「なんだか幻想的…。6/9の夕焼けは普段と違ってあまりに綺麗だった。」のサマリー
こんな真っ赤に燃えるような特徴的な夕焼けは、偶然の産物。湿度や空気の透明度が微妙に絡まり合って、想像もできない色の世界が現れました。

マリノスタウンから見えた夕焼けがとっても綺麗な件について。 夕方、太陽が西の空へと傾き、日没の時刻が近づくと、太陽や空、雲、周りの景色などがオレンジ色に色づいて見えます。 夕焼けの時には太陽が地平線に近いところにあるため、光は地上から見ると昼間より大気圏内を長く通ります。 大気の層を長く通過すると、青い色は届かなくなり、残った赤い色が目立つようになり、夕焼けとなります。夕焼けの時には太陽が地平線に近いところにあるため、光は地上から見ると昼間より大気圏内を長く通ります。 台風の後など、空気中の酸素や窒素分子が整然と並んでいるような状況では光の乱反射が少なく、、美しいグラデーションが現れます。晴れてさえいれば美しいサンセットが見えるかというと、必ずしもそうではありません。
頭上にあれば大気の厚み分を通過して太陽光線が注ぎます。

しかし、太陽が傾いて地平線や水平線に接近すると、大気を水平に近いラインで横断して観察者である人の目に届くため、光の大気中の道のりは長くなります。台風一過の空に美しい夕焼けが出現しやすいのは、塵や水分が一掃され、空気中の酸素や窒素分子が整然と並んでいるからです。から天頂にいたるまで、黄色、オレンジ色、白、青色、紺色と、美しいグラデーションを表現する条件が整います。

また、空気が澄みきっていると、光のコントラストが強調され、より鮮やかな色彩が広がります。

つづきを読む

話題のトピック