「全日空機トラブルで羽田に「緊急着陸」パイロットに称賛の声」のサマリー
客室内の気圧を保つシステムの異常を知らせる警報が作動したため、羽田に引き返しました。

乗員11人の合わせて273人が乗っていましたが、けがや体調不良を訴えている人はいないということです。12日は、乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故の発生から32年。三十三回忌にあたるこの日は、過去3番目に多い97家族359人の遺族が墜落現場となった群馬県多野郡上野村の御巣鷹山を訪れた。発着空港も、出発時刻も、予定到着時刻も日航機123便とほぼ同じ。JAL123便との符号とか気になる事はありますが、逆に羽田に無事着陸出来た理由の一つにも思える自分。安全対策や、緊急時の対応の進歩も勿論あるけれど。 32年の間に徹底的に安全対策を施してきたから、今回は無事に羽田に引き返すことが出来たんだろうね。



つづきを読む

話題のトピック