ガスの元栓、電気のブレーカーを落とし、戸締まりを確認しましょう。 避難するときは軽装で 避難の際は持ち物を最小限にして、両手を自由に使えるようにしておきましょう。

つづきを読む

話題のトピック