「インドで死亡相次ぐ「自殺ゲーム」SNSから興味深い反響」のサマリー
インドで少年がSNS誘導で自殺する事件が相次いでいる。

呼ばれるゲームに熱中したとみられる少年が自殺する事件が相次いでいる。

を出しているとされ、当局がフェイスブックなどに対策を要請している。

参加者は50日間、毎日別々の指示をこなす必要がある。7月29日に西部ムンバイで14歳の少年がビルの6階から飛び降りたのが最初の死亡例と報じている。

懲役3年の刑よりも重い刑を課する可能性が高まっており、結果に注目が集まっている。

ブデイキン逮捕後には、一時的に未成年の自殺者は減少したそうだ。

青い鯨は自殺ゲームというよりも洗脳サービスじゃないかな。

つづきを読む

話題のトピック