「【iPhone X/8】次期アイフォン:iPhone8とiPhone X最新情報のまとめ【随時更新】」のサマリー
ID」の実現などが評価項目として挙げられています。

Plusのバッテリーが膨張する事例が複数報告される。Plusに、内蔵バッテリーが膨張し、ディスプレイ部分が押し上げられて本体から浮き上がってしまった事例が2件報告されています。

内蔵バッテリーが膨張し、ディスプレイ部分が押し上げられて本体から浮き上がってしまった事例が少なくとも5か国からの計6件報告されています。

台中市の女性が3日前に買ったiPhone8をApple製充電器で充電中、本体が膨張し爆発したと29日付リンゴ日報が伝えた。バッテリーの過熱とみられ、Appleは当該製品を回収し調査。 一方、iPhone8プリント回路基板を製造する新北市のユニテック電子工場で火災も。Plusを充電する時、三分間後、デバイスは突然に裂けました。

Plusはただパネルが裂けて、デバイス内蔵は完全で破損はないです。7の時にも大きな話題となりましたが、リチウムイオン電池は強い圧力を受けると膨張し、発火する恐れがあります。そのため、ユーザーの呉さんは慌ててLightningプラグから充電コードを引き抜きました。

スマートフォンに搭載されているバッテリーには、たとえ設計ミスがなくても膨張、あるいは発熱してしまうものがごく少数、出てきます。Xは10月27日から予約受付開始、11月3日から発売開始。初代から現在まで歴代iPhoneシリーズを振り返ってみる。全面がスクリーンのように見える斬新なデザインが特徴だが、そこだけに目をとられていては本質を見誤る。Xですが、早くも次期モデルについての噂が流れてきました。

Xは5.85インチと6.46インチの2種類を予定しているとのこと。 2018年には5.85インチと6.46インチのiPhoneが登場すると噂されている。

同等のサイズで6.46インチのディスプレイを採用したモデルが登場しても不思議ではない。サイズでもディスプレイの存在感は凄まじく、ウェブブラウジングや動画視聴の快適さは相当だろう。用意された今、大画面化しても文字入力は問題ない。スマートフォン市場では、動画を見るために大型ディスプレイのニーズが高まっていると言われているので、Samsungに対抗したモデルを発売するのではないとの噂です。Plusの後継モデルになるのか、それとも完全に新しいラインアップなのかは不明です。Plusに比べて25%大きいステレオスピーカーを搭載し、低音の出力を強化した。

つづきを読む

話題のトピック