「ロシアの【青い鯨】って?インドに上陸」のサマリー
2015年11月23日、シベリアで16歳の少女が自殺をした。やふざけた感じをかもしだすために使われたようなニュアンスです。 SNSに投稿されたもう一枚の写真では、彼女が中指を立てて、ヘッドフォンをして口元を隠しており、その後ろには列車が走っています。

ПАЛЕНКОВА)は当時深い鬱病になって、 母親と喧嘩も続け自殺したと考えられている。

心理学の分析によると、「女の子たちの多くはプデイキン容疑者と疑似恋愛に落ちたような錯覚に陥っていました。

両親から愛情や注目を十分に彫られていない子供たちです。犠牲者の青少年たちは皆家族関係は良好で、豊かな暮らしをしていたと伝えられている。

捜査の段階でSNSゲームの運営者たちは子どもの習慣や興味を熟知しており、子どもたちの好む言葉や方法を駆使して自殺を誘発しているため、心理学に精通しているという犯人像が想定されている。

2013年から2016年までに8つの自殺幇助のグループを運営していた。 ブデイキン容疑者の逮捕後自殺者は減少したが、SNSゲーム『青い鯨』は未だ脅威的な影響力を持っているようである。ロシアのイルクーツクにて、2人の女子高校生が飛び降り自殺。『青い鯨』という名のそのゲームは、『ゲームマスター』と呼ばれる管理者が参加者に課題を与え、それをこなしていくことを目的とする。痛みを伴うものになり、開始50日目に命を断つところまで課題はエスカレートしたとされている。

2日目、朝4時20分に起き、サイケデリックなホラー映像を見る。 3日目、3回リストカットをし、写真を撮って管理人に送る。 26日目、管理人が死ぬ日を言うので、それを受け入れる。関連のグループが相当数あり、参加人数も1グループあたり200人、300人と拡大している。

5月15日には、安徽省宣城市けい県公安が、管内で不審な学生6名に声をかけたところ、この藍鯨の任務の遂行中だったことから補導をし、学校と家族に通知をした。市公安は、SNS上で藍鯨グループを主催していた17歳の学生を補導し、SNSグループを解散させた。・おそらく中国では流行らない このように事件化した一部の事例をニュースで見たネットユーザーたちの反応は、極めて淡白かつ楽観的である。笑い飛ばしている様子を見て、この辛い時期もいつか終わる時が来るのだと、中国の学生たちにはどうか、ぐっと耐え抜いて欲しい。呼ばれるゲームに熱中したとみられる少年が自殺する事件が相次いでいる。

主要メディアは、7月29日に西部ムンバイで14歳の少年がビルの6階から飛び降りたのが最初の死亡例と報じている。

その後、約1カ月で南部ケララ州、ニューデリーで相次いで10代の少年が死亡した。

つづきを読む

話題のトピック