「テーマは「トトロ」愛知万博跡地のジブリパーク開園に様々な声が相次ぐ」のサマリー
公園を管理する同県の大村秀章知事とジブリの鈴木敏夫プロデューサーが合意した。世界観を、四季折々の草花や木々にあふれる自然豊かな園内二百ヘクタールで再現。ジブリ作品は海外でも人気が高く、国内外から観光客を呼び込む超目玉施設となる。運営会社のあり方や出資先はジブリと県で詰めるが、今後、企業の幅広い参画を募る。嬉しいけども、ジブリパークという名称はいろいろ勘違いをうみそう。

つづきを読む

話題のトピック