「なにこれ!?スイスの登山鉄道が日本を好き過ぎて妙なことに…。」のサマリー
レーティッシュ鉄道は、スイス東部のグラウビュンデン州を中心に約400kmの路線網を持つスイス最大級の私鉄。 沿線にサンモリッツやダヴォスなどの世界的なリゾート地を持ち、氷河急行やベルニナ急行といった看板列車を走らせている観光路線をもってます。 スイス最大の民営鉄道であるレーティッシュ鉄道は、世界でも数少ない世界遺産に登録された鉄道です。 アルプスの難所を通過させるため、多くの石橋やトンネルが作られました。

箱根登山鉄道は日本の人気観光地箱根に向かう登山鉄道。強羅駅の区間は、最大80‰の急勾配と地形に沿った非常に急なカーブを持つ路線。 ネタで作ったかと思ったら、けっこう本気で走ってます。 一方日本の箱根登山鉄道もスイスの氷河特急と同じ塗装に。編成を、『氷河特急』の新型パノラマ車両と同じ特別塗装にしました。

スイスのレーティッシュ鉄道と日本の箱根登山鉄道。 日本人にとって、なかなかシュールな光景です。 世界遺産に登録されたスイスの鉄道、レーティッシュ鉄道の路線図からオンライン予約購入まで。

つづきを読む

話題のトピック