「北朝鮮との間で核戦争目前か?アメリカ空母打撃群が朝鮮半島へ向けて航行中」のサマリー
2017年4月10日現在、アメリカ空母打撃群が朝鮮半島へ向けて航行中です。仮に、アメリカがミサイルや爆撃で北朝鮮首脳部や核ミサイル基地を攻撃した場合、報復で韓国や日本も攻撃を受ける可能性があります。 昨年度は米韓両軍計約31万7千人が参加している。

3月1日から2か月間ということは、5月1日まで演習が続くということだ。

その間に、北朝鮮が核実験を実施した場合、演習から実戦へ移行する可能性も否めない。史上最大規模となる米韓合同軍事演習が1日始まった。朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮の核や弾道ミサイルの開発をけん制し、挑発には強力な報復を行うと警告する姿勢を示す。氏殺害事件などを受け、朝鮮半島情勢は緊迫している。

北朝鮮との境界にある非武装地帯周辺で韓国軍とアメリカ軍で軍事演習を行っている様子。今回も同様の訓練が行われるとみられるが、北朝鮮の暴走もあって、緊張度は高まっている。

空母打撃群が朝鮮半島へ向かっていることも併せて考えると、今回はアメリカのトランプ大統領が本気で北朝鮮を攻撃する意思を持っているものと思われる。自民党の石破茂元幹事長は9日、宮崎市で開いた石破派の地方セミナーで講演し、朝鮮半島で北朝鮮を巡る有事が起きた場合を想定し、韓国在住の日本人救出に向けた態勢強化に取り組むべきだとの考えを示した。 日本もアメリカと軍事同盟を結んでいるため、核ミサイルが東京へ飛んでくるかもしれない。 もし、ソウルに核兵器が落ちれば、100万人以上が犠牲になると考えられる。 アメリカが先制攻撃で北朝鮮の核ミサイルの9割を破壊したとしても、残りの1割が残っていれば、それがソウルと東京へ向けて、報復攻撃として発射される可能性がある。アメリカのトランプ政権はシリアで化学兵器の使用が疑われる攻撃で多数の死傷者が出たことへの対抗措置として、シリア国内にあるアサド政権の軍事施設を巡航ミサイルで攻撃しました。

シリアのアサド政権が4月4日に化学兵器を使用したとして、アメリカは4月6日に対抗措置としてミサイル攻撃を行った。北朝鮮が核実験を行った場合、同様に北朝鮮に向けてミサイル攻撃や爆撃を行うかもしれない。その場合、韓国のソウルや日本の東京へ、北朝鮮の核ミサイルの報復攻撃があるかもしれない。米国と北朝鮮の間で武力衝突があるというニュースを受け、Ianとマネージャーは無許可で日本から出国していることが判明いたしました。

本日の公演はキャンセルせざるを得ない状況となってしまいました。

危機が迫っている以上、許可を取る時間的余裕がないという緊急避難的な判断だろう。金日成の誕生日であり、北朝鮮では重要な記念日となっている。

この日に合わせて核実験かミサイル発射実験を行う可能性が高い。 それを受けて、アメリカのトランプ大統領がアメリカ軍に先制攻撃を命令した場合、生き残った核兵器でソウルと東京が報復攻撃される可能性がある。 核兵器の直撃を受ければ即死は免れないが、即死しなくても高線量の放射線により被曝し、数週間後に亡くなるケースも多い。 少しでも生き残る可能性を増やしたいのであれば、 1、東京周辺から可能な限り離れる 2、東京から離れられない場合、大江戸線のような大深度の地下鉄で過ごす 3、地下街が近くにあれば、そこに逃げ込む 4、ビルやマンションなどで地下倉庫、地下駐車場などがある場合、そこに逃げ込む 5、最悪、マンホールから下水道などの地下構造物へ緊急避難する という対策が考えられる。 北朝鮮が核ミサイルを発射してから日本へ着弾するまで約8分と言われている。

鳴ったら8分以内に地下へ退避すれば生存の可能性は高まる。 最後になるが、このような想定が杞憂で終わることを祈りたい。

つづきを読む

話題のトピック