「【iPhone X/8】次期アイフォン:iPhone8とiPhone X最新情報のまとめ【随時更新】」のサマリー
Xは10月27日から予約受付開始、11月3日から発売開始。初代から現在まで歴代iPhoneシリーズを振り返ってみる。全面がスクリーンのように見える斬新なデザインが特徴だが、そこだけに目をとられていては本質を見誤る。Plusに比べて25%大きいステレオスピーカーを搭載し、低音の出力を強化した。ホームボタンの廃止は、操作のほとんどを画面操作で行えるようにし、ユーザー体験を向上させる目的で行われたもの。当たり前だが、同時に指紋認証機能“タッチID”機能も廃止されている。

なお、ホーム画面に戻るには、画面下部から上方向に大きくスワイプすればいいという。 ベゼルレスについては、簡単に想像できるだろう。端末と画面の境界線を限りなく減らすことで、端末前面のほぼすべてをディスプレイとして利用できるようになっている。

8のエッジ部分はアルミベースで丸みのあるデザインというのは従来通りだが、背面にもガラスコーティングが施されているのが最大の特徴。 カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。従来のものと大きな変化こそないが、背面にもガラスコーティングがなされていることで、見た目や質感には大きな変化があると思われる。は、画面の焼き付きを防ぐための機能が搭載されていることがiOS11の解析から判明した、と米メディア9to5Macが報じています。

OLEDは個々のピクセルが発光するため鮮明な表示が可能となる反面、バックライトの明かりで表示する従来型の液晶と比べ、同じ明るさで同じ色を表示し続けた場合、画面が焼き付きを起こしやすい弱点があるとされています。

Apple社が新型iphoneに有機ELディスプレイを搭載することが発表されました。

有機ELディスプレイとは薄くて折り曲げることができるディスプレイで、消費電力も少なく抑えることができる特徴をもっています。

今年は初代iPhoneが出て10周年目の記念すべき年です。Toneディスプレイ》が実装されるとの噂があります。Toneディスプレイ》はディスプレイの色彩をより自然の色合いに近づけて、環境によるディスプレイの見え方を調整する働きをします。Plusを発表!両面ガラスになり、ワイヤレス充電に対応したぞ。既存のQiに対応した充電器でも充電が可能とみられます。

つづきを読む

話題のトピック